読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ドラフト野手

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成8位 関根学園 荒井 颯太選手 高卒右外野手

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、巨人から育成ドラフト8位で指名された関根学園高校3年の荒井颯太選手(18)は2017年11月6日、新潟県上越市大貫1の同校で、球団の井上真二チーフスカウト(51)らの指名あいさつを受けた。荒井選手は「評価し…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成7位 新野 折下 光輝選手 高卒右内野手

プロ野球の巨人から育成ドラフト7位で指名された新野高3年の折下光輝(17)が30日、阿南市の同校で担当スカウトから指名のあいさつを受けた。育成方針などを説明され「プロ入りの実感が湧いてきた。一日でも早く支配下登録されるように頑張る」と抱負…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成6位 関西大 小山 翔平選手 大卒右捕手

「プロ野球ドラフト会議」(26日、グランドプリンスホテル新高輪) 巨人が育成ドラフト6位で、入団テストに合格した関大・小山翔平捕手(21)を指名した。 同捕手は入団テストを受験するため、今秋の関西学生野球リーグ戦前に退部届を提出。学生野球側…

2018年に巨人がとるべきドラフト候補選手

17年ドラフトは大卒・社会人内野手と捕手の偏重補強となりました。 対して18年はどのようなドラフトで動くのか。来年の選手傾向をふまえながら、内容を考えていきたいと思います。 まず巨人の補強ポイントを確認します。

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成5位 立正大 広畑 塁選手 大卒左捕手

巨人から育成ドラフト5位で指名された立正大・広畑塁捕手(22)が10日、“ミスター・ゼロ”からの下克上を誓った。 大学では控え捕手。東都2部では3試合の出場で打率0割、0本塁打、0打点。今秋は1部でも打席はなかった。それでも二塁送球1・8秒の…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成3位 東北福祉大 笠井 駿選手 大卒右外野手

巨人に育成ドラフト3位指名された東北福祉大・笠井駿外野手(22)=国士舘=が10日、仙台市内のホテルで、支度金300万円、年俸250万円で仮契約した(金額は推定)。 50メートルを5秒7で走り、遠投は約110メートルと俊足強肩の逸材だ。同じ…

2018年のドラフト候補選手の傾向。全体的に上位候補が揃った豊作年だが、競合1位候補には悩むところ

17年は大卒・社会人捕手・内野手重点獲得となった17年ドラフト。17年は投手不作年に加え、上位候補だった高卒投手や捕手の多くがプロ志望を出さず、全体的に小粒な年となってしまいました。 一方で18年のドラフト傾向についてですが、「投手を中心に…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成1位 盛岡大付 比嘉 賢伸選手 高卒左内野手

坂本に続け! 育成ドラフト巨人1位指名の比嘉賢伸内野手(17)=岩手・盛岡大付高=が30日、岩手県盛岡市の同校で井上真二チーフスカウト(51)、柏田貴史スカウト(46)の指名あいさつを受けた。2年夏から甲子園に3季連続出場。“主将で4番”とし…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 8位指名 健大高崎 湯浅 大選手 高卒右内野手

巨人からドラフト8位指名された健大高崎高(群馬県高崎市)の湯浅大内野手が6日、同校で岡崎郁スカウト部長と吉武真太郎スカウトからあいさつを受けた。湯浅は「だんだん気持ちが引き締まり、実感が強くなった」「守備や走塁を思い切ってプレーしたい」と…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 7位指名 奈良学園大 村上 海斗選手 大卒右外野手

巨人からドラフト7位指名された奈良学園大の村上海斗(かいと)外野手(22)が11日、憧れの阪神・糸井級の“宇宙人”ぶりを披露した。大阪市内のホテルで、契約金3000万円、年俸800万円で仮契約したニューフェースは、名前の由来を聞かれると「小…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 6位指名 JX-ENEOS 若林 晃弘選手 大卒社会人両打ち内野手

巨人からドラフト6位指名されたJX―ENEOSの若林晃弘内野手(24)が7日、東京都内の同社で井上チーフスカウトの指名あいさつを受けた。 父・憲一さんは1972~81年に大洋(現DeNA)に所属していた元プロ野球選手。ドラフト指名後には「覚…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 5位指名 日立製作所 田中 俊太選手 大卒社会人左内野手

巨人からドラフト5位指名された日立製作所・田中俊太内野手(24)が2日、大阪市内のホテルで岡崎スカウト部長らの指名あいさつを受けた。 広島・田中広輔の実弟で、走攻守3拍子そろった即戦力の二塁手だ。巨人は今季途中からマギーを二塁で起用するも、…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 4位指名 亜細亜大 北村 拓己選手 大卒右内野手

10月26日のドラフト会議で、巨人は4位で亜大・北村拓己内野手(22)を指名した。強肩強打が持ち味で、昨年は大学日本代表メンバーにも名を連ねた。球団は即戦力として見込んでいる。 早速エールを送ったのは、同じ亜大出身の井端弘和内野守備走塁コー…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 3位指名 NTT西日本 大城 卓三選手 大卒左社会捕手

巨人のドラフト3位、NTT西日本・大城卓三捕手(24)は阿部との対面を熱望した。 幼い頃からの憧れで、同じ左の強打者に「守る、打つ方でも結果を残している。目標の選手です」と目を輝かせた。強気のリードと広角に打ち分ける打撃が武器の大型捕手で「…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 2位指名 大阪ガス 岸田 行倫選手 高卒右社会人

巨人からドラフト2位指名を受けた大阪ガス・岸田行倫捕手(21)は26日、「古田さんのような打てる捕手を目指していきたい」と球界を代表する捕手に名乗りを上げ、開幕スタメンマスクを意気込んだ。 理想に掲げる元ヤクルト・古田は、同じ兵庫・川西市出…

巨人2017年ドラフト指名の意図を考える。捕手4人、大卒・社会人内野手偏重指名の意味

「3~5年後を見据えた指名をする」という言葉を信じ、若返りドラフトを期待したファンを絶望に叩き落したドラフト指名。小林選手を信用していない、育成能力がないから即戦力をとったなど、多くの声が挙がっています。 ならばこのドラフトにはどのような意…

2017年読売ジャイアンツドラフト指名を振り返る【育成指名編】 育成は堅実に終わらせる(捕手2名以外)

www.giantsdraft.site 育成1位指名 盛岡大附属高 比嘉 賢伸選手 高卒左内野手 まさか育成で残るとは思いませんでした。盛岡で4番をつとめた強打の内野手。タイプとしては辻選手に似ている気がしますが、育成1位なら非常においしい指名です。 育成2位指名…

2017年読売ジャイアンツドラフト指名を振り返る【支配化指名編】  なんかもうなんていっていいかわからん

育成含め捕手4人指名なんて誰が予想した? www.giantsdraft.site 1位指名 中央大 中央大 鍬原 拓也選手 大卒右投手 清宮・村上選手をはずしはずれはずれ1名で獲得となった右腕投手。最速152キロにシンカーが武器の投手であり、先発・セットアッパー両…

ドラフト直前!2017年各球団のドラフト1位指名予想【25日時点】

とうとう明日に迫ったドラフト会議。25日時点で公開されている情報を元に各球団の1位指名を予想します。ちなみに1位指名競合はこの記事は以下のようになっています。 清宮選手 阪神・巨人・ヤクルト・SB・ロッテ・日ハム 6球団競合 中村選手 広島・中…

巨人入団テストの合格者1名が判明。恵体高卒外野手、関根学園・荒井颯太選手について

関根学園・荒井颯太(3年)は190センチの大型外野手。巨人の入団テストをパスし、吉報を待つ。 巨人にターゲットを絞っている荒井は、やり切った表情でドラフト会議の当日を待つ。9月23日に行われた巨人の新人入団テストを、すでにクリア。雨天のため…

強肩俊足のショート 立教大 熊谷 敬宥選手 大卒右内野手

阪神が立大の熊谷敬宥遊撃手(4年=仙台育英)を上位候補にリストアップしていることが13日、分かった。 26日のドラフト会議では、早実・清宮の1位指名を公言し、外れ1位には即戦力左腕の指名を目指す方針。それに次ぎ、内野手も重要な補強ポイントで…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成5位~7位】

www.giantsdraft.site 【育成5位指名候補①】西脇工 翁田 大勢選手 高卒右投手 巨人スカウトより馬力を評価される大型投手。投打でいうと打撃面のほうが成績を残していますが本人は投手としての指名を希望しており、現状では制球・変化球ともに課題をかかえ…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

www.giantsdraft.site 今回は育成1~4位。ここから頭が痛くなってきますよ 【育成1位指名候補①】京都成章 北山 亘基選手 高卒右腕投手 引用:【高校野球】京都成章、惜敗にも涙なく 一人よがりだったエースが成長のマウンド - 産経WEST 最速146キロ、…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【5位~7位】

【5位指名候補①】亜細亜大 北村 拓己選手 大卒右内野手 ショート・サードを守れる大卒内野手。ただ長打力・本塁打が少ないため藤岡選手の比べ指名順位は落ちています。そのため藤岡選手を取らなかった場合の指名候補となっています。即戦力の打撃とはいえな…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1位~4位】

10月26日に控えたドラフト会議、とうとう後10日を切りました。そんなわけで今回は17年ドラフト指名予想の第3回を行いたいと思います。 まずは指名に行く前に巨人のドラフト関連情報について整理しておきたいと思います ①1位指名は清宮選手を公言 ②…

俊足強肩センター 上武大 島田 海吏選手 大卒左外野手

全日本大学野球連盟は3日、「プロ野球志望届」提出者一覧を更新し、侍ジャパン大学代表として今年8月「第29回ユニバーシアード競技大会」で優勝を飾った島田海吏外野手ら7人が公示された。 大学代表で1番打者として躍動し、2大会連続金メダルの立役者となっ…

4番をつとめる強肩サード  亜細亜大 北村  拓己選手  大卒右内野手

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は27日、新たなプロ野球志望届を公式サイトで公示。熊本工(熊本)の152キロ右腕・山口翔投手、ドラフト1位候補に挙がる亜大・高橋遥人投手、中大・鍬原拓也投手ら注目選手が続々と提出し、提出者は計113人(高校生71人…

2017年プロ志望を表明しているドラフト候補選手の中で、下位・育成指名で狙いたい原石選手たちを紹介

10月26日のドラフト会議を控え、今日でプロ志望届は締め切りとなりました。早稲田・清宮選手がプロ志望届を提出することとなり大きな注目を浴びましたが、そんな中、高卒106名、大卒104名がプロ志望を提出しました。 その中には「ん?この選手聞いたこと…

強打のセカンド社会人 日立製作所 田中 俊太選手 大卒社会人左内野手

巨人2軍が23日、日立製作所とのプロ・アマ交流戦(日立市民球場)を行い5―3で勝利した。 先制したのは社会人の強豪・日立製作所だった。初回2死一塁で「4番・右翼」の菅野剛士外野手(東海大相模高―明大)が左打席に入り、巨人先発の左腕・メルセデス…

素材と丈夫さを評価する大型外野手 奈良学園大 村上 海斗選手 大卒右外野手

今秋ドラフト上位候補の奈良学園大・宮本丈内野手(4年)の下に阪神、巨人から調査書が届いた。宮本は16日に所属の近畿学生野球連盟にプロ志望届を提出。20日付で大学野球連盟のホームページに掲載された。 宮本は11日の神戸大戦の守備の際に腰を痛め…