読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

独特のテンポのフォームで打たせて取る Honda鈴鹿 井村 勇介選手 解禁済右腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain

 ◇28日 都市対抗野球東海地区2次予選・第2代表決定戦 ホンダ鈴鹿5―1ジェイプロジェクト(愛知・岡崎市民)
 第91回都市対抗野球大会(11月22日開幕・東京ドーム)の東海地区2次予選第2代表決定戦が28日、愛知県岡崎市岡崎市民球場で行われ、ホンダ鈴鹿鈴鹿市)がジェイプロジェクト(名古屋市)に5―1で快勝し、5年連続25度目の本大会出場を決めた。敗れたジェイプロジェクトは第4代表決定戦に回る。
 大黒柱に成長した2年目右腕が第2代表の座をもたらした。ホンダ鈴鹿の井村勇介投手(23)が被安打6、1失点で公式戦初完投。今予選3試合に先発して3勝と、まさにMVP級の活躍を見せた。井村は「先制してもらって、楽に投げさせてもらった。勝たせてもらったという感じ」と謙虚に話したが、丸井健太郎監督(43)は「ここまで立派になるとは…。柱として成長してくれた」と大絶賛した。
 最速147キロを誇る直球は、この日はほぼ130キロ台。それでも低めを突いたり、打者の打ち気をそらしたりと巧みな投球術で打たせて取った。「簡単には勝たせてくれない。焦らず、投げ急がずと言い聞かせた」と、併殺崩れの間に奪われた3回の1失点のみで投げきった。
 日の当たる野球人生を歩んだわけではない。高蔵寺高(愛知)から愛知大学2部リーグの至学館大に進学した。ホンダ鈴鹿には甲子園優勝経験者や、学生時代にプロから注目された選手も多いが「テレビで見た選手がいるなと思ったくらい。入れば一緒なので」。昨年までの絶対的なエースだった滝中(現楽天)がプロ入りし、今年は井村がその大きな穴を埋めた。次は「わくわくする」という東京ドームのマウンドを目指す。

ホンダ鈴鹿・井村が1失点完投 社会人2年目で大黒柱に成長…東京ドームのマウンドに「わくわく」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

 

  •  【井村選手の紹介】
  • 【指名への課題】
  • 【指名順位予想】

 

続きを読む

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  7位指名 創価大 萩原 哲選手 高卒左内野手

f:id:okimono:20200419215438p:plain

 巨人からD7位で指名された萩原(創価大)が31日、指名あいさつを受け、同じ左打ちの捕手だった阿部2軍監督への弟子入りを志願した。「聞けることは何でも聞いて、阿部さんの下でしっかりレベルアップできれば」。遠投120メートルの強肩に強打、大学で主将を務めるキャプテンシーが持ち味。「打撃で期待されていると感じました。バッティングで勝負していきたい」と決意表明した。

巨人D7位指名・萩原、阿部2軍監督に弟子入り志願 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

  • 【萩原選手の紹介】
  • 【なぜ指名されたのか】
  • 【1軍起用への課題】

 

続きを読む

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  6位指名 中京大 山本 一輝選手 高卒左内野手

f:id:okimono:20200419215438p:plain


 

巨人からドラフト6位で指名された中京大・山本一輝(いつき)投手(22)が25日、名古屋市内のホテルで仮契約した。契約金3500万円、年俸740万円(金額は推定)。最速147キロ左腕は「今はとても緊張していて、ようやくスタートラインに立ったかなと思います」と話した。

 球の出所が見えにくいフォームでしなやかな腕の振りが特徴。大卒で即戦力ピッチャーというだけに開幕1軍へ向け「その気持ちを持ってしっかりと取り組んでいきたい」と意気込んだ。

【巨人】ドラフト6位指名の中京大・山本一輝投手が仮契約 開幕1軍へ「その気持ちを持って取り組んでいきたい」 : スポーツ報知

 

  •  【山本選手の紹介】
  • 【なぜ指名されたのか】
  • 【1軍起用への課題】

 

続きを読む

安定した投球を見せる先発 東邦ガス 辻本 宙夢選手 解禁済右腕投手

 

f:id:okimono:20200419215438p:plain

東邦ガスにとっては悔しい敗戦となった。先発は辻本宙夢―氷見泰介の新人バッテリー。緊張するドームの舞台でも息の合ったコンビでパナソニック打線を封じ込んだ。
 「一番調子のいい投手を先発にした」と山田勝司監督も辻本を自信を持って送り出した。7回まで3安打。三塁を踏ませず、4回に挙げた1点を守ってきた。しかし8回に悪夢が待っていた。2死一、二塁のピンチに代打深瀬。フルカウント、123球目のカットボールだった。「外を狙ったのが真ん中に入ってしまった」と悔やんだ1球は左翼線に弾む逆転の2点適時打二塁打となった。

 「球数は投げていたけど、抑えていたからね。辻本は責められない。本当によく投げてくれた」と山田監督は新人右腕を労った。受けた氷見も「あの1球がね。よく投げてくれたし試合を作ってくれたのに残念」と辻本をかばった。

 「1年目だから吸収できることは全部吸収したい。この経験を次に生かした」駒大4年時は最優秀投手にも輝いた辻本は、そう言って前を向いた。

東邦ガス ルーキー・辻本、1球に泣く― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

  •  【辻本選手の紹介】
  • 【指名への課題】
  • 【指名順位予想】

 

続きを読む

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  4位指名 三菱パワー 伊藤 優輔選手 社会人右腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain

 

巨人はドラフト4位で三菱パワーの152キロ右腕・伊藤優輔投手(23)を指名した。

 高校時代は都小山台高で「都立の星」として甲子園出場。中大を経て社会人で腕を磨いた。

 身長178センチ、体重82キロの即戦力右腕。担当の円谷英俊スカウトは「しなやかできれいなフォームからバランス良く投球する本格派右腕。最速152キロの直球が一番の魅力だが、変化球も多彩でカーブで緩急をつけられ、カットボールフォークボールで空振りを取れる。けん制やクイックが速く、間を変えた投球も上手。非常に賢く図太い性格とタフさも魅力」とコメントした。

【ドラフト】巨人4位は三菱パワー・伊藤優輔、高校時代は「都立の星」円谷スカウト「152キロの直球が魅力」 : スポーツ報知

  •  【伊藤選手の紹介】
  • 【なぜ指名されたのか】
  • 【1軍起用への課題】

 

続きを読む

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  3位指名 中京大中京 中山 礼都選手 高卒右内野手

f:id:okimono:20200419215438p:plain


 

プロ野球ドラフト会議>◇26日

夢は「坂本完コピ」だ。巨人から3位指名を受けた中京大中京・中山礼都内野手(3年)は、名古屋市内の同校で晴れて会見した。

坂本勇人選手が同じポジションで、打てるショート。ずっと自分の憧れの存在でした。インコースのさばきを含めて超一流。打撃のことを聞きたい」。幼稚園の頃に野球を始めた。名古屋市出身だが、小学3年生のときに東京ドームを訪れ、巨人-ヤクルト戦を生観戦し「プレーを見て、一目ぼれました」と明かした。自宅にはタオルやユニホームなどグッズをそろえる、筋金入りのファンだ。

シュアに広角に打てる右投げ左打ちで、高校通算17本塁打だった。50メートル5秒9と3拍子そろい、素質豊かなショートとして評価は高い。生まれながらにして巨人と赤い糸で結ばれていた。命名したのは父慎也さん(45)だ。「らいと」と呼ぶ。当時、右翼手マリナーズイチローや巨人高橋由伸が大活躍。スター選手が由来だ。同じ左打ちであることから、中山は「高橋由伸さんは超一流。打撃のいろんな動画を見て参考にさせてもらった。すごく柔らかいからミート率も高くなります」と話した。

プロでの志は高い。「トリプルスリーが目標。思いを描いてやりたい。打って走って守れる選手になりたい。日本一の球団の戦力になれるよう、やれることをやっていきたい」と気合を込めた。

巨人3位の中京大中京・中山礼都「坂本完コピ」が夢 - プロ野球 : 日刊スポーツ

 

  •  【中山選手の紹介】
  • 【なぜ指名されたのか】
  • 【1軍起用への課題】

 

続きを読む

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  2位指名 東海大  山崎 伊織選手 大卒右腕投手

 

f:id:okimono:20200419215438p:plain

「発掘と育成の元年」にふさわしい男は、再来年の“即戦力”を目指す。

巨人ドラフト2位の東海大・山崎伊織投手(22)が10日、平塚市の同大学で大塚球団副代表らから指名あいさつを受けた。6月にトミー・ジョン手術を受けた最速153キロ右腕を、同副代表は「ケガしなければ3本の指に入っている評価。来年はリハビリに充ててもらって、来年のドラフト1位の選手を2人獲得したという形で期待してます」と評した。来季終盤に中継ぎで1軍を経験させ、再来年のローテ入りを望んでいる。

球団からの思いを受け山崎も焦りはない。現在はネットスローを再開しており「しっかり治してから。自分で制御をかけながら頑張っていきたい」。坂本の背番号「61」時代のユニホームを持つほどの巨人ファンは、大学の先輩でもある菅野との対面を心待ちにし「日本を代表するピッチャー。野球のことを一から聞きたい」と目を輝かせた

巨人2位東海大・山崎、再来年の“即戦力”を目指す - プロ野球 : 日刊スポーツ

 

  • 【山崎選手の紹介】
  • 【なぜ指名されたのか】
  • 【1軍起用への課題】

 

続きを読む