読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人-投手

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  6位指名 中京大 山本 一輝選手 高卒左内野手

巨人からドラフト6位で指名された中京大・山本一輝(いつき)投手(22)が25日、名古屋市内のホテルで仮契約した。契約金3500万円、年俸740万円(金額は推定)。最速147キロ左腕は「今はとても緊張していて、ようやくスタートラインに立った…

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  4位指名 三菱パワー 伊藤 優輔選手 社会人右腕投手

巨人はドラフト4位で三菱パワーの152キロ右腕・伊藤優輔投手(23)を指名した。 高校時代は都小山台高で「都立の星」として甲子園出場。中大を経て社会人で腕を磨いた。 身長178センチ、体重82キロの即戦力右腕。担当の円谷英俊スカウトは「しな…

2020年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  2位指名 東海大  山崎 伊織選手 大卒右腕投手

「発掘と育成の元年」にふさわしい男は、再来年の“即戦力”を目指す。 巨人ドラフト2位の東海大・山崎伊織投手(22)が10日、平塚市の同大学で大塚球団副代表らから指名あいさつを受けた。6月にトミー・ジョン手術を受けた最速153キロ右腕を、同副代表は「ケ…

巨人が一次戦力外で計14名の戦力外を発表。各選手の理由と二次戦力外候補について

巨人は2日、以下の選手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。 (支配下登録選手) 藤岡貴裕投手 田原誠次投手 村上海斗外野手 加藤脩平外野手 (育成選手) 高山竜太朗捕手 高井俊投手 笠井駿外野手 ラモス投手 巽大介投手 橋本篤郎投手 山上信…

16年育成3位ドラフトの巨人・山川和大選手の支配下への課題

◆イースタン・リーグ公式戦 巨人―楽天(1日・ジャイアンツ球場) 巨人の育成右腕・山川和大投手(25)が先発し、5回1失点と好投。勝ち投手の権利を持って降板した。 初回は2死から連打と死球で満塁のピンチを招くも中村を左飛に打ち取り無失点。両軍無…

楽天・高梨選手とのトレードが与える巨人ドラフトへの影響は

巨人の4年目右腕、高田萌生投手(22)と楽天のサイドスロー左腕、高梨雄平投手(28)のトレードが合意に達したことが14日、分かった。巨人と楽天のトレードは、ゼラス・ウィーラー内野手(33)と池田駿投手(27)に続く今季2例目になる。 現在10勝7敗でリー…

おおきくフォームチェンジした大江選手。その狙いと課題は

巨人2軍首脳陣は、現役時代にタイトルを獲得した者が多い。彼らが、期待の若手選手を挙げ、飛躍のヒントや自身の現役時代の練習方法などを語る企画の第2回。03年に新人王に輝いた木佐貫洋2軍投手コーチ(39)は、4年目左腕の大江竜聖投手(21)を…

池田選手とトレードでウィーラー選手を獲得。その意図と起用法は

楽天ゼラス・ウィーラー内野手(33)と巨人池田駿投手の交換トレードが合意に達したことが25日、分かった。同日中に発表される。 4勝1敗と開幕ダッシュを決めた巨人にとっては補強ポイントに合致する「右の大砲」。ウィーラーは15年から楽天でプレーし、昨季…

2軍降格となった沼田選手。練習試合を通して判明した課題とは

【支配下になるも二軍降格となる】 巨人の沼田翔平投手(19)がファームに合流することを宮本投手コーチが明かした。 この日は1点リードの6回に登板するも横尾に逆転2ラン、野村に2者連続となるソロを許し、1回持たず3失点で降板。直近3試合で5発…

リハビリを続ける19年ドラ1堀田 賢慎選手の現状と今後について

【東京支社】巨人のドラフト1位ルーキー、堀田賢慎(花巻北中-青森山田高)がファームで右肘のリハビリを続けている。キャンプ前に軽度の炎症と診断され、その後の約2カ月は体力づくり中心のメニュー。右腕は、はやる気持ちを抑えながら前向きに取り組ん…

トレード選手、藤岡貴裕選手は先発候補となれるのか。現状と課題について

◆オープン戦 巨人2―3楽天(13日・東京ドーム) 移籍2年目で復活を期す藤岡が、1軍に合流して即結果を残した。同学年・菅野の後を受け4回から登板。3回を2安打無失点に抑え、新たな開幕ローテ候補に浮上した。 最速は140キロながら強気な内角攻め…

苦しい巨人の先発事情。今後の戦力見込みは

山口選手が海外移籍に加え菅野・サンチェスの二名はまだピリッとしない状態が続いており、今後の先発事情の厳しさが予想されます。今回は1・2・3・軍の先発事情を踏まえどの選手がいつごろ戦力として見込めるかを考えていきたいと思います。 【1軍の先発…

自由契約期限の3年目以上となる巨人育成ドラフト組の現状について【15・16年組編】

今回は15年~17年育成ドラフト組、つまり育成から自由契約となる3年目以上のなかでまだ戦力外・支配下契約となっていない選手の現状と課題について語っていきたいと思います。 今回の記事では15・16年組について語っていきます。 15年育成ドラフト…

巨人・支配下候補3人とはだれなのか。チーム事情と選手の現況から予想する

<オープン戦:巨人1-4DeNA>◇16日◇沖縄セルラー那覇 巨人は沖縄キャンプから1軍昇格した育成2年目の沼田翔平投手が1回無失点と結果を出した。「ブルペンより実際のマウンドの方が良かった。何も考えずにゼロで抑えようと思った」と無心で投げ込んだ。 4番…

巨人投手の来季に向けた取り組みについて

2020年に向けた巨人選手の新たな取り組み、課題解決について情報を挙げていき、来季の巨人選手についての球団戦力の把握や期待をあげていきたいと思います。ただし来季10勝、30本塁打のような目標は対象に含めません。 ちなみになぜ投手だけかというと、野手…

18年ドラフト指名組の1年目を振り返る。来季に向けて見えた課題は【育成指名編】

ドラフト1位で獲得した高橋選手がローテ定着。戸郷選手が1年目ながら1軍先発で起用。育成1年目の山下選手が高卒1年目で支配下昇格という異例の昇進を果たした18年ドラフト組。 そんな18年ドラフト組の今年1年の結果を振り返り、来年への課題と戦力としての見…

18年ドラフト指名組の1年目を振り返る。来季に向けて見えた課題は【支配下指名編】

ドラフト1位で獲得した高橋選手がローテ定着。戸郷選手が1年目ながら1軍先発で起用。育成1年目の山下選手が高卒1年目で支配下昇格という異例の昇進を果たした18年ドラフト組。 そんな18年ドラフト組の今年1年の結果を振り返り、来年への課題と戦力としての見…

2019年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  4位指名 前橋商 井上 温大選手 高卒左投手

“敵将”に学び飛躍を目指す! 巨人ドラフト4位の前橋商・井上温大(はると)投手(18)が24日、群馬・前橋の同校で指名あいさつを受けた。 最速146キロを繰り出す、しなやかなフォームはソフトバンク工藤監督の現役時代を参考に磨いたもの。日本シリーズをテ…

2019年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  2位指名 JR東日本 太田 龍選手 社会人右腕投手

巨人ドラフト2位指名のJR東日本・太田龍投手(21)が23日、都内の同社東京支社で長谷川スカウト部長、織田スカウトから指名あいさつを受けた。 冒頭に原監督の直筆サイン入りのドラフト会議IDを受け取り「本当に原監督のサインなのかなと…。信じられないです…

2019年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題  1位指名 青森山田高 堀田 賢慎選手 高卒右腕投手

巨人からドラフト1位指名を受けた青森山田高・堀田賢慎投手(18)が18日、1年目の目標に新人王を掲げた。市内の同校で長谷川スカウト部長らから指名あいさつを受け、「新人王がとれればいい投手の証し。同学年のピッチャーに負けない活躍をしたい」と…

1軍初昇格の戸郷 翔征選手。今後1軍戦力となるための課題と成長は

巨人のルーキー右腕・戸郷翔征投手(19)がプロ初昇格することが16日、分かった。17日に1軍に合流する見込みだ。 起用法は流動的だが、2軍ではシーズン途中から先発ローテーションの一角を担い、今季11試合に登板(先発8試合)して、4勝1敗、防…

トレード・支配下により整備されてきた巨人中継ぎ陣。今後の補強はどうするべきか

引用:読売巨人軍公式サイト 今年に入り巨人はシーズン当初に獲得したクック選手と支配下昇格した坂本工選手に加え、シーズンに入り日本ハムとのトレードで藤岡・鍵谷選手を獲得。さらに16年育成7位の堀岡選手を支配下に昇格し、デラロサ選手を新たに獲得し…

2軍先発デビューの横川凱選手が5回1失点。その内容と今後の展望は

ジャイアンツ球場イースタン・リーグ日本ハム戦公式戦初先発の高卒ルーキー横川凱投手5回1失点の好投失点は同学年の万波ソロだけ — スポーツ報知 巨人取材班 (@hochi_giants) August 2, 2019 【18年ドラ4の横川選手が2軍先発デビュー】 【投球内容について】…

2軍登板0から突然現れたセットアッパー巨人・堀岡隼人選手。特徴と支配下への課題とは

引用:読売巨人軍公式サイト 16年育成7位で巨人に入団後18年まで2軍登板0であった堀岡選手。17年には肘のクリーニング手術を行い1年をリハビリに費やすなどあまり選手として話題に上がることはありませんでした。しかし19年になるとあれよあれよと結果を残…

まさかの和田⇔古川選手のトレードで和田恋選手が楽天へ!トレードとなった理由とは

巨人・和田恋外野手(23)と楽天・古川侑利投手(23)の交換トレードが両球団の間で合意に達したことが7日、分かった。この日の午後に両球団から正式発表される。 セ・リーグ首位を快走する原巨人が、水面下で戦力整備を進めていた。先発投手の層を厚くした…

1年以上のリハビリから復活した高井俊選手。成長と支配下への課題とは

巨人の3軍で奮闘する育成・高井俊投手(23) 悩みに悩んで、決断を下した。高井が代名詞ともいえる「トルネード投法」を解禁した。5月29日、G球場で行われたソフトバンクとのファーム交流戦。体を大きくひねるダイナミックな投球フォームを久しぶりに…

巨人宇佐見・吉川光と日ハム鍵谷・藤岡選手がトレード。意図と今後の戦略は

巨人吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが成立したことが26日、分かった。29日のレギュラーシーズン再開を前に、中継ぎ投手の補強を目指した巨人と、捕手、投手の選手層の厚みを求…

巨人の新外国人選手レイモン・ラモスの特徴と支配下への課題について

1軍練習でさく越えを連発し注目されたモタ選手の一方、同期入団の育成右腕、R・ラモス選手はあまり情報がありません。そこで今回はラモス選手の選手としての特徴、そして支配下に向けた課題について触れたいと思います。 【ラモス選手の紹介】 【支配下への…

上原選手引退で発生した支配下64人問題。支配下されるのは山下・加藤・山川選手の誰か

引き締まった肉体のまま身を引いた。巨人上原浩治投手(44)が20日、都内のホテルで会見し、現役引退を表明。 異例のシーズン途中での引退に涙を流した。雑草魂で、日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手にまではい上がったレジェンド右腕が、栄光のマウンド…

過去のドラフト指名から見る巨人の中継ぎ問題

前回は巨人の外野手高齢化について過去10年のドラフトと他球団の指名傾向をみたうえで、ドラフトにおける外野手指名について書きました。今回は外野手と同様に巨人の補強ポイントとなっている中継ぎについて書いていきたいと思います。 www.giantsdraft.site…