読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2021年読売ジャイアンツ育成指名を振り返る。ウィークポイントを押さえた指名

21年の育成指名は当初の宣言通り10名の指名で終わりました。投手・外野手を中心とした指名で、ただ想定していたよりも素材型の指名が多く、独立リーグの指名は1名のみで終わりました。 それでは育成指名を振り返りたいと思います (adsbygoogle = window…

2021年読売ジャイアンツ支配下指名を振り返る。1位に不安が残る投手徹底補強

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日) 巨人・原辰徳監督(63)が11日、ドラフト会議を総括。1位の関西国際大・翁田体勢投手(22)ら支配下で7選手を指名し、「もう90点以上ですね。上位指名はもちろ…

鬼肩の強肩捕手 国学院大 福永 奨選手 大卒右捕手

<東都大学野球:国学院大9-1駒大>◇第3週第1日◇27日◇神宮 ドラフトへ向け、猛アピールだ。プロ志望届を提出している国学院大の福永奨捕手(4年=横浜)が、3試合ぶりに4番に復帰。3安打4打点の活躍で勝利に導いた。 1-1の同点で迎えた5回表、2死一、二塁…

1年生からフル回転の右腕投手 早稲田大  徳山 壮磨選手 大卒右腕投手

◆大学野球オープン戦 ▽早大10―0玉川大(3日・早大安部球場) 大学最後のシーズンへ弾みを付けた。早大のMAX151キロ右腕・徳山壮磨(4年=大阪桐蔭)が、首都大学リーグ2部・玉川大戦でリーグ戦開幕前最後の実戦登板に臨み、5回を4安打4奪三振…

2022年ドラフト選手の傾向。大卒野手豊作。ドラフト1位は今後に期待の年

2021年のドラフト会議が迫る中、ドラフトを考える上で大事なのが翌年のドラフト傾向。翌年の豊作なポジション、不作なポジションを把握しておくことで今年のドラフト戦略を予想することが出来ます。 そして22年のドラフトの傾向ですが、「久しぶりの大…

第3回(最終回)2021年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成6~10位】

今回は育成6位~10位となります。 【育成6位指名候補①】信濃グランセソーズ 鈴木 駿輔選手 独立リーグ右腕投手 【育成6位指名候補②】滋賀オセアンブラックス 吉村 大祐選手 独立リーグ右腕投手 【育成7位指名候補①】滝川第二 加藤 洸稀選手 高卒左腕投…

第3回(最終回)2021年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1~5位】

プロ志望届が締め切られ、巨人のドラフト戦略についてある程度情報が出てきました。このため指名方針を軸に行います。支配下は5~6名。育成10名とされているため、今回の指名はそれに準拠した人数となります。 今回は以下のルールで行います。 ①支配下は…