読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2023年ドラフト候補-高卒選手-右腕投手

勝手に動く球が武器  英明 下村 健太郎選手 高卒右腕投手

◆秋季四国大会 ▽準決勝 英明4―2高知(5日・レクザムスタジアム) 準決勝2試合が行われ、英明(香川1位)と高知(高知2位)が対戦。3回途中から2番手で登板した下村健太郎(2年)が、6回3/1を2被安打1失点でまとめ、18年以来のセンバツ出場…

27イニング防御率1点台の安定感が売り 北陸 友広 陸選手 高卒右腕投手

◇明治神宮大会第3日・高校の部 準々決勝 北陸4-3英明(2022年11月20日 神宮) 福井・北陸の4番でエースの1メートル85の長身右腕・友広陸(2年)が、粘りに粘って3失点完投。「序盤は大きい舞台に緊張して硬くなった。中盤から下半身を使って低めを意識した…

2年秋に急成長した右腕投手 山梨学院 林 謙吾選手 高卒右腕投手

◇29日 秋季高校野球関東大会準決勝 山梨学院5―2健大高崎(群馬)(埼玉・大宮公園野球場) 山梨学院が高崎健康福祉大高崎を破り、決勝に進んだ。この秋に急成長した背番号10の林謙吾投手(2年)が4安打2失点で公式戦初完投を飾った。 制球力がアップした山梨…