読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ベテランのような落ち着きを放つ若手リリーフ JR東日本 西田 光汰選手 社会人右腕投手

性格も、投球スタイルも対照的な同い年右腕2人が、名門の投手陣を引っ張る存在になっている。JR東日本太田龍投手(20=れいめい)と西田光汰投手(20=大体大浪商)だ。

九州男児で口数の少ない太田は、190センチから投げ下ろす最速153キロの直球が最大の武器。重いボールをズドンと投げ込む。

大阪育ちの西田は笑顔がトレードマーク。すぐに周りと打ち解ける。球質は重さよりキレ。縦横のスライダー、カーブ、チェンジアップも駆使し、抑え込む。

ともに高卒3年目を迎え、今秋ドラフトから指名対象となる。チームスタッフは「今年は、2人ともチームを引っ張っていこうという気持ちが出ています」と目を細める。象徴的だったのが、5日の都市対抗予選東京第3代表決定戦。明治安田生命に3回に3点を先制されたが、その回途中から登板した太田が後続を断ち、流れを変えた。4、5回の計4得点の逆転を呼び込んだ。7回1死から安打を打たれると、西田が登板。9回まで投げ、2人で“無失点リレー”。1点差で逃げ切り、10年連続22回目の本戦出場を果たした。

お互いについて「ライバルとは思っていません」と口をそろえる。太田が「変化球や気持ちの強さ。西田には自分にないものがたくさん。勉強になる」と言えば、西田も「龍は、僕にない全てを持っている。直球が速いし、重い。フィールディングも良い。見習う部分は多い」。練習から気付いた点を伝え合っている。

同スタッフは「龍は鹿児島から上京して、苦労したと思う。同期は関西人ばかり。最初はいじられてたけど、野球で力を出すにつれ、言い返せるようになった」とも明かした。都市対抗本戦は7月13日に開幕。名コンビで、8年ぶりの頂点を狙う

JR東日本・西田、キレのある多彩な変化球が持ち味 - アマ野球 : 日刊スポーツ

 

 

【西田選手の紹介】

f:id:okimono:20190916171323p:plain

180センチ82キロ 右投げ右打ち

変化球:スライダー・カーブ・チェンジアップ

 経歴:大体大浪商JR東日本

 

 セットポジションから右腕をたたみながら足を上げ、テイクバックを小さくした腕の振りから最速148キロ、常時140前半のストレートを投げ込む右腕投手。縦に大きく落ちるスライダーと微妙に横に動く二種類のスライダーに少し沈むチェンジアップをメインに打ち取っていきます。

 アメリカキャンプに行った際にMLB元投手のグッデン氏より緩急の重要さを説かれ自らの投球に採用。投球テンポを意図的にバラバラにすることで打者のタイミングをずらし、甘いところにいったストレートでも打ち損じを狙えるようになっています。

 チームでは主にリリーフとして起用。指名解禁となる19年都市対抗では2試合4(1/3)回を投げ、無安打無失点と結果を残しています。

 


西田光汰(JR東日本)の投球シーン

【指名への課題】

 使える球種がスライダーとチェンジアップに限られるため、変化球の少なさに対して球威の弱さが課題となります。まだ通常時の球速は140前半で何とかなっていますが、クイック時になると130中盤にまで落ち込んでしまうため、ファールの比率が高くなっています。また変化球のコントロールもクイック時になると悪化し、特にチェンジアップがあまり落ちずに高めに抜けることが多くなっています。

 

 クイックになると大きく球威が落ち決め球のコントロールが悪くなってしまうのは、中継ぎとして見るには大きな課題となります。

 

【指名順位予想】

 球種に対して球速の物足りなさがあるため、即戦力として見るにはまだ厳しいものがあります。当初の課題だったコントロールの悪さはある程度改善されており、緻密といえないまでもストレートも変化球もコントロールできています。

 しかしクイックになると球速・変化球のコントロールが悪化するため、クイックになると長打性の当たりが増えることが予想されるため、すぐに1軍起用は難しい選手となります。2軍で球速アップとクイックの課題を直しながら、2~3年後に戦力となるのを見込みたい選手となります。このため指名順位は6~7位の下位指名となります。