読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2019年ドラフト候補の傾向。1・2位で誰を指名するかが勝負となる年

 今年のドラフト指名を考える上で大事なのが来年のドラフト候補の傾向。来年はどこが豊作とどこが不作かで補強ポイントが変わってきます。

 今年、2018年のドラフト候補については「上位候補は多いが1位候補には困る年」としていました。そして来年2019年についてですが、来年の傾向は「1・2位で誰を指名するかが重要となる年」となっています。

 

 【1・2位候補で悩む年】

ã西 ç´ç¢ twitterãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 19年の目玉選手といえば、高卒ならばすでにドラフト1位候補と評価される星陵・奥川 恭伸選手や2年生で最速157キロを出した豪腕、大船渡・佐々木 朗希選手。そして縦スラが武器の創志学園・西 純矢選手、1年生のころから注目された日大三・井上 広輝選手。そして左腕ながら最速150キロを出した横浜・及川 雅貴選手が注目されています。

 そして大卒は東京六大学が注目されています。左腕トップクラス評価の立教大・田中 誠也選手は春に肘を痛め調子を落としていますが能力は群を抜いています。明治大の森下 暢仁・伊勢 大夢の2大先発看板が台頭。野手でも3年から伸び悩んでいるものの、スラッガーとして資質は大学離れした早稲田・加藤 雅樹選手。そして最多安打を狙う安打製造器、慶応大・柳町 達選手が注目。六大学以外であれば怪我をした青島選手の代わり3年で防御率1点台を記録する東海大・原田 泰成選手です。

 

【問題は3位以下】

 問題はここから。注目候補としてたくさんの選手が挙がり「なんだ豊作年じゃないか」と思うかもしれません。しかし今紹介した選手は1・2位指名の評価が頭一つ抜けた選手たちであり、1・2位と3位以下で言い方は悪いですが、選手評価に大きな開きが発生しています。18年のように上位候補に悩む年でなく、1・2位で誰を指名するかで大きな駆け引きが発生してきます。

 言い換えれば1・2位候補ははっきりしているが、それ以下の順位が非常に混迷しているということです。18年は去年から候補選手の情報が数多く出ていましたが、19年は選手によって情報量にかなりの偏りが出ています。

 

【社会人は不作年】

 1・2位候補で高卒・大卒が出ましたが社会人は誰もあげませんでした。残念ながら社会人については全体的に小粒です。まだ高卒社会人については、今年解禁となる選手は高卒投手豊作年だった16年の選手のため、JR東日本に大型右腕、太田龍選手やリリーフ、西田 光汰選手がいます。しかし19年の大卒社会人は小粒だった17年大卒選手のため、上位候補になるほどの選手はまだ台頭していません。

 野手は高卒社会人の16年は不作年、大卒の17年も上位となる選手はまだ出ていません。このため社会人は現在のところ不作年の可能性が高くなっています。

【高卒選手の候補について】

【投手】

大船渡・佐々木 朗希選手 189センチ81キロ 右投げ右打ち

189センチで最速157キロの大型投手。高卒目玉トップ3にあげられている一人

花巻東・西舘 勇陽選手 184センチ76キロ 右投げ右打ち

最速142キロの細身の右腕投手。1年次から登板し注目されている。

日大三・井上 広輝選手 180センチ76キロ 右投げ右打ち

最速150キロを記録した先発投手。将来性を期待されている 

星稜・奥川 恭伸選手 183センチ82キロ 右投げ右打ち

最速150キロ、2年ながら星陵のエース先発をつとめ、2年生時点ですでに1位クラスと評価される。

菰野・岡林 勇希選手 176センチ67キロ 右投げ左打ち

広島育成1位・岡林飛翔選手の弟。最速148キロに2打席本塁打も放つスラッガー 

創志学園・西 純矢選手 184センチ79キロ 右投げ右打ち

最速150キロ、縦スラを武器に高い奪三振率を誇る未来のエース候補。奥川・佐々木選手ともにTOP3に評される。

横浜・及川 雅貴選手 183センチ74キロ 左投げ左打ち

最速152キロ、スライダーが大きな武器。高卒左腕トップクラスと評価される。

近江・林 優樹選手 170センチ70キロ 左投げ左打ち

ストレートと同じ振りから投げるチェンジアップと制球力が武器。

興南・宮城 大弥選手 173センチ70キロ 左投げ左打ち

最速143キロ、捻りをきかせたフォームから多彩な変化球を駆使する

 

【野手】

星稜・山瀬 慎之助選手 177センチ82キロ 右投げ右打ち(捕手)

遠投120mに加えスローイングの速さと正確さも武器の強肩捕手

近江・有馬 諒選手  181センチ77キロ 右投げ右打ち(捕手)

遠投100m、リードと強肩が評価される守備型捕手。打撃が課題

智弁和歌山・東妻 純平選手 172センチ74キロ 右投げ右打ち(捕手)

小柄ながら遠投125m高校生トップの強肩を誇る。

東邦・石川 昂弥選手 185センチ81キロ 右投げ右打ち(サード)

強肩サードのスラッガー。投手としても登板することがある。

智弁和歌山・黒川 史陽選手 180センチ80キロ 右投げ左打ち(セカンド・レフト)

一年上の林選手とともにクリーンナップを担うスラッガー。スイングの質は林選手以上の魅力を持つ

横浜・小泉 龍之介選手 171センチ72キロ 右投げ右打ち(センター)

 1番ながら強打も魅力の小柄な外野手。スーパー1年生として注目された

酒田南・伊藤海斗選手 185センチ85キロ 右投げ左打ち(ライト)

中日三位・石垣選手も超える左のスラッガー。1年生から4番で起用され、体がねじれるほどのフルスイングが魅力。

 

【大卒選手の候補について】

【投手】

東北福祉大・津森 宥紀選手 177センチ78キロ 右投げ右打ち

最速149キロの変則サイド。リーグ通算防御率0点台を記録

明治大・森下 暢仁選手 181センチ72キロ 右投げ左打ち

最速154キロ、高校時代より上位候補とされた明治大のエース投手

明治大・伊勢 大夢選手 180センチ83キロ 右投げ右打ち

サイドスローながら最速150キロ、球速以上のキレがあるストレートが武器。

創価大・杉山 晃基選手 180センチ77キロ 右投げ右打ち

荒さは残るものの最速154キロのストレートが魅力の注目株。

東海大・原田 泰成選手 180センチ82キロ 右投げ右打ち

3年ながら東海大でエースとして君臨する。安定性が魅力

日本体育大・吉田 大喜選手 175センチ77キロ 右投げ右打ち

最速149キロ、徐々に頭角を現し始めた右腕投手。

大阪商業大・大西 広樹選手 176センチ80キロ 右投げ右打ち

最速148キロ、3年春のリーグ防御率0点台の安定性を誇る関西注目株

立教大・田中 誠也選手 173センチ65キロ 左投げ左打ち

大卒左腕No.1の評価を持つ立教大のエース。落差ある変化球とコントロールの良さが武器。

大阪商業大・橋本 侑樹選手 181センチ70キロ 左投げ左打ち

大西選手ともに先発看板をつとめる左腕投手。スライダーとフォークが武器。

【野手】

 慶應義塾大・郡司 裕也選手 180センチ83キロ 右投げ右打ち(捕手)

遠投100m、慶応で1年より正捕手として起用される期待の大卒捕手。

東洋大・佐藤 都志也選手 180センチ80キロ 右投げ左打ち(捕手・ライト)

U-18でレーザービームを魅せた強肩強打の打撃型捕手。通算6本

国際武道大・勝俣 翔貴選手 180センチ80キロ 右投げ左打ち(ファースト・サード・レフト)

強肩強打のサード。打撃にムラがあるものの高校時代より注目された選手。

早稲田大・加藤 雅樹選手 185センチ85キロ 右投げ左打ち(レフト・ライト)

2年にリーグ4本塁打を放ったスラッガー。伸び悩むもののその素質はトップクラス

慶応大・柳町 達選手 180センチ72キロ 右投げ左打ち(ショート・センター)

最多安打を狙う安打製造器。通算5本と長打力も身につけている俊足巧打の選手。

法政大・舩曳 海選手 180センチ73キロ 右投げ左打ち(センター)

高い脚力を武器に広い守備範囲を武器とする俊足巧打の選手。

 

【社会人選手の候補について】

【投手】

JR東日本・太田 龍選手 190センチ83キロ 右投げ右打ち(高卒)

最速153キロ、先発として起用される大型投手。伸び代の評価が高い

JR東日本・西田 光汰選手 180センチ82キロ 右投げ右打ち(高卒)

最速147キロ、JRでリリーフとして都市対抗で好投した。

大阪ガス・阪本 大樹選手 169センチ74キロ 右投げ右打ち(大卒)

大学ではリーグ防御率0点台を記録した小柄な投手。大阪ガスでは主に先発として起用

【野手】

日本通運・諸見里 匠選手 170センチ72キロ 右投げ右打ち(ショート)

小柄ながらも強肩と巧打を武器とし広い守備範囲も誇る。

 

日本通運・内海 大寿選手 180センチ84キロ 右投げ右打ち(ライト)

1年目からライトで起用される大型選手。都市対抗では強肩を披露した