読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2018年ドラフト候補-大卒選手-右腕投手

最速159キロの剛速球リリーフ 東洋大 甲斐野 央選手 大卒右腕投手

東都大学野球秋季リーグ第1週第1日(1日、神宮)1回戦2試合で開幕し、4季連続優勝を目指す東洋大は立正大に4-3で競り勝ち、駒大は中大に2-1で逆転勝ちした。東洋大は上茶谷大河投手(4年)が7回を3安打2失点と試合をつくり、甲斐野央投手(…

クセのあるフォームのサイドスロー 京都学園大学 川瀬  航作選手 大卒右腕投手

◆報知新聞社後援 全日本大学野球選手権第2日 ▽1回戦 日大国際関係学部0―2京都学園大(12日・神宮) 京都学園大(京滋大学)は、プロ注目の最速146キロサイド右腕・川瀬航作(4年)が日大国際関係学部(東海地区大学)を2安打で完封し、3年ぶりの…

コースに投げられるストレートが武器の右腕 立命大 山上 大輔選手 大卒右腕投手

プロ注目の最速149キロ右腕の山上大輔(4年)が8回7安打2失点9奪三振に抑え、立命大を勝利に導いた。 山上は「スプリットがよかった。初回から真っすぐを狙われていたので、4回からは変化球を多めに」と、カウント球にもスプリットをつぎ込んだ。 …

ストレートと縦の変化球が武器のリリーフ 立正大 釘宮 光希選手 大卒右腕投手

<東都大学野球:立正大6-5亜大>◇26日◇神宮 プロ注目の立正大・釘宮光希投手(4年=日大三)が、6回1失点の好リリーフで今季初勝利を挙げ、1勝1敗のタイに持ち込んだ。1点ビハインドの4回から登板。 6回に1点を奪われたが、7回以降は無安打…

バランスの取れた上位候補 日本体育大 松本 航選手  大卒右腕投手

<首都大学野球:帝京大1-0日体大>◇12日◇浦安市運動公園 今秋ドラフト1位候補の日体大・松本航投手(4年=明石商)が、4回無失点と好リリーフしたが、0-1で敗戦した。1点ビハインドの5回から登板。1安打を許したが、最速147キロをマークし…

長身を活かしたストレートが武器 青山学院大 河端 優馬選手 大卒右腕投手

東都大学リーグ2部の青学大が2月28日、横浜市内で横浜商大と今季初のオープン戦を行い、指揮官に復帰する河原井正雄監督(63)が“初采配”を振った。 今秋ドラフト候補で最速149キロ右腕の河端(かわはな)優馬投手(3年=高岡商)ら4投手を継投し…

評価急上昇のコントロール抜群投手 東洋大  上茶谷 大河選手 大卒右腕投手

東都大学野球:東洋大4-3駒大>◇第4週第3日◇4日◇神宮 ドラフト1位候補で最速151キロ右腕の東洋大・上茶谷(かみちゃたに)大河投手(4年=京都学園)が、駒大戦に先発し東都大学リーグ史上最多の20三振を奪った。楽天岸を参考にしたチェンジア…

ストレートに力のある右腕 中央大 伊藤 優輔選手 大卒右腕投手

<東都大学野球:中大9-6立正大>◇第4週第2日◇2日◇神宮 中大・伊藤優輔投手(4年=小山台)が、連投で試合を締め、チームは今季初の勝ち点を挙げた。 3点差に迫られた7回2死一、二塁から登板。1日の同戦での7回途中2失点の好投に続き2回1/3…

躍動感溢れるフォームのパワー系投手 日本体育大・東妻勇輔選手 大卒右腕投手

昨秋の明治神宮大会を制した日体大が4日、神奈川・横須賀市内でDeNA2軍と練習試合を行い3-2で勝利した。 ドラフト1位候補で最速153キロ右腕の東妻勇輔投手(3年=智弁和歌山)が先発し、4回を投げ3安打8三振3四死球1失点。強風の中で初回…