読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

強打を秘めた内野手 JR東日本 糸野 雄星選手 社会人右内野手

 

今秋のドラフト指名候補に、社会人野球JR東日本の4選手がリストアップされていることが4日、分かった。190センチの右腕・太田龍投手を筆頭に西田光汰投手、山口裕次郎投手、糸野雄星内野手。高卒3年目で“ドラフト指名解禁”となるだけに、プロ球団から注目を浴びている。

 鹿児島・れいめい高時代から逸材として知られていた太田は「真っすぐは自信があるので、変化球の精度を上げ、目標の都市対抗優勝へ、自分が引っ張っていく」と誓う。直球の最速は153キロ。長身を生かした角度もある。

 西田は最速147キロの右腕。「自分は野球で生きていくしかない。気合、投げっぷりでは、誰にも負けたくない」と言い切る。広島・野村をイメージした投球で、先発型を描いている。

 左腕の山口は、大阪・履正社高時代に寺島(現ヤクルト)と2本柱で活躍。ドラフトで日本ハムに6位指名されたが入団せず、社会人に進んだ。「体力作りからやってきて、次は3年目。寺島から、プロはどんな感じか聞いているので、自分がどうしていけばいいかは考えている」という。

 糸野も注目の内野手。すでに同世代が活躍するプロの世界を見据える。

JR東日本カルテット、少し気が早いですが…今秋ドラフトへ覚えておいて - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

 

 

【糸野選手の紹介】

ã糸ééæ JRãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

176センチ75キロ 右投げ右打ち

ポジション:セカンド・ショート

   経歴:明秀学園日立ーJR東日本

 

 JR東日本では8番・セカンドで起用されることが多い強打を秘めた内野手。セカンド以外でもサード・ファースト・レフトと複数ポジションで起用されています。

 高校時代はDenaに入団した同学年の細川選手とともにスラッガーコンビとして躍動。通算47発を残しプロ志望を出すも指名漏れ。JR東日本へ入社しています。

 打撃はシャープな振りでインコースも捌ける打撃技術をもち、ベンチプレス120キロのパワーも備えています。守備も遠投100mと決して強肩ではないものの、打球反応がよくセカンド守備が評価されています。


【一押し!高校生ドラフト候補 #2】糸野雄星(明秀日立)

【指名への課題】

 JR東日本入社後は長いスランプに入っており、打撃で結果を残せていません。都市対抗でも2試合で無安打に終わっており、2試合とも途中で代打を出されています。打撃に明らかに焦りが生まれており、高めや低めにもすぐに手を出してしまっており、明らかなボールゾーンでもバットが中途半端に出て空振りを取られています。

 

 自分の打てるゾーンを見定めて手を出さないところをはっきりと決められるならないとスランプからは抜け出せない状態となっています。

 

【指名順位予想】

 打撃のスランプが非常に長く、守備も無難にこなせますが守備型とされるほど特筆すべきものはないため、指名を受けるには打撃で結果を残してなんぼとなります。

 高卒社会人のため年齢も解禁年で21歳。このため今年無理に指名しなくとも大卒より若いため、解禁済になった後で結果を残せるようになってから指名しても遅くはありません。このため今年の時点では指名漏れの可能性が高い選手となっています。