読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2017年ドラフト候補-社会人選手

豊富な変化球で勝負する先発投手 日本新薬 西川  大地選手 2017年解禁済社会人右腕投手

日本新薬は終盤に突き放され、元近鉄の吹石徳一監督は指揮官として2度目の都市対抗も昨年に続く初戦敗退。「負けるべくして負けた。7回にミスが出てしまった。全国で勝つためにはもう少しレベルを上げないと」と嘆いた。 0―2の3回に吉野がセーフティー…

パワーのある投手 JX-ENEOS 柏原 史陽選手  2017年解禁済社会人右腕投手

三菱日立パワーシステムズの右腕・柏原(JX-ENEOSから補強)が1球に泣いた。本大会初先発だったが、150キロ近い速球にスライダーやカットボールを交え、六回まではNTT東日本打線を2安打に抑えた。落とし穴は七回。長沢にカウント2-1から…

強打のセカンド社会人 日立製作所 田中 俊太選手 大卒社会人左内野手

巨人2軍が23日、日立製作所とのプロ・アマ交流戦(日立市民球場)を行い5―3で勝利した。 先制したのは社会人の強豪・日立製作所だった。初回2死一塁で「4番・右翼」の菅野剛士外野手(東海大相模高―明大)が左打席に入り、巨人先発の左腕・メルセデス…

スライダーが武器の完投型投手 日立製作所 鈴木 康平  大卒社会人右腕投手

日立製作所は3日、都市対抗野球(7月14日開幕、東京ドーム)の北関東代表決定リーグで、新日鉄住金鹿島を6-2で下し、3年連続36度目の出場に王手。最速151キロのドラフト候補、鈴木は8回2失点と好投し「変化球でカウントがとれた」。プロ9球…

伸びのあるストレートが武器のリリーフ右腕 JX-ENEOS 斎藤 俊介 大卒右腕投手

JABA県大会(県野球協会、毎日新聞横浜・川崎支局)は22日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合と決勝があった。決勝はJX−ENEOSが東芝に競り勝ち、4年連続17回目の優勝を果たした。 最高殊勲選手賞は、斎藤俊介…

外国人リリーフ顔負けのパワーを持つ高卒社会人 ヤマハ 鈴木 博志  高卒社会人投手

◆社会人野球オープン戦 ヤマハ4―2JR東日本(26日・静岡県営草薙球場) 昨秋の社会人野球日本選手権で優勝したヤマハが、今季初のオープン戦を行った。MAX154キロを誇り、今秋のドラフト上位候補に挙げられる大型右腕・鈴木博志(19、磐田東高…

先発・リリーフもこなすフル回転のエース 東京ガス 石田 光宏  社会人右腕投手  

【石田選手の紹介】 181センチ77キロ。近江高→関西大→東京ガス。 高校・大学時代よりドラフト候補とされた右腕投手。しかし高校時代は怪我に泣かされ、大学時代はフル回転で指名候補としての成績を残すも志望届を出さず社会人入りを果たしています。 武…

球速以上の速さを持つ左即戦力先発筆頭  JR東日本 田嶋 大樹選手 左腕投手

JR東日本は30日、都市対抗野球の東京第1代表決定戦で、鷺宮製作所を3-2で下し、7年連続19度目の出場を決めた。七回に同点に追いつき、八回に5番・畑中の勝ち越し二塁打などで2点を加え、先発左腕、田嶋ら4投手の継投で逃げ切った。最速150…