読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2022年ドラフト候補

パームを操るタイミングが独特な投手 九産大 渡辺 翔太選手 大卒右腕投手

<明治神宮大会:国学院大4-0九産大>◇大学の部2回戦◇23日◇神宮 九産大(福岡6大学)は国学院大に0-4の完敗で、10年秋の4強以来の初戦突破はならなかった。 最速151キロ右腕、渡辺翔太(3年=北九州)が、シンカー気味に落ちるという新球スプリーム(ツー…

低めが伸びる速球投手 神奈川大 神野 竜速選手 大卒右腕投手

<明治神宮大会:神奈川大2ー1龍谷大>◇大学の部1回戦◇20日◇神宮 来秋ドラフト注目の最速152キロ右腕・神奈川大の神野竜速(りゅうどう)投手(3年=西武台千葉)が、初めての全国の舞台で躍動した。6回を3安打6三振。「直球でうまく振らせていこうと意識し…

リードが光る大型捕手 上武大 小山 忍選手 大卒右捕手

九回裏無死満塁、上武大の代打、三山吾郎が中犠飛を放ちサヨナラ勝ちを決めると、選手は一斉にベンチを飛び出しがっちりと抱き合った。最終戦にふさわしい、引き締まった投手戦を繰り広げた先発右腕の加藤泰靖は「味方が点を取るまで絶対に点を与えないと、…

地方大会5割越えの切り込み隊長 国学院久我山 齋藤 誠賢選手 高卒左外野手

<明治神宮大会:花巻東-国学院久我山>◇高校の部1回戦◇20日予定◇神宮 国学院久我山は開幕試合で花巻東と対戦する。強い結束力を武器に、都大会では帝京、日大三、二松学舎大付といった強豪たちを力でねじ伏せた。決勝戦を9回逆転サヨナラで勝利した勢いそ…

手足の長さを活かした変化球が武器 明秀日立 猪俣 駿太選手 高卒右腕投手

<秋季関東大会:明秀日立5-2木更津総合>◇6日◇準決勝◇J:COMスタジアム土浦 明秀日立(茨城1位)が序盤から得点を重ね、17年以来4年ぶりの決勝進出を決めた。 2回2死一、三塁で一塁走者がスタートを切り、三塁走者の佐藤光成(こうせい)外野手(2年)が送…

読売ジャイアンツが2022年にとるべきドラフト選手

21年ドラフトは投手6、外野手1という投手中心指名となった支配下指名。早速気になるのは来年巨人はどのような指名を行うか。今年の選手層や来年のドラフト市場を踏まえて予想したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【…

2022年ドラフト選手の傾向。大卒野手豊作。ドラフト1位は今後に期待の年

2021年のドラフト会議が迫る中、ドラフトを考える上で大事なのが翌年のドラフト傾向。翌年の豊作なポジション、不作なポジションを把握しておくことで今年のドラフト戦略を予想することが出来ます。 そして22年のドラフトの傾向ですが、「久しぶりの大…