読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2017年読売ジャイアンツドラフト指名を振り返る【育成指名編】 育成は堅実に終わらせる(捕手2名以外)

 

www.giantsdraft.site

 

 

育成1位指名 盛岡大附属高 比嘉 賢伸選手 高卒左内野手

f:id:okimono:20171017235245p:plain

 まさか育成で残るとは思いませんでした。盛岡で4番をつとめた強打の内野手。タイプとしては辻選手に似ている気がしますが、育成1位なら非常においしい指名です。

 

育成2位指名 常磐高 山上 信吾選手 高卒右投手

f:id:okimono:20171026222707p:plain

 まだまだ体が出来ていないながらも、その将来性が評価されていた大型投手。ダイナミックフォームから投げるストレートが評価されており、高卒育成投手が少なかった巨人では育成で取るにはベストなタイプの選手でしょう。

 

育成3位指名 東北福祉大学  笠井 駿選手 大卒右外野手

「笠井 駿」の画像検索結果

 

 東北福祉大でクリーンナップも打つ身体能力型外野手。主にライトを守っており、ライトが高齢化しているためライト枠として獲得した選手となります。巨人もライト守備・送球精度を評価。ただ打撃については改善が必要とコメントしています。

 

育成4位指名 羽黒高  田中 優大選手 高卒右投手

f:id:okimono:20170917120807p:plain

 まさか田中選手が指名予想で当たるとは思わなかった。投手コンバート歴1年程度ながら急成長したスライダーおばけな選手。キレがよすぎて死球になるレベルなので、育成獲得でおもしろいタイプの選手だと思います。裏をかえすと球団の育成能力が本当に試されるタイプです。

 

育成5位指名 立正大 広畑 塁選手  大卒左捕手

f:id:okimono:20171026223051p:plain

 

 大学では小畑選手にスタメンをとられ控えが多かった強肩捕手。これで去年獲得した高山選手と左右の強肩捕手がそろいました。

 ちなみに評価ポイントとしてはフットワークのよさ、送球能力が評価されているようです。

 

育成6位指名 関西大学 小山 翔平 捕手 大卒右捕手  

 

 

 入団テスト合格者の一人。170センチと小柄ながら送球の力強さが評価され、鍛えられれば面白い選手として獲得されたようです。でも大卒捕手2名・・・

 

育成7位指名  新野高  折下 光輝  高卒右内野手

「折下 光輝」の画像検索結果

 

 

 投手兼サードながら巨人は内野手として評価。通算30本以上を放ち、サード・ショートが出来ることも評価ポイントのようです。

 

育成8位 関根学園高 荒井 颯太選手 高卒右外野手

f:id:okimono:20171024210711p:plain

 テスト合格者の一人。恵体スラッガーですが守備・変化球対応に課題があるためぎりぎりまで残ったということでしょう。非常に時間がかかるタイプですが、それを可能にするための育成指名ということでしょう。