読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2018年ドラフト候補-社会人選手-右腕投手

ドラフト1位候補、パナソニック・吉川峻平選手がまさかのメジャー挑戦で指名候補から消える!?混迷するドラフト事情とは

今秋ドラフト1位候補に挙げられているパナソニック・吉川峻平投手(23=関大)が来季、メジャーに挑戦する意向であることが分かった。今月末から、ダイヤモンドバックスら獲得意思のある球団と獲得交渉に入っていく。 吉川は最速148キロの直球とシンカ…

コントロールが強みの先発 大阪ガス 温水 賀一選手 社会人右腕投手

大阪ガスの温水は、制球に苦しみながらも七回途中まで2失点(自責1)で粘った。四回には1点差に迫られたがリードを守り、橋口監督は「上出来。2点で頑張った」とねぎらった。 第2代表決定戦で完封し、臨んだ大舞台。初めて上がった東京ドームのマウンド…

社会人投手1位候補  パナソニック 吉川 峻平選手  社会人右腕投手

好投手に勝つには、狙い球を絞って一振りで仕留める。JR東海がそれを忠実に実行し、社会人を代表する右腕・パナソニックの吉川を攻略した。 一回1死だった。2番・青柳は「良い投手なので狙いが外れたら仕方ない」と直球一本に絞って打席へ。2球目の外に…

伸びのあるストレートが武器 Honda鈴鹿 瀧中 瞭太選手 社会人右腕投手

●ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)1-4三菱日立パワーシステムズ(横浜市)○(15日) ホンダ鈴鹿の3番手・滝中が完璧な投球を披露した。3点を追う六回1死から登板し、最速151キロの切れのある直球を低めに集めた。七回の3者連続を含む6奪三振。前回大会は1…

常時140後半のパワー先発  HONDA  齋藤 友貴哉選手 社会人右腕投手

Hondaは打線が沈黙し、優勝候補が初戦で姿を消した。「大会前の練習試合で打てなかったが、まさかここまで抑えられるとは」と岡野勝俊監督はショックの色がありあり。 春のスポニチ大会を制し、他の大会も好成績を収めた。「ピークのもっていき方が悪か…