読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

投手

なぜ高木勇人選手はプロテクトから漏れたのか。そして人的補償に選ばれなった選手とその理由を解説する

高木勇は14年ドラフト3位で入団。1年目から先発ローテに定着し、独特のカットボールを武器に9勝10敗、防御率3・19の成績を残した。2年目からはやや伸び悩み、今季は中継ぎを中心に16試合で1勝2敗、防御率2・63だった。 高木勇 3年間でし…

2018年に巨人がとるべきドラフト候補選手

17年ドラフトは大卒・社会人内野手と捕手の偏重補強となりました。 対して18年はどのようなドラフトで動くのか。来年の選手傾向をふまえながら、内容を考えていきたいと思います。 まず巨人の補強ポイントを確認します。

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成4位 羽黒 田中 優大選手  高卒右投手

指名あいさつを終えた田中は、緊張した面持ちで背筋を伸ばした。 「やっとプロ野球選手になったという実感が湧いた。まっすぐが自分の武器。中田翔選手(日本ハム)と対戦したい」 自慢の直球は最速143キロで鋭いスライダーとシンカー、カーブを操る。1…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成2位 常磐 山上 信吾選手  高卒右投手

巨人から育成ドラフト2位で指名を受けた常磐高・山上信吾投手(18)が30日、群馬県太田市の同校で指名あいさつを受けた。 183センチの身長を生かしたダイナミックなフォームから投げる最速146キロの直球が武器の右腕。今夏の群馬大会ではベスト8…

2018年のドラフト候補選手の傾向。全体的に上位候補が揃った豊作年だが、競合1位候補には悩むところ

17年は大卒・社会人捕手・内野手重点獲得となった17年ドラフト。17年は投手不作年に加え、上位候補だった高卒投手や捕手の多くがプロ志望を出さず、全体的に小粒な年となってしまいました。 一方で18年のドラフト傾向についてですが、「投手を中心に…

17年の巨人若手選手の1年を振り返る。来季活躍が期待される選手は【投手編】

17年シーズンも終わり、先日はフェニックスリーグも終了し秋季キャンプに取り組んでいます。 そこで17年の巨人若手選手を振り返り、その中で来季に期待される25歳以下の若手選手について触れていこうと思います。 【大卒支配下投手編】 引用:読売巨人…

巨人2017年ドラフト指名の意図を考える。捕手4人、大卒・社会人内野手偏重指名の意味

「3~5年後を見据えた指名をする」という言葉を信じ、若返りドラフトを期待したファンを絶望に叩き落したドラフト指名。小林選手を信用していない、育成能力がないから即戦力をとったなど、多くの声が挙がっています。 ならばこのドラフトにはどのような意…

2017年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  鍬原拓也選手 1位指名 大卒右腕投手

巨人は3度目の入札で最速152キロを誇る中大・鍬原(くわはら)拓也投手(21)を1位指名した。大学の先輩でもある阿部慎之助内野手(38)に憧れて野球を始めたという即戦力右腕は、目標とする投手に絶対エース・菅野智之投手(28)を掲げ「新人王…

28日に新たに戦力外を発表。自由契約・戦力外選手から今後の動きを予想

松本哲也外野手(33)→現役引退 藤村大介内野手(28)→戦力外→現役引退→球団に残る予定 北篤外野手(28)→戦力外 江柄子裕樹投手(30)→戦力外 乾真大投手(28)→戦力外→12球団合同トライアウト受験へ 長谷川潤投手(26)→戦力外→12球団合同…

2017年読売ジャイアンツドラフト指名を振り返る【育成指名編】 育成は堅実に終わらせる(捕手2名以外)

www.giantsdraft.site 育成1位指名 盛岡大附属高 比嘉 賢伸選手 高卒左内野手 まさか育成で残るとは思いませんでした。盛岡で4番をつとめた強打の内野手。タイプとしては辻選手に似ている気がしますが、育成1位なら非常においしい指名です。 育成2位指名…

2017年読売ジャイアンツドラフト指名を振り返る【支配化指名編】  なんかもうなんていっていいかわからん

育成含め捕手4人指名なんて誰が予想した? www.giantsdraft.site 1位指名 中央大 中央大 鍬原 拓也選手 大卒右投手 清宮・村上選手をはずしはずれはずれ1名で獲得となった右腕投手。最速152キロにシンカーが武器の投手であり、先発・セットアッパー両…

ドラフト直前!2017年各球団のドラフト1位指名予想【25日時点】

とうとう明日に迫ったドラフト会議。25日時点で公開されている情報を元に各球団の1位指名を予想します。ちなみに1位指名競合はこの記事は以下のようになっています。 清宮選手 阪神・巨人・ヤクルト・SB・ロッテ・日ハム 6球団競合 中村選手 広島・中…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成5位~7位】

www.giantsdraft.site 【育成5位指名候補①】西脇工 翁田 大勢選手 高卒右投手 巨人スカウトより馬力を評価される大型投手。投打でいうと打撃面のほうが成績を残していますが本人は投手としての指名を希望しており、現状では制球・変化球ともに課題をかかえ…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

www.giantsdraft.site 今回は育成1~4位。ここから頭が痛くなってきますよ 【育成1位指名候補①】京都成章 北山 亘基選手 高卒右腕投手 引用:【高校野球】京都成章、惜敗にも涙なく 一人よがりだったエースが成長のマウンド - 産経WEST 最速146キロ、…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【5位~7位】

【5位指名候補①】亜細亜大 北村 拓己選手 大卒右内野手 ショート・サードを守れる大卒内野手。ただ長打力・本塁打が少ないため藤岡選手の比べ指名順位は落ちています。そのため藤岡選手を取らなかった場合の指名候補となっています。即戦力の打撃とはいえな…

第3回【最終】2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1位~4位】

10月26日に控えたドラフト会議、とうとう後10日を切りました。そんなわけで今回は17年ドラフト指名予想の第3回を行いたいと思います。 まずは指名に行く前に巨人のドラフト関連情報について整理しておきたいと思います ①1位指名は清宮選手を公言 ②…

投球術が評価される先発右腕 東洋大 飯田 晴海選手 大卒右腕投手

東洋大が国学院大との3回戦に快勝し、勝ち点を3とした。プロ志望届を提出した飯田晴海投手(4年)が6安打7奪三振でリーグ戦初完封。24日からの最終週、勝ち点3同士の亜大との直接対決に春秋連覇を懸ける。 なりふり構わず勝ちにいった。飯田はフォー…

大卒上位候補右腕 岡山商科大 近藤 弘樹選手 大卒右腕投手

◆報知新聞社後援 第66回全日本大学野球選手権第1日 ▽1回戦 岡山商大4ー2近大(5日・神宮) 大学日本一を争う熱戦がスタートし、1回戦7試合が行われた。5年ぶり出場の岡山商大(中国地区大学)のドラフト候補右腕・近藤弘樹(4年)は、日米14球…

巨人3軍創設から2年。見えてきた3つの課題

www.giantsdraft.site 16年に巨人3軍が創設されてから2年。当初は練習場もなく2・1軍選手が来るまでの間だけしか練習が出来ないなど多くの課題をかかえていた3軍ですが、2年もたち支配化昇格も出てきた中で、その効果と課題が見えてきました。 来年は鹿取…

制球に課題の速球右腕 日本文理大 ケムナ ブラッド 誠選手 大卒右腕投手

<全日本大学野球選手権:九産大12-4日本文理大>◇5日◇1回戦◇神宮 プロ注目で日本文理大(九州地区)のケムナ・ブラッド・誠投手(4年=日南)が先発したが、3回途中4失点で降板した。 1安打も4四球を与えリズムに乗れないまま、マウンドを降りた…

カーブと重いストレートが武器の右腕 上武大 宮川 哲選手 大卒右腕投手

全日本大学野球連盟は3日、「プロ野球志望届」提出者一覧を更新し、侍ジャパン大学代表として今年8月「第29回ユニバーシアード競技大会」で優勝を飾った島田海吏外野手ら7人が公示された。 大学代表で1番打者として躍動し、2大会連続金メダルの立役者となっ…

巨人がフェニックスリーグに派遣する25人を発表。そこからわかる来季の起用が期待できる選手・できない選手

巨人は6日、みやざきフェニックス・リーグに参加するメンバーを公表した。1軍で21試合、打率3割5分、4本塁打を記録した宇佐見ら25選手。参加選手は変更、途中で入れ替えになる場合があるが、現状のメンバーは以下の通り 【投手】 桜井俊貴、谷岡竜…

巨人若手選手が数多く起用された巨人最終戦を終えて、各若手選手の内容を振り返る

ペナント最終戦となる3日にヤクルト戦。消化試合となったためこれまで起用されていなかった2軍若手選手が数多く起用されました。 通常1試合を振り返るということはないのですが、この試合は巨人・そしてドラフトを語る意味でも大きな意味を持つ試合でした…

2017年読売ジャイアンツ戦力外選手予想 【育成選手編】

今回は育成選手編。すでに戦力外として報道されたソリマン選手を含め8人が候補となっています。 【投手】 【戦力外候補①】田中 大輝選手 25歳 左腕投手 17年2軍成績 1試合1イニング0勝0敗0失点 防御率0.00 14年ドラフト4位にて入団。元々上位…

2017年読売ジャイアンツ戦力外選手予想 【支配下選手編】

1日に巨人が阪神に負け、一方でDenaが勝利したため4位が確定、CSを逃しました。第一次戦力外はシーズン最終試合となる3日ヤクルト戦後の4日が期限となりますので、戦力外選手を予想しようと思います。7名程度ドラフト指名することが明言されてお…

最速147キロのダイナミックサイドスロー 東農大北海道 宮本 誉士樹選手

◆北海道6大学野球秋季リーグ戦 最終節 第1日 東農大北海道0―1旭川大(25日、苫小牧・とましんスタジアム) 1位の東農大北海道は4位の旭川大に延長10回の末、0―1でサヨナラ負けを喫し、首位陥落した。26日の最終戦を残し、自力優勝は消滅したが…

2017年プロ志望を表明しているドラフト候補選手の中で、下位・育成指名で狙いたい原石選手たちを紹介

10月26日のドラフト会議を控え、今日でプロ志望届は締め切りとなりました。早稲田・清宮選手がプロ志望届を提出することとなり大きな注目を浴びましたが、そんな中、高卒106名、大卒104名がプロ志望を提出しました。 その中には「ん?この選手聞いたこと…

第2回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想 【育成5位~7位】

【育成5位指名候補①】国学院大 小又 圭甫選手 大卒右腕投手 トミージョン手術の影響で4年生まで実戦登板がほとんどなかった選手となり、現状では支配下の可能性が低い選手となります。復帰登板で最速151キロをたたき出しているため、大学ではプロ志望を…

ストレートの伸びがよい素材右腕  星槎国際湘南 本田 仁海選手 高卒右腕投手

星槎国際湘南が、4―9で日大高に敗れ、5回戦で姿を消した。プロ注目のエース・本田仁海(ひとみ=3年)が、死球で右手甲を痛めるアクシデントがあり、7回5失点で降板。試合後は、プロ志望を表明した。 前日の22日に89球で完投勝利を挙げて迎えたこ…

第2回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想 【育成1位~4位】

okimono.hatenadiary.jp 今回から育成指名予想スタート。 【育成1位候補①】一関学院 小椋 元太選手 高卒左内野手 1番セカンドのチャンスメーカー。小柄ながらも3拍子揃った選手となりますが、ショートでなくセカンドポジションなのがマイナス材料。ただ現…