読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2018年のドラフト候補選手の傾向。全体的に上位候補が揃った豊作年だが、競合1位候補には悩むところ

 17年は大卒・社会人捕手・内野手重点獲得となった17年ドラフト。17年は投手不作年に加え、上位候補だった高卒投手や捕手の多くがプロ志望を出さず、全体的に小粒な年となってしまいました。

 一方で18年のドラフト傾向についてですが、「投手を中心に全体的に豊作年。ただし絶対的1位候補はまだいない」です。特に大卒・社会人投手が揃っており、即戦力先発が欲しい球団にとっては非常に有難い年です。

 

「市川 悠太 twitter」の画像検索結果

 投手では無駄のないフォームが魅力の埼玉栄・米倉 貫太選手や大阪桐蔭の投手2枚看板となる横川凱・柿木 蓮選手が注目株。甲子園でも好投した速球サイドスロー明徳義塾・市川 悠太選手などが目立ちます。ただ野手に比べると候補がまだ少なくなっています。

【高卒投手注目株】

明桜・山口 航輝選手  181センチ85キロ 右投げ右打ち

投打で注目される二刀流選手。右肩痛からの復活を目指す

埼玉栄・米倉 貫太選手 183センチ77キロ 右投げ右打ち

最速146キロの素材が注目されるダルビッシュ2世。投手らしいフォームも魅力

横浜・万波 中正選手  190センチ89キロ 右投げ右打ち

手足の長さもあるハーフ選手。投手にも挑戦中だがまだまだ荒削り

 

 

「山下 航汰 twitter」の画像検索結果

 まずは高卒選手について。現時点でも野手ならばU-18にも出た攻走守揃った内野手報徳学園・小園海斗選手や、身体能力型野手となる大阪桐蔭・根尾昴選手や藤原恭大選手。スラッガー候補としても通算22発で投手にも挑戦する多才な能力を持つ花咲・野村 佑希選手や、清宮選手とともにクリーンナップをつとめた早稲田・野村 大樹選手や29発の健大高崎・山下 航汰選手など現時点でも数多くの選手が揃います。ただ現段階では打撃に波があったり、守備に課題があったりなど成長が求められる選手が多い印象です。

 

 【高卒野手注目株】

健大高崎・山下 航汰選手 173センチ85キロ 右投げ左打ち(ファースト)

通算29発。春の選抜で満塁弾を2本放った小柄なスラッガー

聖光学院・矢吹 栄希選手 180センチ70キロ 右投げ左打ち(セカンド

打撃が売りの巧打のセカンド。1年時から注目されている

東海大菅生高校・田中 幹也選手 166センチ61キロ 右投げ右打ち(ショート)

俊足と高校生離れした守備センスを誇る小柄な内野手。取って投げるまでも早い

履正社・西山 虎太郎選手 180センチ66キロ 右投げ左打ち(ショート)

守備能力の高い長身ショート。二塁到達速度8秒以内の俊足も武器。

報徳学園・小園 海斗選手 177センチ73キロ 右投げ左打ち(ショート)

打撃能力の高いショート。守備に荒さこそあるもののセンスを感じられる能力を持つ

早稲田実・野村 大樹選手 172センチ80キロ 右投げ右打ち(サード

通算23発のスイングスピードが鋭い強打の内野手

花咲徳栄・野村 佑希選手 185センチ87キロ 右投げ右打ち(投手/サード

通算29発の強打の内野手。投手にも挑戦する器用さを持つ。

大阪桐蔭・根尾 昂選手  177センチ76キロ 右投げ左打ち(投手/ショート)

フルスイングが持ち味の長身野手。高い運動能力を誇る。

大阪桐蔭・藤原 恭大選手 181センチ78キロ 左投げ左打ち(センター)

打撃に波があるものの鋭いスイングを放つ左のスラッガー。守備・走塁センスもある

明豊・濱田 太貴選手 173センチ72キロ 右投げ右打ち(レフト)

 SB・今宮選手からセンスを褒められる外野手。高い打撃技術を持つ。

 

 

「日体大 松本」の画像検索結果

 

 次は大卒選手について。投手は右であれば日体大・松本航選手や東島選手を筆頭に名城大・栗林選手や東洋大・甲斐野選手などが挙がり、左腕であれば国学院大・山岡選手や、八戸学院大・高橋選手、富士大・鈴木 翔天選手など上位候補の先発・中継ぎが豊富です。ただ競合1位候補はまだ不在です。

 【大卒右腕注目株】

中央学院大・石井 聖太選手 179センチ76キロ 右投げ右打ち 

最速149キロ。球質が評価される右腕投手。スライダー・フォーク・カーブで緩急を織り交ぜる。

法大・菅野 秀哉選手  183センチ79キロ 右投げ右打ち

最速150キロ。手足の長さと多種多様な変化球が武器。ストレートの制球が課題

国学院大・清水 昇選手 180センチ80キロ 右投げ左打ち

最速150キロとスライダー、ツーシームが武器。完投・完封もこなすなど成長も見せる

東洋大・梅津 晃大選手 187センチ82キロ  右投げ右打ち

最速153キロ、3年秋まで体作りのため実績がないも、初登板で151キロを記録した注目株。

東洋大・甲斐野 央選手 185センチ75キロ  右投げ右打ち

最速152キロ、救援をつとめるパワー右腕。スライダーやツーシームなどもさえ、先発として実績をつめれば1位候補にもなれる存在

東海大・青島 凌也選手 178センチ78キロ 右投げ右打ち

最速146キロ。完全試合を達成したバランスのいい先発右腕。

日体大・松本 航選手  176センチ85キロ 右投げ右打ち

最速150キロ、伸びのあるストレートが武器の注目選手

日体大・東妻 勇輔選手 170センチ70キロ 右投げ右打ち

最速152キロ、小柄ながらストレートとスライダーを武器に先発をつとめる。

福井工業大・谷崎 龍選手 192センチ90キロ 右投げ右打ち

最速148キロ、長身から投げ下ろす速球が武器と縦の変化球が武器。

名城大・栗林 良吏選手 176センチ72キロ 右投げ右打ち

最速153キロ、セットアッパーとして期待される即戦力中継ぎ。

立命大・山上 大輔選手 182センチ80キロ 右投げ左打ち

最速149キロ。スプリットを織り交ぜ打ち取る先発右腕。

 

【大卒左腕注目株】

星槎道都大・福田 俊選手  170センチ75キロ 左投げ左打ち

最速148キロ。小柄ながら制球が武器の先発左腕。

富士大・鈴木 翔天選手   184センチ78キロ 左投げ左打ち 

最速149キロ、内角をつくストレートとスライダー、チェンジアップが武器。

八戸学院大・高橋 優貴選手 178センチ74キロ 左投げ左打ち

最速151キロ、高い奪三振率が武器の速球派左腕。

早大・小島 和哉選手    175センチ76キロ 左投げ左打ち

最速146キロ、多才な変化球で打ち取る先発左腕。

国学院大・山岡 就也選手  173センチ77キロ 左投げ左打ち

最速146キロ、打たせて取る投球術が持ち味。制球に課題を持つ

「東洋大 中川」の画像検索結果

 

 

 野手での注目は東洋大・中川選手と驚異の三振数の少なさの立命大・辰己選手が上がります。スラッガーならば九州共立大・岩城選手が挙がりますが、全体的にパワータイプは少ないです。外野手が候補こそ多いものの、鋭い当たりのライナータイプや俊足巧打、身体能力型が多く、クリーンナップが欲しい球団にとっては悩みの種です。

【大卒野手注目株】

上武大・ 吉田 高彰選手 180センチ80キロ 右投げ右打ち (捕手)

 走塁、リード評価の良いバランスのよい捕手。打撃よりも守備面の評価が高い

東洋大・中川 圭太選手 180センチ75キロ 右投げ右打ち(セカンド

 注目の右のスラッガー。春季リーグでは10試合3本を記録した。守備が課題

九州産業大・岩城 駿也選手 179センチ80キロ 右投げ右打ち(ファースト)

通算打率4割台を超える打撃が武器の内野手。守備が課題

日大・長沢 吉貴選手    172センチ62キロ 右投げ左打ち(センター)

ランニングホームランを記録した俊足巧打の外野手。

立命大・辰己 涼介選手   180センチ70キロ 右投げ左打ち(ライト)

脅威の三振数の少なさを誇る身体能力の高い中距離バッター。強肩も武器

法大・中山 翔太選手    186センチ90キロ 右投げ右打ち(ライト)

パワーが売りの大型外野手。ヤクルトとの代表戦で4打数3安打を記録した

 

 

 

 社会人選手については、投手豊作だった16年大卒ドラフト選手の解禁年であるため、16年で順位縛りによる指名漏れ、プロ志望を出さなかった選手の成長が期待されています。

【社会人投手注目株】

パナソニック・吉川 峻平選手 183センチ77キロ 右投げ右打ち(大卒)

 最速148キロ、シンカーを武器とし1年目から先発を任せられる右腕投手

日本通運・生田目 翼選手   176センチ84キロ 右投げ右打ち(大卒)

最速155キロ、怪我からの復活を目指す速球右腕。社会人では救援をつとめる。

JX-ENEOS・鈴木 健矢選手 176センチ75キロ 右投げ左打ち(高卒)

最速143キロ、制球に課題を持つ速球派サイドスロー。主に救援をつとめる

日本生命・高橋 拓巳選手   175センチ72キロ 左投げ左打ち(大卒)

最速146キロ、複数の変化球を武器とする左腕投手。主に救援をつとめる

Honda鈴鹿・平尾 奎太選手  188センチ82キロ 左投げ左打ち(大卒)

最速145キロ、スライダーとチェンジアップを武器に完投を記録する先発左腕。

トヨタ自動車・富山凌雅選手 189センチ82キロ 左投げ左打ち(高卒)

最速147キロ、スライダー、ツーシームを交えて内角を攻める投球が持ち味。

 

 全体的に投手に注目株が多いところですが、来年の春辺りになれば春季リーグが開催され、一回り大きくなった野手も出てくることでしょう。ただ田中正義選手や清宮選手のような、1年前から競合候補確実とされる存在がいないのが現状であるため、各球団はウィークポイントを1位で確実に取るといった流れになることが予想されます。