読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

150キロ越えのストレートで押していく右腕 鷺宮製作所 小孫 竜二選手 社会人右腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain

都市対抗野球大会東京都2次予選:明治安田生命1-0鷺宮製作所>◇29日◇第4代表決定トーナメント1回戦◇大田スタジアム

都市対抗出場を逃した鷺宮製作所・小孫竜二投手(24=創価大)は「1点の重みを、あらためて感じる試合になりました」と切り出した。

明治安田生命に0-1の惜敗。先発で5回まで投げ、犠飛による1点のみに抑えたが、それが決勝点となった。

敗れはしたが、成長は見せた。2回には自己最速を3キロ更新する155キロを計測。今年の春先、制球を意識し過ぎて腕の振りが弱くなった。球速は142、3キロまで落ちた。トレーニングと投げ込みを重ね、直球の強さを取り戻した。この日も、走者を抱えても直球で押し込んだ。「平川さん、野口さん2人だけのチームにはしたくない」と先輩投手たちを目標に鍛錬を重ね、主戦に成長。ドラフト候補にまでなった。運命の日が迫る。高校、大学と指名漏れが続いた右腕は「待つだけなので」と、冷静に“10・11”を待つ。

鷺宮製作所・小孫竜二 最速155キロも都市対抗逃し「1点の重み」知る - アマ野球 : 日刊スポーツ

 

【小孫選手の紹介】


www.youtube.com

180センチ85キロ 右投げ右打ち

変化球:スライダー・カーブ・フォーク

 

 セットから軸足をあまり曲げずに、タメを作らない動きで上半身を大きく突っ込ませ振り下ろすフォームから最速155キロ、常時140後半のストレートを投げ込む右腕投手。130前半のチェンジアップのように落ちるスライダー、130中盤の小さく弧を描いて落ちるフォークでうちとっていきます。

 チームでは主に先発で起用。力あるストレートを主体に都市対抗東京2次予選では3試合に登板し12(2/3)イニング4失点で防御率2.8を記録。春先は制球を重視したために腕の振りが弱くなり、球速も140前半にまで落ち込んでいましたが、体づくりと投げ込みで力強いフォームを復活させ、都市対抗では最速を4キロも更新する最速155キロを記録するまでになりました。

 

【指名への課題】

 課題はコントロールの悪さ。軸足を曲げずに上半身を突っ込ませて投げるため、上半身と下半身が連動しておらず、上半身だけで投げるようなフォームとなっています。またしっかりタメを作らないことに加え上半身を大きく突っ込ませるためフォーム自体も安定しておらず、リリースポイントもばらばらとなり変化球もシュート回転し、左打者に対し安定した変化球を投げられていません。

 変化球が安定しないためストレートに頼った投球となっており、150キロを超えることも多いストレートなのにも関わらずカットされる場面が目立っています。現状のフォームでは制球が安定しないため大卒社会人ながらフォーム改造に着手しなければならない素材型となります。

 

 

【指名順位予想】

 フォームが安定し下半身もしっかり使えるフォームになればさらなる球速アップも期待できますが、高卒社会人であればともかく、大卒社会人となると制球に課題を持ち変化球の決め球がないのは大きな欠点となります。

 ものになればパワータイプピッチャーとして期待されるため、2軍漬けとなる社会人として指名順位は8~10位となります。