読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ダイナミックに投げ込む左腕投手 青山学院大学 北村 智紀選手 大卒左腕投手

青学大4年生左腕の北村が7回2/3を7安打1失点の粘投で勝利に貢献し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。 奮起した一因が龍谷大平安から一緒にプレーする1年後輩の中島が3回に先制ソロを放ったこと。「中島が打ってくれたし、何としても勝ちたかった」とギアを上げた…

巨人が2022年を野手ドラフトにするためのキーパーソンとは

巨人が今秋ドラフトの1位指名候補に日体大で二刀流で活躍する矢沢宏太投手(21)をリストアップしていることが28日、分かった。投げては最速150キロを誇る左腕で、打っては50メートル5秒8の俊足を生かす1番タイプの巧打者。メジャーの舞台で二刀流で活躍する…

全身を使った力強いスイングが特徴 青山学院大 片山 昂星選手 大卒左内野手

<東都大学野球:青学大3-2駒大>◇第3週第3日◇21日◇神宮 青学大が駒大に勝ち越し、2つ目の勝ち点を獲得。勝ち点3で首位の亜大に次いで2位に付けた。 4番が仕事を果たした。片山昂星内野手(4年=東海大菅生)が、先制打を含む4打数3安打1打点の活躍をみせた…

俊足強肩の二塁手 駒澤大 林 琢真選手 大卒左内野手

東都大学野球春季リーグ戦第2週第3日(日大2-4駒大、3回戦、14日、神宮) 駒大は2-2で迎えた七回2死一、二塁で、2番・林琢真内野手(4年、東邦)が左中間に決勝の2点三塁打を放って突き放し、三回途中から救援した右腕・福山優希投手(4年、…

4本塁打の右の巧打者 中央大 北村 恵吾選手 大卒右内野手

東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同大グラウンドで練習始めを行った。今年のドラフト候補に挙がる北村恵吾内野手(3年=近江)と森下翔太外野手(3年=東海大相模)は、チームの日本一とプロ入りを力強く宣言した。 森下、北村の「練習パ…

4年になり打撃復活の右のスラッガー 中央大 森下 翔太選手 大卒右外野手

<東都大学野球:中大3-2駒大>◇第4週第1日◇26日◇神宮 中大がタイブレークの接戦をサヨナラで制し、駒大に先勝した。 2-2で迎えた10回、4番の森下翔太外野手(4年=東海大相模)が、125キロスライダーを中前へはじき返した。一塁を回ったところで力強いガ…

忍者と称される機敏な守備が武器 亜細亜大 田中 幹也選手 大卒右内野手

◆東都大学野球春季リーグ戦 第4週第2日 亜大11―0日大(27日・神宮) 亜大が3季ぶり27度目のリーグ戦優勝を遂げた。今秋ドラフト候補で主将の田中幹也遊撃手(4年)が、日大戦の初回に大学1号。勢い付いたチームは11―0で圧勝し勝ち点を4に伸…

投手の持ち味を生かす強肩捕手 亜細亜大 草部 真秀選手 大卒右捕手

東都大学野球春季リーグ第3週第1日(亜大8-4中大、19日、神宮)亜大が延長十回タイブレークの末に中大を破り、先勝した。 4-4で迎えた延長十回、無死一、二塁から始まるタイブレークで1点を勝ち越し、なお2死満塁。8番・草部真秀(ましゅう)捕…

打率6割の超攻撃型ショート 浦和学院 金田 優太選手 高卒左内野手

<センバツ高校野球:浦和学院7-0和歌山東>◇24日◇2回戦 浦和学院(埼玉)打線が、開幕戦での大会第1号に続き、第2号も放った。 今大会は全チームが出そろった段階で本塁打1本と、過去最少となっていた。 3点リードで迎えた5回、先頭の3番金田優太内野手(3…

防御率0点台の圧巻投球を披露した投手 金光大阪 古川 温生選手 高卒右腕投手

<センバツ高校野球:金光大阪4-3木更津総合>◇25日◇2回戦 金光大阪が木更津総合(千葉)との延長タイブレークを制し、初の8強入りを決めた。13回表に2点を失うも、その裏に押し出し死球でサヨナラ勝ち。エース古川温生(はるき=3年)が160球を投げ抜き、2…

伸びのあるストレートが武器 山梨学院 榎谷 礼央選手 高卒右腕投手

◇21日 センバツ高校野球1回戦 木更津総合2X―1山梨学院(甲子園) 山梨学院が木更津総合(千葉)に延長13回、タイブレークの末に押し出し四球でサヨナラ負けした。 山梨学院はタイブレークに突入した直後の延長13回の攻撃が無得点に終わった。直後の裏の守備…

顕著となった巨人の外野手問題。若手の現状と2022年ドラフトでの底上げについて

松原選手以降なかなか出てこない1軍外野手。そんな松原選手も33打数5安打と調子をあげられておらず、1軍外野手スタメンはウォーカー・丸・ボランコと外国人に依存しています。 そんな巨人外野手の現状と、2022年ドラフトで底上げが可能かどうかにつ…

攻守走揃ったリードオフマン 九州国際大付 黒田 義信選手 高卒左外野手

<センバツ高校野球:九州国際大付4-1広陵>◇24日◇2回戦 九州国際大付(福岡)が準優勝した11年以来11年ぶりに8強に進んだ。広陵(広島)との大会屈指の好カード。高校通算28本塁打の1番打者、黒田義信外野手(3年)が4安打4打点と大暴れ。本塁打が出ていれ…

長打も打てる恐怖の2番バッター 浦和学院 伊丹 一博選手 高卒右外野手

今年の浦和学院(埼玉)の外野陣を支える巧打の外野手・伊丹一博選手。2番打者ながら、身長180センチの大柄で、長打も期待できる。 バットを立てて、スクエアスタンスで構えたあと、すり足気味のステップで、踏み込んでいき、レベルスイングで球を捉え、広角…

見分けのつかない球種で芯に当てさせない投球が武器  九州国際大付 香西 一希選手 高卒左腕投手

<センバツ高校野球:九州国際大付4-1広陵>◇24日◇2回戦 九州国際大付(福岡)エース香西一希投手(3年)が「石川投法」で1失点完投、11三振を奪った。 同じ左腕のヤクルト石川に憧れ「緩急やコントロールを使って抑えられるところが魅力」と、毎日動画を見…

最速140キロ&20本塁打のスラッガー 明秀日立 石川ケニー選手 高卒左投手&外野手

第74回秋季高校野球関東大会は7日、J:COMスタジアム土浦で決勝が行われた。明秀学園日立(茨城1位)は、山梨学院(山梨1位)を9―7で下し、初優勝。明治神宮大会(20日開幕、神宮)の出場権を獲得した。ハワイ・オアフ島生まれの石川ケニー主将(2年)は「3番…

20年育成ドラフトの期待株 木下幹也選手が支配下を勝ち取るための課題とは

巨人育成の大型右腕が、“21年最後の実戦”で原監督にインパクトを残した。昨年の育成ドラフト4位の木下幹也投手(19)が23日、ジャイアンツ球場で行われた紅白戦で白組の5番手として登板。「来年に向けてアピールするしかない」と気合の入ったマウンドで北村…

監督から高く評価される守備の名手 九州国際大付 尾崎 悠斗選手 高卒右内野手

2―2の同点で迎えた八回1死、相手打者が放った鋭い打球がエース香西一希投手(3年)のグラブに当たり、後方に転がった。 「内野安打になるかもしれない」 香西投手の一瞬の不安を吹き飛ばしたのが、遊撃手の尾崎悠斗選手(3年)だ。素早く反応し、体をねじる…

ダイナミックなフォームで力あるストレートを投げ込む 大島 大野 稼頭央選手 高卒左腕投手

日本高校野球連盟は3月31日、今年9月に米国で開催予定のU18ワールドカップ(W杯)に参加する高校日本代表の1次候補29人を発表し、県立大島高校(奄美市名瀬)の大野稼頭央(新3年)が投手10人のうちの1人に選ばれた。 1次候補の選考対象は第94回選抜高校野球…

変化球のキレが武器の大型右腕 星稜 マーガード真偉輝キアン選手 高卒右腕投手

<センバツ高校野球:星稜5-4天理>◇22日◇1回戦 星稜のエース右腕マーガード真偉輝(まいき)キアン(3年)が先発、7回0/3を2失点、自責点0の好投でチームを初戦突破に導いた。 186センチ、90キロの巨体から130キロ台後半の直球とスライダー、カットボール…

2021年ドラフト指名選手の巨人における起用方針と課題 育成8位 四国学院大 富田 龍選手 大卒左腕投手

先輩に追いつき、追い越せ! 巨人育成ドラフト8位の四国学院大・富田龍投手(21)が19日、香川・善通寺市内の同大学で指名あいさつを受けた。昨年、西武に育成5位で指名された水上由伸投手(23)の1学年後輩にあたる。5月に支配下に上がるとデビューから17試…

数多くの変化球を投げられる投手 聖光学院 佐山 未来選手 高卒右腕投手

▽選抜高校野球 1回戦 聖光学院9-3二松学舎大付 聖光学院(福島)の主戦佐山未来は甲子園で初完投し、チームを2回戦へと導いた。3点を失ったものの9回をわずか93球でまとめた。校歌を歌い終え、自然と笑みがこぼれた。「ストライク先行で、普段通り…

打者としても注目のエース 敦賀気比 上加世田 頼希選手  高卒右腕投手/高卒右内野手

敦賀気比はプロ注目で最速144キロ右腕の上加世田頼希(うえかせだ・らいき)投手(2年)が頂点を見据えた。「投手として完投。打者としてホームランを打ちたい。チームは日本一が目標」 4番も担い、高校通算9本塁打で投打の中心。昨年は春夏の甲子園に出場し…

大きく縦に割れる変化球が武器  クラーク記念国際 辻田 旭輝選手 高卒右腕投手

◆第94回センバツ高校野球大会第1日 ▽1回戦 九州国際大付3x―2クラーク記念国際=延長10回=(19日・甲子園) 開幕し、初出場のクラーク(北海道)は第3試合で九州国際大付(福岡)に2―3で延長10回サヨナラ負けを喫した。2回途中から登板した…

パームも操る緩急が武器の投手 大分舞鶴 奥本 翼選手 高卒右腕投手

◆第94回センバツ高校野球大会第1日 ▽1回戦 浦和学院4―0大分舞鶴(19日・甲子園) 21世紀枠で春夏通じて初出場の大分舞鶴は、浦和学院の先発左腕・宮城の前に2安打無得点に終わり、開幕戦での敗退となった。 先発した奥本翼投手(3年)は、7回9…

シンカーを磨いた中継ぎ ENEOS 糸川 亮太選手 社会人右腕投手

社会人野球のENEOSは23日、川崎市のグラウンドで法大(東京六大学)とオープン戦を行い、2年目右腕・糸川亮太投手(23)が八回から2回を無四球1奪三振、1安打無失点に抑えた。村上貴哉外野手(25)が今季チーム1号のソロを左中間に放ったが…

再び育成再契約となった堀岡 隼人選手。中継ぎとして起用するための課題とは

育成右腕の快投に思わず唸った。巨人の春季沖縄キャンプに参加中の桑田真澄投手チーフコーチ(53)と阿部慎之助作戦兼ディフェンスコーチ(42)が25日、ブルペン投球を行った育成右腕・堀岡隼人投手(23)を絶賛した。 沖縄キャンプで最後のブルペン…

ストレートは1軍クラスと評される堀田賢慎選手。変化球を分析したうえでの今後の課題について

巨人や米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した上原浩治氏(46)と西武やレ軍などで活躍した松坂大輔氏(41)が28日、東京都内で3月1日から放送される「スカパー! プロ野球セット」のCM発表会に参加した。 両氏は2月のプロ野球キャンプを取材…

紅白戦、日ハム戦で見えたドラフト3位・赤星 優志選手の1軍起用への課題とは

(練習試合、巨人-日本ハム、15日、沖縄・那覇)巨人のドラフト3位・赤星優志投手(22)=日大=が三回から2番手で〝デビュー登板〟を果たし、2回4安打2失点の内容だった。 【写真】先発の戸郷は2回3安打1失点 「まだまだ実力不足というか、頑…

チームの1スピードスター 三菱重工West 根来 祥汰選手 2018年解禁済左外野手

■俊足進化駆け引き巧み 三菱重工West・根来祥汰外野手 足が速いだけのリードオフマンではない。 三菱重工Westの外野手、根来祥汰は50メートル6秒を切る俊足だが「ピッチャーのクイック、キャッチャーの肩に配球。走り以外を意識して」と駆け引き…