読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2020年ドラフト候補の傾向。バランスはいいものの1位候補に困る年

 

 今年のドラフト指名を考える上で大事なのが来年のドラフト候補の傾向。来年はどこが豊作とどこが不作かで補強ポイントが変わってきます。

 今年、2019年のドラフト候補については「1・2位で誰を指名するかが重要となる年」としていました。そして来年2020年についてですが、来年の傾向は「どのポジションもまんべんなく揃っているが、抜きんでた選手がまだいない」となっています。

 

 

【現段階の1位指名候補は?】

 

f:id:okimono:20191012150529p:plain

 抜きんでた選手はいないわけですが、1位指名候補がいないわけではありません。代表的な選手が甲子園でも活躍した明石商・中森 俊介選手。最速151キロに高い伸びしろを期待されています。順調に成長すれば1位候補とされていますが、つまるところ、まだ1位指名確実な選手ではありません。

 東洋大・村上頌樹選手は3年時にはすでに東洋大でエース先発として起用されている右腕投手。コントロールの良さ・球の切れのよさが高く評価されており、即戦力先発が欲しいチームはのどから手が出るほど欲しい選手となっています。

 また野手であれば近畿大・佐藤 輝明選手が候補。糸井2世と称される恵体・身体能力を誇り、リーグ9本塁打を放つスラッガー。すでに1位候補と称されている内野手であり、野手の中では目玉選手の一人です。

 

 上武大・古川 裕大選手は打てる強肩捕手として期待される大型キャッチャー。3年春のリーグ成績はなんと4割5本塁打の打てる捕手。プロでも捕手としてみれるとなれば、一位指名筆頭となります。

  ここまで1位候補となりえる選手をあげていきましたが、どの選手もわかるとおり今後の成績次第といった評価が多くなっています。どの層もまんべんなく選手はいますが、抜きんでた選手がいないのが現状です。

 

【豊作ポジションはどこ?】

【①:社会人左腕投手】

f:id:okimono:20191012132127p:plain

 粒ぞろいのポジションは社会人左腕投手。20年時点で指名解禁となる大卒社会人左腕投手については、プロ志望を出さず社会人に進んだ選手が多く、それらの選手が目玉となります。

    代表的な選手がNTT東日本・佐々木選手や大学時代は登板実績が少なったものの、社会人代表に選考された最速150キロ、JX-ENEOS・藤井聖 。制球に課題があるものの最速150キロの伯和ビクトリーズ・園田龍矢選手がいます。他にもヤマハ・池谷選手やJR東日本・伊藤 将司選手と過去注目された選手の動向が注目されます。

 

【②:大卒投手】

  今年の森下選手のように早々から1位指名候補といった選手はいませんが、上位候補は揃っているのが大卒投手。この年の4年生は16年の高卒豊作年の選手たちであり、それらの選手が成長し即戦力として期待されるのが20年となります。

f:id:okimono:20191012132213p:plain

 特に東京六大学は注目リーグの一つです。高校時代は投打で注目、大学では投手として起用されている明大・入江 大生選手や常時140中盤を記録する左腕上位候補の慶応・佐藤 宏樹選手に最速154キロの先発右腕・木澤 尚文選手。左腕先発として復活した早稲田・早川隆久選手。2mの脅威の長身左腕・今西 拓弥選手。立教には長身サブマリンの中川楓投手。法政にはダブル左腕の鈴木 昭汰・鈴木 昭汰選手がおり、現在のリーグで先発起用されている選手の多くが3年生であり、先発が欲しいチームは六大学を見ていく形となります。

 

 首都大学リーグでも東海大に山崎・小郷選手や日体大の森選手といった選手がおり、他のリーグも上位候補がひしめく年。この中で誰が1位候補となりうるかが今後の注目ポイントです。

 

【不作ポジションはどこ?】

【①:高卒選手】

 明石商・中森選手を1位候補に挙げましたが、残念ながら全体では候補が少なく不作と言わざるを得ません。このため素材型高卒の多い19年に高卒投手を多く指名し、20年に大卒・社会人メインに補強する球団が多くなる可能性があります。

 【主なドラフト候補】

【高卒投手】

明石商・中森 俊介選手 181センチ79キロ 右投げ右打ち

最速151キロ、2年時から上位候補として注目される右腕投手

敦賀気比笠島 尚樹選手 177センチ71キロ 右投げ右打ち

最速145キロ、球速以上に伸びるストレートが魅力。監督が絶賛する逸材。

横浜・松本 隆之介選手 186センチ77キロ 左投げ左打ち

キレのある長身左腕。素材の良さが注目ポイント

【高卒野手】

履正社・関本 勇輔選手 175センチ80キロ 右投げ右打ち

阪神・関本選手を父に持つ強肩捕手。肩と打撃が魅力。

習志野・角田 勇斗選手 174センチ68キロ 右投げ右打ち

守備評価の高い堅守のショート。

花咲徳栄・井上 朋也選手 180センチ80キロ 右投げ右打ち

通算20発のライトを守るスラッガー

東海大相模・西川 僚祐選手 186センチ92キロ 右投げ右打ち

2年生ですでに45本塁打を放つ大型スラッガー

 

【大卒投手】

苫小牧駒澤大・伊藤 大海選手 175センチ80キロ 右投げ右打ち

最速154キロに多彩な変化球を操る。駒大を中退し駒澤大に入った異色の経歴を持つ

星槎道都大・河村 説人選手 192センチ85キロ 右投げ右打ち

最速150キロの長身右腕。亜細亜大中退後に道都大に入学している。

明治大・入江 大生選手 186センチ80キロ 右投げ右打ち

最速150キロでリリーフとして起用されている右腕投手。投打で注目された

慶大・佐藤 宏樹選手 179センチ73キロ 左投げ左打ち

最速151キロ、スライダーが武器のセットアッパー。先発として実績が期待される

慶大・木澤 尚文選手 182センチ78キロ 右投げ右打ち

最速154キロ、4年より先発として起用される本格派。

早大・早川 隆久選手 180センチ80キロ 左投げ左打ち

高校時代より注目された上位候補。一時不調に悩まされるも先発として復活した。

早大・今西 拓弥選手 200センチ90キロ 左投げ左打ち

2mという驚異の長身を誇る左腕投手。角度をつけたストレートで内角を突く。

立教大・中川 颯選手 184センチ79キロ 右投げ左打ち

サブマリン投法が武器の長身右腕。今後の実績に期待。

法政大・鈴木 昭汰選手 176センチ75キロ 左投げ左打ち

多くの変化球を武器とする左腕投手。高校時代より注目された。

法政大・石川 達也選手 178センチ72キロ 左投げ右打ち

独特のフォームから繰り出すスライダーが武器。高校時代藤平選手とともに注目された

東洋大・村上 頌樹選手 174センチ75キロ 右投げ左打ち

最速149キロ。先発として高く評価される即戦力候補。

立正大・倉田 希選手 181センチ82キロ 右投げ右打ち

最速145キロのサイドスロー。今後の実績に期待したい。

東海大・山崎 伊織選手 181センチ72キロ 右投げ左打ち

最速149キロ、多彩な変化球を誇るリリーフ

東海大・小郷 賢人選手 180センチ80キロ 右投げ右打ち

最速154キロにスライダーを武器する先発右腕。変化球の幅を広げることを求められる

日体大・森 博人選手 175センチ79キロ 右投げ右打ち

最速154キロ、3年より本格起用されている小柄な右腕投手。

【大卒野手】

上武大・古川 裕大選手 182センチ85キロ 右投げ左打ち

3年春に4割5本塁打を記録した強肩強打の大型捕手

慶大・ 瀬戸西純選手 177センチ77キロ 右投げ両打

堅守として注目される守備評価の高いショート。

東農大北海道オホーツク・タイシンガー・ブランドン大河選手 178センチ77キロ 右投げ右打ち

米国人の父を持つ身体能力を評価されるサード。投手としての肩も期待される。

中央大・牧 秀悟選手 178センチ80キロ 右投げ右打ち

大学代表で4番として起用された大型内野手。パワータイプ内野手として期待される

近大・佐藤 輝明選手 187センチ92キロ 右投げ左打ち

糸井2世として評価される大型内野手。20年大卒野手としてトップクラスの評価を受ける。

 

【社会人投手】

セガサミー・森井 絃斗選手 184センチ94キロ 右投げ右打ち

最速152キロの恵体投手。高卒社会人として伸びしろも期待される。

NTT東日本佐々木 健選手 178センチ80キロ 左投げ左打ち

最速152キロ、先発として期待される速球派左腕。

東京ガス・菅野 秀哉選手 183センチ73キロ 右投げ右打ち

最速150キロ、社会人での復活が期待される長身右腕。

東京ガス・寺沢 星耶選手 178センチ82キロ 左投げ右打ち

最速144キロ、先発として起用される制球型左腕。

JX-ENEOS・藤井 聖選手 175センチ73キロ 左投げ左打ち

最速150キロ、大学では登板が少なかったものの社会人で復活した

トヨタ自動車・栗林 良吏選手 178センチ80キロ 右投げ右打ち

最速153キロ、指名漏れに泣いた速球派右腕。

日本製鉄広畑・川瀬 航作センス 182センチ87キロ 右投げ右打ち

最速148キロのサイドスローNTT西日本戦では完封勝利を挙げ期待されるルーキー

 

【社会人野手】

JFE東日本・平山 快選手 181センチ88キロ 右投げ右打ち

社会人に入りさらなる飛躍を遂げているスラッガー内野手。1年目ながら4番で起用。

JFE東日本・今川優馬選手 176センチ80キロ 右投げ右打ち

スラッガーながら強肩でセンターも守れる外野手。
NTT東日本・向山 基生選手 184センチ80キロ 右投げ右打ち

俊足巧打ながら一発もある長身外野手

トヨタ自動車・逢沢 崚介選手 175センチ78キロ 左投げ左打ち

身体能力を評価される左打ち外野手。