読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2023年ドラフト候補-社会人選手

一回り成長し即戦力が期待される先発右腕 三菱重工West 竹田 祐選手 社会人右腕投手

悲願のプロ入りへ結果を残す。三菱重工West・竹田祐は言葉に固い決意をこめる。「頑張らないと置いていかれてしまう。先輩も同級生も(プロで)活躍していましたし、自分も行きたい」 11月の日本選手権では自己最速を更新する150キロを計測。3試合登板(先発…

ガッシリとした恵体スラッガー 日立製作所  東 怜央選手 社会人右内野手

新たな挑戦とともに、社会人デビューに臨む。日立製作所の東怜央は、学生時代から慣れ親しんだ一塁に加え、三塁にも取り組む。「個人としてプロ野球という世界に入るためには一塁だけでは厳しい。まだまだ捕球だったり送球の面で課題はたくさんあります」と…

長打も打てる俊足巧打者 日立製作所 佐々木 俊輔選手 社会人左外野手

第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第3日の1日、京セラドーム大阪で1回戦があり、日立製作所がJR九州を6―3で降し、4大会ぶりに2回戦に進んだ。 日立製作所が粘るJR九州を振り切った。三回に佐々木が先制の2点本…

総合力が評価される内野手 日本通運 木村 翔大選手 社会人右内野手

<東都大学野球2部:拓大4-1東洋大>◇第1週第1日◇29日◇等々力 1部から降格した東洋大は、開幕戦を落とした。プロ志望届を提出した今秋ドラフト候補の木村翔大内野手(4年=霞ケ浦)は、4打数無安打とNPB7球団のスカウトの前で不本意な結果だった。 7月には…

球威あるストレートで押していく投球が武器 NTT東日本 吉松 塁選手 社会人左腕投手

◇社会人野球日本選手権準々決勝 NTT東日本4─1東京ガス(2022年11月7日 京セラD) NTT東日本のルーキー・吉松塁投手が4回0/3を1失点に抑え、チームを2年連続の準決勝に導いた。ふだんはワンポイントもこなす中継ぎ左腕で、公式戦初先発。練習試合でも4月の日…

社会人で急成長する先発右腕 Honda熊本 髙橋 聖人選手 社会人右腕投手

◇第47回社会人野球日本選手権大会 2回戦 Honda熊本1-3三菱重工East(2022年11月6日 京セラD) 2006年の33回大会以来のベスト8を逃したHonda熊本の収穫は、新人・高橋聖人投手の力投。立ち上がりに1点を許したが、以後は立ち直り、6回途中まで追加点を与えな…

独特のタイミングで投げ込む左腕 パナソニック 井奥 勘太選手 社会人左腕投手

◇社会人野球日本選手権2回戦 パナソニック0─2トヨタ自動車(2022年11月4日 京セラD) パナソニック(近畿・大阪)は、トヨタ自動車(東海・愛知)に敗れ、2回戦敗退に終わった。 打線はトヨタ自動車先発・松本健吾投手の攻略に苦しみ、内野安打1本のみと得点…

準硬式から転向した右腕投手 王子 高島 泰都選手 社会人右腕投手

社会人野球の日本選手権東海地区予選は12日、愛知・岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで第1代表決定トーナメントの2回戦2試合を行い、トヨタ自動車(愛知)は西濃運輸(岐阜)に2―0で完封勝ちした。王子(愛知)は東邦ガス(愛知)に5―1で勝ち、初戦を突破し…