読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

新しい新潟の先発エース候補  新潟アルビレックスBC 海老塚 耕作

撃に登板して、打者7人に35球を投げた。清水章夫監督(44)から開幕の信濃戦(20日、エコスタ)での先発、初の開幕投手に指名されている。晴れ舞台を今秋のNPBドラフト会議で指名を受けるための1歩と位置付け、調整を進める。 堂々の35球だった。力感あふれ…

2020年第1回読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

今回は育成指名となります。支配下指名予想については下記記事となります。 www.giantsdraft.site www.giantsdraft.site 【育成1位指名候補①】白樺学園 片山 楽生選手 高卒右腕投手 【育成1位指名候補②】徳島IS 亀山 英輝選手 独立リーグ右腕投手 【育成2…

2020年第1回読売ジャイアンツドラフト指名予想【4位~5位】

www.giantsdraft.site 今回は4~5位と指名内容振り返りとなります。 【4位指名候補①】法政大 高田 孝一選手 大卒右腕投手 【4位指名候補②】JR東日本 西田 光汰選手 社会人右腕投手 【5位指名候補①】関東学院大 関 龍摩選手 大卒右外野手 【5位指名候…

2020年第1回読売ジャイアンツドラフト指名予想【1位~3位】

例年この時期に行っている第1回指名予想。今年はコロナでプロ野球の開幕やアマチュアリーグの多くが中止になったりとドラフト市場にはマイナス要因が多くなっていますが、ドラフト会議は例年より時期を早めるとのことのため、今回も実施したいと思います。 …

おおきくフォームチェンジした大江選手。その狙いと課題は

巨人2軍首脳陣は、現役時代にタイトルを獲得した者が多い。彼らが、期待の若手選手を挙げ、飛躍のヒントや自身の現役時代の練習方法などを語る企画の第2回。03年に新人王に輝いた木佐貫洋2軍投手コーチ(39)は、4年目左腕の大江竜聖投手(21)を…

野手転向間もないながらも主軸を任される期待株 高知FD 濱 将乃介選手 独立リーグ左外野手

22日に行われた対西武戦終了後、高知・駒田徳広監督(元巨人ほか)が「非常に気になっている」と話した選手がいた。ルーキーの濱将乃介(東海大甲府高)のことだ。9回に代打で登場し、左腕・小石博孝の前に、強い打球の二ゴロに倒れている。 「左ピッチャー…

肘痛から復活した小さな巨人 徳島インディゴソックス 戸田 懐生選手 独立リーグ右腕投手

ポストシーズンでも四国アイランドリーグチャンピオンシップ1回0失点、ルートインBCリーグ覇者・栃木ゴールデンブレーブスとのの日本独立リーググランドチャンピオンシップでは初めての失点と敗戦を経験するも2Sをあげて日本一獲得に大きく貢献。NPBドラフト…

池田選手とトレードでウィーラー選手を獲得。その意図と起用法は

楽天ゼラス・ウィーラー内野手(33)と巨人池田駿投手の交換トレードが合意に達したことが25日、分かった。同日中に発表される。 4勝1敗と開幕ダッシュを決めた巨人にとっては補強ポイントに合致する「右の大砲」。ウィーラーは15年から楽天でプレーし、昨季…

2軍降格となった沼田選手。練習試合を通して判明した課題とは

【支配下になるも二軍降格となる】 巨人の沼田翔平投手(19)がファームに合流することを宮本投手コーチが明かした。 この日は1点リードの6回に登板するも横尾に逆転2ラン、野村に2者連続となるソロを許し、1回持たず3失点で降板。直近3試合で5発…

ファーム新球場のデザイン案が発表される。新たに判明した情報は

巨人が数年後に開業を目指しているファームの新球場のイメージイラストを30日、独占入手した。従来の球場にある大きなスタンドを設けず、ネット裏から一、三塁の内野にかけて、3~4階建ての建物数棟を回遊型のコンコースでつなぎ、建物内の座席からも観…

最速155キロのストレートとカットボールで仕留める右腕 日体大 森 博人選手 大卒右腕投手

<ドラフト候補生全員!? 会いに行きます> ドラフト候補特集の第2弾は大学、社会人、独立リーグ編。こちらも「○○自慢」のドラフト候補がそろう。 今秋、ドラフト上位指名と期待される日体大の155キロ右腕・森博人(3年=豊川)。「先輩たちの中で、どうした…

高校時代の打撃を取り戻し始めたセカンド JFE東日本 峯本 匠選手 社会人左内野手

都市対抗野球大会最終日は25日、東京ドームで決勝が行われ、JFE東日本(千葉市)が四回に打者10人を送る猛攻で4点を勝ち越すと、3投手の継投でトヨタ自動車(豊田市)の追撃をかわし、23度目の出場で悲願の初優勝を飾った。県勢の優勝は1975…

胸郭出口症候群を克服した長身右腕 健大高崎 橋本 拳汰選手 高卒右腕投手

秋季高校野球関東大会(27日)関東大会は27日、決勝が行われ、高崎健康福祉大高崎(群馬)が山梨学院(山梨)を3-0で下し、初優勝を飾った。191センチの最速142キロ右腕、橋本拳汰(けんた)投手(2年)が9回6安打で完封。群馬県勢では19…

250イニング以上投げぬく大学院大のエース 大阪学院大 打田 雷樹選手 大卒右腕投手

<関西6大学野球:大院大4-2大経大>◇1回戦◇4日◇わかさスタジアム京都 大院大がわずかながら優勝の望みをつないだ。1-2の6回に押し出し四死球と暴投で3点をもらって逆転。エースの打田(うった)雷樹投手(3年=日本航空石川)が8回2失点と力投した。 打田…

即戦力外野手候補 NTT東日本 向山 基生選手 社会人右外野手

NTT東日本は今年からチームに新加入したフレッシュな力が躍動した。法大から入社した向山基生外野手が11日、マルチ安打デビューを飾った。チームは10ー1の7回コールドでトヨタ自動車東日本を下した。 向山は東京スポニチ大会予選リーグ第2試合(神宮)で「2番…

コロナによるドラフト戦略への影響と救済案について

今回は新型コロナがドラフト戦略・市場にどのような影響を及ぼすか、またその救済策について検討していきます。 【コロナの影響はドラフト市場にも影響】 【高校生候補はプロ志望届を出さず凶作の年になる恐れも】 【指名数にも影響が】 【最も影響するのが…

リハビリを続ける19年ドラ1堀田 賢慎選手の現状と今後について

【東京支社】巨人のドラフト1位ルーキー、堀田賢慎(花巻北中-青森山田高)がファームで右肘のリハビリを続けている。キャンプ前に軽度の炎症と診断され、その後の約2カ月は体力づくり中心のメニュー。右腕は、はやる気持ちを抑えながら前向きに取り組ん…

トレード選手、藤岡貴裕選手は先発候補となれるのか。現状と課題について

◆オープン戦 巨人2―3楽天(13日・東京ドーム) 移籍2年目で復活を期す藤岡が、1軍に合流して即結果を残した。同学年・菅野の後を受け4回から登板。3回を2安打無失点に抑え、新たな開幕ローテ候補に浮上した。 最速は140キロながら強気な内角攻め…

初めての選抜中止による当サイトの今後について

第92回選抜高校野球(19日開幕、甲子園)の開催可否を決める臨時運営委員会が、11日に大阪市内で行われ、センバツ史上初の中止が決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念したもので、大会会長を務める毎日新聞社の丸山昌宏社長は「苦渋の決断」と話し…

苦しい巨人の先発事情。今後の戦力見込みは

山口選手が海外移籍に加え菅野・サンチェスの二名はまだピリッとしない状態が続いており、今後の先発事情の厳しさが予想されます。今回は1・2・3・軍の先発事情を踏まえどの選手がいつごろ戦力として見込めるかを考えていきたいと思います。 【1軍の先発…

ストレート押しのパワー中継ぎ 三菱日立パワーシステムズ 伊藤 優輔選手 社会人右腕投手

来年は自分の番だ。西武ドラフト2位指名を受けた三菱日立PS・浜屋が先発で7回1安打無失点。2番手で登板した社会人1年目の伊藤も2回無失点。148キロのストレートで日本選手権デビューを果たした。 「大きな大会は初めてだけど、緊張せずに投げられた。気持ち…

自由契約期限の3年目以上となる巨人育成ドラフト組の現状について【15・16年組編】

今回は15年~17年育成ドラフト組、つまり育成から自由契約となる3年目以上のなかでまだ戦力外・支配下契約となっていない選手の現状と課題について語っていきたいと思います。 今回の記事では15・16年組について語っていきます。 15年育成ドラフト…

巨人・支配下候補3人とはだれなのか。チーム事情と選手の現況から予想する

<オープン戦:巨人1-4DeNA>◇16日◇沖縄セルラー那覇 巨人は沖縄キャンプから1軍昇格した育成2年目の沼田翔平投手が1回無失点と結果を出した。「ブルペンより実際のマウンドの方が良かった。何も考えずにゼロで抑えようと思った」と無心で投げ込んだ。 4番…

読売ジャイアンツの過去のドラフトを評価する(2010年編)

ドラフトにおいて会議後に大量に出されるドラフト採点。そのような記事に異を唱えるコメントとして「ドラフトは5年後に評価しろ」というものがあります。これは今回の巨人のように素材型ドラフトに振り切った場合、直後のドラフトでは評価のしようがなく、知…

巨人が2020年春季キャンプメンバーを発表。

巨人は23日、宮崎キャンプのメンバー振り分けを発表した。阿部2軍監督が「勇人が19歳の頃よりも上」と潜在能力を認める育成2年目の黒田響生内野手(19)が1軍メンバー入りした。 メンバーは以下の通り 【1軍】 ◆投手 デラロサ、戸郷翔征、沢村拓一…

パワーサイドスロー 新潟アルビレックス 前川 哲選手 独立リーグ右腕投手

BC新潟では2年目の長谷川凌汰投手(23)、5年目の前川哲投手(23)が複数球団から注目されている。樋口龍之介内野手(25)と石森亨外野手(23)も候補に挙がる。 前川は前向きにドラフトを待つ。「焦りや不安はない。どんな結果が出ても受け入れて来年につな…

ゆったりとした出どころの見にくいフォームが特徴 群馬ダイヤモンドペガサス 青栁 正輝選手 独立リーグ左腕投手

今年のドラフト候補にあがるBCリーグ群馬・青柳正輝投手(22)が25日の栃木戦(前橋市民球場)に先発、リーグトップに並ぶ6勝目を挙げた。 5回まで無失点も6回に犠飛と西岡の2点適時打で1点差にされたが、リードを守り切り、その裏、味方打線が4点の援護で逃…

巨人・北村 拓己選手はなぜ1軍起用されないのか。その課題と来季への壁

巨人の北村拓己内野手(24)が21日、川崎市内のジャイアンツ寮で契約更改を行い、20万円アップの860万円でサインした(金額は推定)。 今季は2軍で4番も務めるなどイースタンで112試合に出場。打率2割9分、8本塁打、66打点の成績を残し出…

巨人投手の来季に向けた取り組みについて

2020年に向けた巨人選手の新たな取り組み、課題解決について情報を挙げていき、来季の巨人選手についての球団戦力の把握や期待をあげていきたいと思います。ただし来季10勝、30本塁打のような目標は対象に含めません。 ちなみになぜ投手だけかというと、野手…

新たな星稜のエース候補 星稜 荻原 吟哉選手 高卒右腕投手

◆招待試合・第1試合 星稜10―2尽誠学園=7回コールド=(レクザムベースボールパーク丸亀) 来春のセンバツ高校野球(3月19日開幕、甲子園)出場が濃厚な星稜が24日、前日に続き香川・丸亀市で同県高野連招待試合を行った。第1試合では四国大会準…