読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人

まさかの和田⇔古川選手のトレードで和田恋選手が楽天へ!トレードとなった理由とは

巨人・和田恋外野手(23)と楽天・古川侑利投手(23)の交換トレードが両球団の間で合意に達したことが7日、分かった。この日の午後に両球団から正式発表される。 セ・リーグ首位を快走する原巨人が、水面下で戦力整備を進めていた。先発投手の層を厚くした…

1年以上のリハビリから復活した高井俊選手。成長と支配下への課題とは

巨人の3軍で奮闘する育成・高井俊投手(23) 悩みに悩んで、決断を下した。高井が代名詞ともいえる「トルネード投法」を解禁した。5月29日、G球場で行われたソフトバンクとのファーム交流戦。体を大きくひねるダイナミックな投球フォームを久しぶりに…

2019年第一回読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

今回は育成指名編。今回育成指名については4名としているため、分けずにこの記事で一気に育成4位まで予想したいと思います。改めてルールについて説明。 では指名ルールについては以下の通りとなります。・ ①支配下指名7名。育成指名は4名を予想 ②1位に…

巨人宇佐見・吉川光と日ハム鍵谷・藤岡選手がトレード。意図と今後の戦略は

巨人吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが成立したことが26日、分かった。29日のレギュラーシーズン再開を前に、中継ぎ投手の補強を目指した巨人と、捕手、投手の選手層の厚みを求…

2019年第一回読売ジャイアンツドラフト指名予想【4位~7位】

www.giantsdraft.site 今回は支配下の4位から7位指名予想。やはり上原選手の5月引退が響いてます。あれで8位を使えなくなったのが素材型獲得の壁となっています。 【4位指名候補①】智弁和歌山 東妻 純平選手 高卒右捕手 【4位指名候補②】東海大 原田 …

2019年第1回読売ジャイアンツドラフト指名予想【1位~3位】

今回もやります19年巨人ドラフト指名予想。予定としては今回の第1回、甲子園終了後の第2回、そしてプロ志望届締切後の第3回の合計3回行う予定です。 指名予想に行く前に今回の指名ルールについて。まずは指名数についてですが、現在の巨人は支配下数は65…

16年育成2位・加藤侑平選手が支配下登録。2軍台頭の理由と今後は

巨人は9日、育成選手の加藤脩平外野手(20)を支配下選手登録すると正式に発表した。背番号は「002」から「94」となり、年俸は300万円から420万円(金額は推定)となる。 東京ドームで記者会見が行われ、今村司顧問と2人で出席。今村顧問から…

巨人の新外国人選手レイモン・ラモスの特徴と支配下への課題について

1軍練習でさく越えを連発し注目されたモタ選手の一方、同期入団の育成右腕、R・ラモス選手はあまり情報がありません。そこで今回はラモス選手の選手としての特徴、そして支配下に向けた課題について触れたいと思います。 【ラモス選手の紹介】 【支配下への…

ドラフト戦略に考慮すべき巨人のチーム事情の変化について【5月時点】

ドラフト指名を考える上で非常に重要になるのがチーム事情。どのポジションを補強すべきか、またシーズンオフごろからチーム状態にどのような変化が生じたかを考慮したうえで指名予想を考える必要があります。 【ポジティブポイント】 【①:左腕中継ぎの台頭…

上原選手引退で発生した支配下64人問題。支配下されるのは山下・加藤・山川選手の誰か

引き締まった肉体のまま身を引いた。巨人上原浩治投手(44)が20日、都内のホテルで会見し、現役引退を表明。 異例のシーズン途中での引退に涙を流した。雑草魂で、日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手にまではい上がったレジェンド右腕が、栄光のマウンド…

あまり注目されない巨人外野手に右打者が少ない問題。その原因と解決法について

巨人野手の問題といえば高齢化した外野手。そして左の若手スラッガー不足ばかりが注目され、左打ちの外野手が補強ポイントとして挙げられますが、実は外野手については左よりも右打者のほうが不足しています。 なぜ右打者問題はあまり挙がらないのか。そして…

過去のドラフト指名から見る巨人の中継ぎ問題

前回は巨人の外野手高齢化について過去10年のドラフトと他球団の指名傾向をみたうえで、ドラフトにおける外野手指名について書きました。今回は外野手と同様に巨人の補強ポイントとなっている中継ぎについて書いていきたいと思います。 www.giantsdraft.site…

過去のドラフト指名から見る巨人外野手問題

高齢化が顕著となり、若手外野手が台頭しない現在の巨人の外野手層。なぜこのような状況になったのか、今回は巨人のドラフトに焦点を当て、他球団のドラフト指名とも比較していこうと思います。 【過去10年の外野手指名は?】 【他球団の支配下外野手指名…

3月2日に坂本工宜選手が支配下登録。背番号58で中継ぎとして期待

巨人の坂本工宜(こうき)投手(24)が、育成契約から支配下登録されることが2日、発表された。背番号は「58」に決まった。 関西学院高では外野手としてプレーも、公式戦出場はなし。関学大入学後は準硬式に入部し「どうしても投手がやりたい」と投手に…

28日に巨人春季キャンプ終了。結果と今後の方針を振り返る

巨人は28日、沖縄キャンプを打ち上げ、原辰徳監督がチーム“MVP”に元木大介コーチを挙げた。 印象に残った選手を問われると「選手はみんな良かったと思います。しいて挙げるなら元木コーチかな。非常にしっかりやってくれたと思います」と言った。 今季から就…

18年ドラフト1位・高橋優貴選手の1年目は先発としてみるか、中継ぎとしてみるか

<練習試合:巨人7-5韓国・KIA>◇20日◇沖縄セルラー那覇 甘酸っぱく階段を上った。巨人ドラフト1位の高橋優貴投手(22=八戸学院大)が20日、韓国・KIAとの練習試合に先発し、対外試合デビューした。3回4安打2失点で収穫と課題をつかんだ。最速145キロの直…

大城選手はコンバートすべきなのか。その問題点とタイミングは

巨人の大城卓三捕手(26)が4日、春季宮崎キャンプで2軍から1軍練習に参加することが決まった。 昇格ではなく、練習に参加するという形。1、2軍は同じ運動公園内の別の球場で練習しているため、移動はスムーズにできる。 大城は前日3日の「1軍対2…

巨人19年春季キャンプメンバー発表。大方の予想通りの結果に。

巨人は21日、2月1日から始まる春季キャンプのメンバー振り分けを発表した。 詳細は以下の通り。 【1軍34人】 ◆投手(17人) 山口俊、高橋優貴、沢村拓一、菅野智之、岩隈久志、野上亮磨、クック、田口麗斗、鍬原拓也、桜井俊貴、谷岡竜平、メルセデ…

19年巨人3軍の構想と期待。今季期待したい選手は

18年は高卒ドラフトとなりその重要性がより大きくなった2軍・3軍。今回は19年の巨人3軍の構想と、その中で期待したい選手を挙げていきます。 【19年の2軍・3軍はその目的が1軍起用に向けた選手育成となる】 【19年の3軍の選手層について】 【…

巨人支配下外国人8人問題は言われるほど問題なのかを考える

巨人は29日、新外国人として前マリナーズ、ライアン・クック投手(31)の獲得を発表した。メジャーで球宴に選出されたこともある大型右腕で、球団は抑え候補として期待を寄せる。 現時点で来季の支配下登録の外国人は8人。マシソン、クック、ヤングマン…

2019年に巨人がとるべきドラフト候補選手

ドラフトも終わりFAで丸と炭谷、さらに自由契約の中島選手やメジャー契約破棄となった岩隈選手を獲得した巨人。外国人補強も行っており、後は調査中のリリーフ外国人が残っている状態です。内海選手つらい。 そこで今回は19年のドラフト傾向も踏まえて巨…

17年ドラフト1位・鍬原 拓也選手が新守護神になれるのか?二つの問題も

巨人は11日、宮崎秋季キャンプの第3クール2日目を行った。原辰徳監督(60)がブルペンを視察。来季2年目のドラフト1位右腕・鍬原拓也投手(22)=中大=の投球を見守り、「彼が抑えをやったらおもしろいよ」と、将来の守護神候補に“指名”し、期待…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成4位指名 敦賀気比 黒田 響生選手 高卒右内野手

巨人から育成ドラフト4位指名を受けた敦賀気比高校(福井県)の黒田響生内野手(18)が11月16日、福井県敦賀市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)で仮契約した。背番号は「021」に決まった。黒田は「少…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成3位指名 旭川大高 沼田 翔平選手 高卒右腕投手

巨人から育成3位指名を受けた旭川大高・沼田翔平投手(18)が1日、旭川市内の同校で、柏田貴史スカウト(47)から指名あいさつを受けた。巨人は、最速146キロの伸びのある直球に加え、ルックスの良さを高評価。次代のスター候補として期待した。沼田はプロで…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成2位指名 岐阜第一 平井 快青選手 高卒右腕投手

巨人から育成2位指名された岐阜第一高エースの右腕・平井快青投手(18)=184センチ、73キロ=が10日、大垣市内で球団と仮契約を交わし、「厳しい世界へ入るが、覚悟を持って臨みたい」と意気込みを語った。 井上真二チーフスカウトと、青木高広ス…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成1位指名 健大高崎 山下 航汰選手 高卒左外野手

プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で巨人から育成ドラフト1位指名された高崎健康福祉大高崎(健大高崎、群馬県高崎市)の山下航汰選手(17)が31日、同校を訪れた巨人の長谷川国利スカウト部長と木佐貫洋スカウトから指名あいさつを受けた。 山…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 6位指名 聖心ウルスラ学園 戸郷 翔征選手 高卒右腕投手

巨人からドラフト6位指名された聖心ウルスラ学園の戸郷翔征投手(18)が30日、打倒・ドラ1トリオを宣言した。8月のU18日本代表との壮行試合には、宮崎県選抜の一員として登板。代表チームには大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園がメンバー入り…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 5位指名 折尾愛真 松井 義弥選手 高卒左内野手

巨人からドラフト5位で指名された松井義弥内野手(18)=折尾愛真=が29日、北九州市内の同校で井上チーフスカウトらの指名あいさつを受けた。 191センチ、90キロの恵まれ体格から高校通算40本塁打を放ったパワーの持ち主は「やってやろうという…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 4位指名 大阪桐蔭 横川 凱選手 高卒左腕投手

巨人D4位・横川(大阪桐蔭高)が30日、指名あいさつを受けた。1メートル90の長身左腕は虎党の父に連れられ、幼少時から甲子園で阪神戦を観戦。今年は甲子園で春夏連覇を達成するなど縁が深い。「自分があそこ(甲子園)のマウンドに立って投げたら、…

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 3位指名 松商学園高 直江 大輔選手 高卒右腕投手

巨人からドラフト3位指名された松商学園高の直江大輔投手(18)が2日、長野・松本市内の同校で長谷川スカウト部長、木佐貫担当スカウトから指名あいさつを受けた。しなやかな投球フォームから放つ最速145キロの直球と、縦に大きく割れるカーブやスラ…