読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2019年に巨人がとるべきドラフト候補選手

 ドラフトも終わりFAで丸と炭谷、さらに自由契約の中島選手やメジャー契約破棄となった岩隈選手を獲得した巨人。外国人補強も行っており、後は調査中のリリーフ外国人が残っている状態です。内海選手つらい。

 そこで今回は19年のドラフト傾向も踏まえて巨人の2019年ドラフト戦略について考えていきたいと思います。19年のドラフト傾向については下記記事でご覧ください。

 

www.giantsdraft.site

 

 

 【投手について】

【1軍先発について】

ãç ã巨人ãå¬å¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

引用:読売巨人軍公式サイト

 まずは先発について。18年の先発は田口選手が調整失敗で戦力として計算できず、畠選手が急性腰痛で長期離脱、FA獲得の野上選手も期待された結果を残せませんでした。そんな中若手の中で燻っていた今村選手が今年コーチとなった杉内選手の指導によりスライダーが向上。さらに内海選手も復活しこの二人がローテを支えました。育成のメルセデス選手を急遽支配下登録し、完封を記録するなど期待以上の成果を残しました。ヤングマン選手も骨折で離脱したものの成長を見せる内容となっています。

 田口選手もMLBとの壮行試合ではストレートのキレが戻っており、来季は期待できそうな状態に戻しています。一方内海選手はまさかの西武に人的補償で移籍。投手の支柱だった内海選手の移籍は色々と大丈夫なのか不安になりますが、移籍する以上そう計算するしかありません。いや大丈夫じゃないわやっぱ

 さらに先発として起用された吉川選手が来季中継ぎとして起用される見込みとなっており、畠・山口選手が先発再転向予定のものの、先発ローテはかなりぎりぎりの状態となっています。それでは来季の1軍先発ローテについてみて見ましょう。

菅野ー山口(確約)

今村ーメルセデスー田口ー畠(濃厚)

野上ー岩隈(候補)

高田ー大江ー高橋ーヤングマン(チャレンジ)

 

 原監督は来年のローテについて、5枚を固定し6枚目は結果を残している若手の先発チャレンジ枠にすることを明言しています。現在二軍で一軍登板させられそうな選手は上記4名となっています。ただこのチャレンジ枠の問題は経験の少ない若手が投げるため、早々に降板する可能性もあります。中継ぎの薄い現状では負担が大きくなってしまうため、早期降板用にロングリリーフ枠に先発投手を回す必要があります。

 このように、現在の一軍ローテはかなりぎりぎりです。確約、濃厚枠の選手が一人でも離脱すれば総動員状態となるため、即戦力先発を1名獲得は必須となっています。また菅野選手以降のエース候補はまだ現れておらず、菅野選手のメジャー志向発言や年齢を踏まえれば、次代のエース候補の獲得も課題となっています。

【2・3軍先発について】

f:id:okimono:20181222195130p:plain

引用:読売巨人軍公式サイト

 18年では支配下、育成ともに投手で大卒・社会人は1位の高橋選手のみ。このため獲得された選手の多くが2・3軍で起用されることとなります。それでは18年獲得選手も踏まえて2・3軍ローテをみてみます。

2軍:大江ー高田ー大竹ーヤングマンー橋本(育)ー坂本工(育)ー(1軍漏れ)

3軍:与那原(育)ー直江ー横川ー戸郷ー平井(育)ー沼田(育)ー山上(育)

 

 こうみると2・3軍ローテも結構ぎりぎりです。来季大竹選手の引退の可能性もあり、2・3軍で投げさせ経験を積ませる選手も必要となります。もしエース候補の高卒選手を獲得するならここで投げさせることになりますが、現在の巨人は20~25歳の若手先発自体が少ないため、年齢バランスを取るためにも素材型の大卒・高卒投手をそれぞれ1名ずつ名欲しいところです。しかし来年の大卒は選手によっての能力にかなり開きがある年のため、無難に高卒投手二枚という手もあります。

 このため19年の先発候補獲得については、即戦力もしくはエース候補1名、下位で素材型2名というなかなか難しい内容になっています。

【1軍中継ぎについて】

ãé¬å 巨人 å¬å¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

引用:読売巨人軍公式サイト

 18年巨人低迷の原因にもなった中継ぎ陣の崩壊。このため18年ドラフトは中継ぎ候補の獲得が予想されましたが、結果はまさかの0名でした。ここで来年の1軍中継ぎ事情についてみてみましょう。

左:中川・池田・吉川

右:澤村・桜井・鍬原・マシソン・上原・谷岡・宮国・田原・新外国人

 

 鍬原・桜井選手が中継ぎに回ったことで数自体はある程度確保できています。しかしマシソン・上原選手は手術明けで投げれるかは未知数。鍬原・桜井選手は中継ぎ起用1年目。中川・谷岡選手はまだ勝ちパターン起用できる内容ではなく池田選手もスペ体質で離脱が多く、吉川選手は日ハム時代にリリーフ転向で失敗しています。アダメス選手は制球に課題持ち+外国人枠となり、ある程度計算のは澤村・上原・宮国・田原選手のみという状態です。

 またこの中でマシソン、上原選手は引退も近づく選手。中継ぎは消耗が激しいポジションであるため故障も多く、勝ちパターンの負担を減らすためにも計算できる中継ぎは今以上に必要になります。理想は左腕中継ぎを欲しいところですが、即戦力左腕はなかなか市場には現れないため、そちらは育てていくしかありません。一方で右腕も補強ポイントではあるものの、来年は即戦力となる社会人が不作年。先発や野手に上位を使いたいため、下位での獲得となり、勝ちパターン候補の獲得は難しくなっています。

  いくら足りないといっても不作年に複数名獲得は望ましくありません。このため中継ぎ候補は1名獲得と考えます。

 

【2・3軍中継ぎについて】

  若手中継ぎの候補についてはこちらも心もとない状況。

左:戸根・高木・山下亜(育)・森福

右:山川(育)・田中優(育)・高井(育)・堀岡(育)・ラモス(育)・アダメス

 

  一軍総動員となるため、ファームは育成選手だらけとなっています。ただ1年目の高卒投手は多くが短いイニングでの起用が多いため、先発枠で挙げた選手もどちらかといえば中継ぎとなります。ただ中継ぎについてはファームで投げさせる前提で獲得するのではなく、一軍から漏れた選手が修正のために投げる枠のため、ここは獲得数には挙げません。

 

【捕手について】

ãç­è°· 巨人 å¬å¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

引用:読売巨人軍公式サイト

一軍:小林・炭谷・大城・阿部

二軍:岸田・田中・宇佐見

三軍:高山(育)・小山(育)・広畑(育)

  今年は大城選手が一軍で活躍。二軍でも岸田選手が活躍しており、FAで炭谷選手を獲得したため、即戦力は獲得候補にはなりません。

   しかし若手捕手は岸田選手のみ。田中選手も中堅に近い年になっていますが、一軍起用には全体的にボリューム不足となっています。育成では高山・広畑・小山選手がおりますが、支配下になるほどではありません。

  このため小林・炭谷・大城選手の衰えに備え、高卒で捕手1名欲しいところとなっています。

 

内野手について】

【1軍内野手について】

f:id:okimono:20181222195746p:plain

引用:http://www.giants.jp/G/gnews/news_3910831.html

 岡本選手の大砲として結果を残し、吉川尚選手も怪我で離脱したものの期待できる成果を残しました。新人の田中俊選手も他の選手にないいやらしい粘りを武器に数字以上の印象を残しています。

 一方で坂本選手がショートとして1年戦うのは厳しくなっている兆候が見え始め、マギー選手も退団。世代交代の必要性が現実味を帯び、そのこともあり18年ドラフトでは根尾選手をポスト坂本選手として狙うも失敗。2位で増田選手を獲得しました。それでは来季の1軍内野手を見てみましょう。

ファースト:阿部・ビヤヌエバ・中島

 セカンド:田中俊・吉川尚・山本

 ショート:坂本・吉川尚・吉川大

  サード:岡本・山本・ビヤヌエバ

 やはり岡本選手と吉川尚選手の存在が大きいと感じられるラインナップ。全ポジションである程度選手が揃っています。

【2・3軍内野手について】

 まずは2軍について。中堅を大量に戦力外にしたことで弱体化が予想されましたが、北村・若林選手といった17年ドラフト組の活躍で見事連覇を果たしました。ここで来年の2軍内野手についてみてみます。

【2軍内野手

ファースト:宇佐見・和田

 セカンド:山本・若林・マルティネス

 ショート:増田・若林・湯浅

  サード:北村・山本

【3軍内野手

ファースト:山下(育)・折下(育)

 セカンド:田島(育)・比嘉(育)

 ショート:増田陸・黒田(育)

  サード:折下(育)・比嘉(育)

 ここ1・2年以外高卒野手をあまり取っていなかった影響がファームに出ています。全体的に小粒な選手が多く、今年ポスト坂本選手として通算34本塁打の増田選手と75発の山下選手を獲得しましたが、候補自体が少なく強打の高卒野手の獲得はまだまだ求められます。1軍には吉川尚・田中俊選手がおり、ファームでも若林・北村・山本選手がいるため大卒・社会人内野手は補強ポイントかといわれれば微妙なところです。

 ただ今年坂本選手が離脱した際、1軍内野手総動員状態となったことから1軍のスタメン内野手が一人離脱するとかなりぎりぎりとなります。若林選手は1軍内野で起用するには危なっかしさがあり、北村選手も1軍と2軍の打撃の壁をMLB,ウインターリーグで露呈しています。このため坂本選手、もしくは吉川尚選手が離脱した場合1軍でセカンド・ショート・サードができるのが岡本・坂本(吉川尚)・田中俊・山本・吉川大選手のみ。吉川大選手は守備固め要員で打力不足のため、中島選手がサードやセカンドという悪夢になる恐れもあります。

 来年は高卒ショートが俊足巧打型が多い傾向にあり長打力のある内野手が欲しい今の巨人の補強ポイントからははずれるため、1年目から1軍起用を見据え守備能力高い内野の年齢バランスをとり高卒社会人、もしくは大卒内野手を1名。それか来年は比較的長距離型が揃うサードポジションの長距離型高卒内野手を1名となります。

 

【外野手について】

【1軍外野手について】

ã丸 巨人 å¬å¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

引用:読売巨人軍公式サイト

センター:陽・丸・重信・立岡

 ライト:長野・亀井・松原

 レフト:亀井・ゲレーロ

 FAで丸選手を獲得し、センターと左の強打者を補強しました。しかしライトについては膝の故障により守備が劣化した長野選手を押しのける若手はおらず、亀井選手も年齢からかライト守備に陰りが見えています。陽選手をライト起用する案も一時ありましたが、強肩よりも守備範囲で勝負するタイプのため、ライト向きではありません。松原・重信選手といった若手もどちらかといえばセンタータイプとなるため、ライトができる大卒・社会人外野手は補強ポイントとなっています。

【2・3軍外野手について】

【2軍外野手】

センター:松原・若林・立岡

 ライト:加藤(育)・和田

 レフト:石川・和田

【3軍外野手】

センター:村上・笠井(育)・モタ(育)

 ライト:松井・加藤(育)

 レフト:荒井(育)・山下(育)

 

 2・3軍外野についても厳しいものとなっています。立岡選手はパワー不足。石川選手はレフト専にしては長打力不足。他の選手もまだまだ時間がかかる素材ばかりであり、1軍スタメンが見込める選手はいません。特にライトはまだ守備能力や三振率に課題を持つ和田選手に高卒1年目となる松井選手、そして育成の加藤選手と1~2年で出てこれそうな選手はいません。このためライトについては即戦力獲得が求められます。可能ならば高卒外野手も1名獲得しておきたいところですが、他のポジションの補強も求められるため、優先順位としては大卒・社会人外野手1名となります。

 

【19年ドラフトで獲得すべき選手】

 以上を踏まえ獲得候補層を振り返ります

 投手(4名)即戦力先発orエース候補を1名、下位で素材型2名、中継ぎ1名。

 捕手(1名)高卒捕手1名

内野手(1名)サードの高卒スラッガー1名or大卒・高卒社会人ショート1名

外野手(1名)ライトメインポジションの大卒・社会人外野手1名

 

 支配下については以上7名を獲得候補としました。具体的な指名選手については以下のようになります。

ã奥å·æ­ä¼¸ãtwitterãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

   1位:星陵・奥川 恭伸選手       高卒右投手

はずれ1位:明治大・森下 暢仁選手      大卒右投手

   2位:智弁和歌山 黒川 史陽選手  高卒左内野手

   3位:東洋大・佐藤 都志也選手     大卒左捕手(ただし外野手評価)

   4位:智弁和歌山・東妻 純平選手    高卒右捕手

   5位:大阪ガス・阪本 大樹選手    社会人右腕投手

   6位:興南高校・宮城 大弥選手      高卒左投手

   7位:羽黒・篠田 怜汰選手      高卒右腕投手