読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2018年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 6位指名 聖心ウルスラ学園 戸郷 翔征選手 高卒右腕投手

巨人からドラフト6位指名された聖心ウルスラ学園の戸郷翔征投手(18)が30日、打倒・ドラ1トリオを宣言した。8月のU18日本代表との壮行試合には、宮崎県選抜の一員として登板。代表チームには大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園がメンバー入りしていたが、根尾と藤原からは三振を奪うなど5回1/3を投げて9Kと圧倒。149キロ右腕は「プロでも抑えて、『戸郷には抑えられる』と言わせたい」と宣戦布告した。

 高校では球速が10キロほどアップしたが、フォームは固まり始めたばかり。まだまだ発展途上にある。「目標は大谷さん(エンゼルス)です。160キロを出したい。下半身や体幹を強化していければ」。この日は、宮崎・延岡市内の同校で井上チーフスカウト、武田スカウトの指名あいさつを受けた。元宮崎県知事の東国原英夫氏と同じ妻ケ丘中出身ということもあり「(根尾、藤原、小園を)“どげんかせんといかん”と思います」とちゃめっ気たっぷりに笑った。

 U18日本代表との試合では、根尾らが醸し出す雰囲気に驚きつつも「自分にとっての甲子園と思って投げました。(抑えたことで)『自分も負けていないかな』というのもありました」ときっぱり。趣味は釣りで、野球部引退後には70センチのタイをつり上げたという。「大きな魚を釣った時の達成は、野球と似ていると思います。根尾君たちは大モノ。釣り上げてやりたいですね。ゆくゆくは、巨人のエースになれるように頑張ります」。幼少時から巨人の宮崎キャンプを見て育ち、胸を躍らせてきた。今度は、戸郷が夢を与える番だ

【巨人】ドラ6戸郷“ドラ1キラー”宣言「プロでも抑える」 : スポーツ報知

 

 

 

 

【戸郷選手の紹介】

ãèå¿ ã¦ã«ã¹ã© æ¸é·ãtwitterãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

186センチ72キロ 右投げ右打ち

変化球:スライダー・カーブ・カットボール・スプリット

 

 ノーワインドアップから足を上げた後タメを作り、そこから強く腕を振り横手投げのフォームから最速149キロ、常時130後半のストレートを投げる右腕投手。武器はストレートよりも縦の変化球の豊富さ。ストレートに関してはまだコントロールしきれていない部分もあるため、空振り、カウントをとれる変化球を軸に投球を組み立てています。

 ウルスラでは2年生からエースとして先発しておりもともとドラフト候補の一人ではあったものの、大きく名をあげたのが宮崎代表として出場したU-18との試合内容。2番手として登板すると根尾・藤原・蛭間選手といった左打者を変化球で手玉にとり三振を連発。5(1/3)回5被安打9奪三振2失点と好投。特に代表の左打者に自分のスイングをさせなかった点を高く評価されました。

 


2018春高校野球九州大会 聖心ウルスラ戸郷投手vs明豊濱田選手第5打席

【なぜ獲得されたのか】

 巨人では山口鉄選手以降左の中継ぎが定着せず、FA獲得した森福選手も二軍暮らしの選手となっています。このため対左の中継ぎが課題となっていましたが、左の中継ぎは即戦力での獲得が難しく、補強ポイントの多い巨人は左の中継ぎに指名枠を割く余裕はありません。
 
 そのなかで候補となった理由は宮崎代表として登板したu-18との試合において、ドラフト一位の根尾・藤原選手や蛭間選手といった左バッターを変化球で手玉にとり、
広島はジョンソン選手こそいるものの中継ぎは右が多く、左右問わず抑えています。通常は左打者には左投手をぶつけるのがセオリーですが、左殺しの右腕投手がいるのなら、その投手を左へのセットアッパーにすればよいとなり、戸郷選手の獲得となりました。
 
 

【一軍起用への課題】

 左に比べ右打者にはあまりストレート・変化球が決まらず、それも結構な頻度で暴投になっていました。ランナーがいる場面でも同様の暴投が起きていたため、右も安定して抑えられなければ勝ちパターン・先発で起用するのは難しく、右打者に対しての制球改善が課題となります。