読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2018年読売ジャイアンツ支配下指名を振り返る  高卒大量指名の投資型指名

中継ぎ・・・ナカツギ・・・一人もイナイヨ・・・?

 

 そんなわけでまさかの6名指名で終了した18年支配下指名。内訳はまさかの1位以外みんな高卒指名というまた極端なドラフト展開となりました。今年の失速の要員は中継ぎの薄さであったため、1名は最低でも指名すると思っていましたが、まさかの中継ぎ0名という異常事態。1年目の宮本コーチが早速胃に穴が開きそうですね。

 それでは各指名選手とその指名の思惑を考えたいと思います。

 

 

【1位指名】 八戸学院大 高橋 優貴選手 大卒左投手

 ãå«æ¸å­¦é¢å¤§ãé«æ©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 2位指名として挙げていた候補でしたが、根尾・辰巳選手とはずした中ではずれはずれ1位での繰上げという形での指名となりました。最速152キロの速球派でしたがその後は伸び悩み、4年に制球重視にスタイルチェンジしています。即戦力というよりも素材型の面が強い選手ですが、内海選手の衰えと田口選手以外の左腕先発がいないことからの指名と思われます。

 

 

【2位指名】明秀学園日立 増田 陸選手 高卒右内野手

f:id:okimono:20181016191810p:plain

 根尾選手をはずした際のポスト坂本選手候補として2位指名に挙げていた選手。天理・太田選手が指名されたことで残った増田選手が指名となりました。

 その特徴は打撃・守備ともに良くも悪くも派手。打撃はインコース捌きは光るものを感じますが、アウトコースへの対応はまだまだ。守備も広い守備範囲を誇るものの送球にはまだ課題を持っています。このため守備を鍛えながら3軍で起用していく形となります。

 

【3位指名】松商学園高 直江 大輔選手 高卒右腕投手

f:id:okimono:20181025212054p:plain

 ここはまさかまさかの3位指名。184センチ77キロで最速145キロと現状では物足りなさを感じますが、1年生のころより登板してきた選手で多数の変化球を扱う本格派。このため完成型としての評価に思えますが、直江選手の評価はフォームの柔らかさの指先の強さなど素材と伸び代の評価が高くなっています。担当は来季よりコーチになった木佐貫コーチが担当していた選手であり、それこそ木佐貫コーチのような選手になることを期待される選手です。

 

 このためすぐには投げさせず体作りをさせながら、高田選手のように夏の終わり辺りに徐々に登板させていく形になると思われます。将来的な先発ローテとしての獲得となります。

 

【4位指名】大阪桐蔭高 横川 凱選手 高卒左腕投手

ã横å·ãå± twitterãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 まさかまさかのロマン枠指名。190センチの大型左腕ですが、一方制球難をもっており、2年春の選抜では1/3イニング4失点という見るも耐えない結果となっています。一方はまった試合では190センチの長身から130後半から140台のストレートで相手を圧倒します。

 このため来季より引退してコーチになった杉内コーチの手腕が試される選手。安定性が課題となるため、非常に時間がかかることは覚悟しなければなりません。

 

【5位指名】折尾愛心高 松井 義弥選手  高卒左内野手

f:id:okimono:20181025212406p:plain

 191センチ88キロ、名前もあり九州のゴジラと称される通算40発の左のスラッガー。左のスラッガー候補は巨人の急募のポジションであり、根尾選手、辰巳選手といった左の選手が指名できなかったこともあり、左の恵体選手として獲得となっています。

 

 起用については技術のようが課題の選手であり、技術を鍛えるためにも1年目からどんどん起用される選手となります。スラッガーながら足も速く外野手としても起用されていたため、育成1位で山下選手を獲得したこともあり、ライトで起用される可能性があります。

 

【6位指名】聖心ウルスラ高 戸郷 翔征選手 高卒右腕投手

ãæ¸é·ãç¿å¾ twitterãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 U-18相手に宮崎代表で好投した右腕投手。特に左相手に対し圧倒しており、指名においてもU-18での内容が高く評価されたようです。先発よりも勢いを活かしセットアッパーとしても見たい選手。今後は右打者の打ちとりが課題となります。

 

【指名内容について】

 なんと1位以外みんな高卒指名となり、問題となっていた中継ぎ層の強化は今回も行われませんでした。長谷川スカウト部長は「力のある順に指名しただけ」と語っており、高卒に偏ったことについて大きな拘りはないように語っています。しかし岡本選手が4番として最年少で3割30本100打点を達成したことから、大卒・社会人に走るのではなく、高卒からスラッガーを育てるという方針を後押しした可能性はあります。今年の大卒・社会人野手はスラッガー候補が少なかったことも高卒偏重指名の理由の一つかもしれません。

 

 しかしここ数年の巨人にはなかった伸び代、ロマン重視指名。原監督により俊足巧打型が集められるのではないかとひやひやしていましたが、コーチ陣も一新されたこともあり、チーム再建の意志を示したという点は評価できると思います。