読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

低めに集められる制球力を持つ左腕 HONDA 中村 伊吹選手 社会人左腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain

 

 

【中村選手の紹介】


www.youtube.com

179センチ68キロ 左投げ左打ち

変化球:スライダー・カーブ・チェンジアップ

 経歴:星琳高 ー白鴎大ーHONDA

 

 セットから大きく足をあげたところでしっかりタメを作り、そこからスリークォーターよりも高い角度から投げ込むフォームから最続148キロ、常時140前半のストレートを投げ込む左腕投手。制球よく低めに集められるストレートを中心に、120キロ後半のスライダーに100キロ台の緩いカーブ、小さく変化するチェンジアップを駆使して打ち取っていきます。

 大学時代には2年時にエース先発が故障で離脱したことで先発として台頭。3年春のリーグでは防御率トップの成績を残すも、そこからフォームバランスを崩し成績が悪化。4年秋のリーグは1試合の登板に留まり、HONDAに入社しました。

 セガサミー戦で先発登板すると、低めに集まるストレートとスライダー・チェンジアップを組み合わせ、相手バッターにボール2つ分離れた空振りを連発。6回を投げて被安打4の無失点と結果を残しています。制球力のよい左腕投手として復活が期待されます。

 

【指名への課題】

 制球がよいスライダー・チェンジに比べカーブはリリースポイントが早いため抜け球が多く、カーブは武器として計算できていません。カーブだけ明らかに軌道やコースが異なるため、打者は迷うことなくカーブに対応することできています。スライダー・チェンジは抜け球はないものの、スカウトが注目するほどの特性があるものではなく、指名候補となるにはまだボリューム不足となります。

 スライダー・チェンジ共に大きく変化するタイプでなくストレートに似た軌道で空振りを取るタイプであるため、低めでもしっかりタイミングが合っており、外野深くに打ち込まれる当たりが多くなっていました。幸いアウトになっていましたが、巧打型が多い社会人野手相手で外野深めにまで飛ばされていることを考えると、プロでは押し返されると判断されてしまいます。

 変化量が少ない逃げる球だけではどうしても左打者のインコースに投げにくく、低めを狙わざるをえません。まだ大学1~2年ごろのしなるような腕のフォームには戻っておらず、今の状態で指名にかかるには、ツーシーム・シュート系を覚えるか、全体的にあと5キロアップのどちらかが最低ラインとなります。

 

 

【指名順位予想】

 ドラフト候補となるにはまだ全体的にスケール不足であり、現状では指名漏れの可能性が高くなっています。制球が良い左腕は貴重であり、投げ損じがないのは評価ポイント。140前半で変化球は実質2球種のみではさすがに指名は厳しく、あとは即戦力と評価されるための球速アップか変化球の習得が必要です。