読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

12本塁打を放つ素材型スラッガー 早稲田大 蛭間 拓哉選手 大卒左外野手

早稲田大の主砲・蛭間 拓哉外野手(4年=浦和学院)が28日の早慶戦で本塁打を打った。 慶應義塾大の左腕・増居翔太投手(4年=彦根東)から先頭打者本塁打を放ち、今春では初のマルチヒットを記録するなど、調子を上げている。早慶戦に登場した蛭間は久々に…

第2回2022年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

今回は育成1~4位となります。ここで再度ルールについて触れておきます。 ①指名順位は各順位2名を予想。 ②現時点で進学・就職を表明している選手は対象外 ⓷1位のみ外れ1位まで予想 ④支配下は6名、育成は8位まで予想 (adsbygoogle = window.adsbygoogl…

回転数が少ない変化球が武器 NTT東日本 多田 裕作選手 社会人右腕投手。

<都市対抗野球:東京ガス6-5ホンダ熊本>◇最終日◇9日◇東京ドーム◇決勝 都市対抗野球の新人賞にあたる若獅子賞には、準優勝のホンダ熊本(大津町)の古寺宏輝内野手(23=関東学院大)、4強のNTT東日本(東京都)の多田裕作投手(22=拓大)、ENEOS(横浜市…

フルスイングで長打を量産するスラッガー NTT西日本 平良 竜哉選手 社会人右内野手

◆都市対抗野球大会近畿地区第2次予選 ▽第1代表決定戦 NTT西日本7―3ミキハウス(1日・わかさスタジアム京都) NTT西日本が3本塁打を含む11安打7得点でミキハウスに快勝し、8年連続33度目の都市対抗本戦(7月18日開幕・東京D)出場を決めた…

第2回2022年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4位~6位】

今回は4~6位となります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【4位指名候補①】大阪桐蔭 海老根 優大選手 高卒右外野手 【4位指名候補②】浦和学院 金田 優太選手 高卒左内野手 【5位指名候補①】慶應義塾大 橋本 達弥選手 大卒右腕投…

ユーティリティーな巧打者 日本新薬 橋本 和樹選手 社会人右内野手

立命大の橋本和樹内野手(3年)がリーグ戦初本塁打を放った。8回1死二塁、フルカウントからの6球目を左翼席へ運んだ。 「失投のスライダーだと思う。完璧やったんで気持ちよかった」 昨春は辰己(現楽天)を抑えて首位打者を獲得。今季は、その辰己が務めて…

先発で140後半を連発できるパワフル右腕 東京ガス 益田 武尚選手 社会人右腕投手 

東京ガスの益田武尚投手(23=北九州市大)は、最速153キロの直球が魅力の本格派右腕だ。 中学まで内野手。投手を本格的に始めたのは高校から。転向の理由は「内野の守備が下手だったから」。そんな東京ガス・益田は、ドラフト候補右腕に挙がるまでになった…

2022年ドラフト社会人選手一覧

【右腕投手】 【左腕投手】 【内野手】 【外野手】

第2回2022年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1位~3位】

都市対抗、甲子園が終了し全国大会がひと段落した今、ドラフト候補選手の評価もある程度固まってきました。そこで今回は第2回の巨人指名予想を行います。 指名のルールは以下の通り。 ①指名順位は各順位2名を予想。 ②現時点で進学・就職を表明している選手…

2500回転のストレートでガンガン押していく長身右腕 TDK 大関 竜登選手 社会人右腕投手

入社内定選手のなかには、2人以外にも東北にゆかりのある選手が多い。斎田海斗外野手(22)は仙台育英高(宮城)から東日本国際大(福島)、川原直貴投手(22)は大曲高(秋田)から富士大(岩手)と東北地区で力をつけてきた。唯一の高卒である佐藤哲…

狙い球を絞らせない投球が持ち味 セガサミー 舘 和弥選手 社会人右腕投手

昨年の都市対抗野球大会4強のセガサミーに、最速146キロ右腕の舘(たて)和弥投手(22)=城西国際大=と斎藤裕昭マネジャー(23)=国学院大=の2人が加わった。西田真二監督(60)の2年目となる今年のスローガンは「頂戦~今を超えろ!」。昨年、届かなか…

伸びる角度のあるストレートで押していく JR西日本 石黒 佑弥選手 社会人右腕投手

◆社会人野球JABA京都大会 ▽予選リーグDブロック NTT西日本7―5JR西日本(26日・わかさスタジアム京都) NTT西日本が4点差をひっくり返し、JR西日本に勝利。相手先発のプロ注目右腕・石黒佑弥から5、6回の2イニングで3本塁打を放った…

社会人野手屈指の守備職人 ENEOS 瀬戸西 純選手 社会人左内野手

ENEOSは4番・山崎の劇的なサヨナラ弾で2年連続51度目の本戦出場を決めた。 2―2で迎えた9回2死一、二塁から山崎は右越えに決勝3ラン。第2代表を勝ち取った大久保秀昭監督は「死闘を尽くして、しんどかった。選手がよく頑張った。こういう試合をものにしたら、…

巨人は2022年ドラフトで捕手を獲得すべきか

先発、中継ぎ、坂本選手の後継者、外野手の主力と補強ポイントだらけの巨人。そのなかで大城・小林・岸田選手に加え、山瀬選手や喜多選手も出てきた捕手は数少ないストロングポイント。 しかしシーズンの中で露呈した捕手起用の問題から、2022年は捕手を…

腕の振りがより緩急を感じさせるパワーピッチャー JR東日本 小谷野 楽夕選手 社会人右腕投手

<都市対抗野球大会東京都2次予選:JR東日本6-1明治安田生命>◇24日◇第1代表決定トーナメント◇1回戦◇大田スタジアム JR東日本の今秋ドラフト候補の最速151キロ右腕、小谷野楽夕(がくゆう)投手(23=日大)が先発して試合をつくった。 6回1死満塁から犠飛…

緩急で打ち取るサブマリン JFE西日本 津山 裕希選手 2021年解禁済右腕投手

JFE西日本硬式野球部(福山市・倉敷市)は6日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで開かれた第93回都市対抗野球大会中国2次予選の第1代表決定戦でJR西日本(広島市)に勝利し、3年ぶり11回目の本大会出場を決めた。 JFE西は7月18―29日に東京ドーム…

ツーシームを覚えさらに飛躍する左腕 ENEOS 加藤 三範選手 社会人左腕投手

<都市対抗野球大会西関東予選代表決定リーグ戦:ENEOS5-1東芝>◇14日◇横浜 ENEOSは、ルーキー左腕の好ロングリリーフが勝利を呼んだ。 雨中での決選。先発の関根智輝投手(22=慶大)は制球を乱した。初回に2四球が絡んで1点を失い、2回には2死一、二塁を…

ダイナミックフォームで緩急を活かすサイドスロー 東農大北海道 伊藤 茉央選手 大卒右腕投手

<全日本大学野球選手権:東農大北海道オホーツク4-0宮崎産業経営大>◇7日◇1回戦◇東京ドーム 東農大北海道オホーツクの先発・伊藤茉央投手(4年=喜多方)が2安打完封で、3大会連続の初戦突破に貢献した。 仲間を信じて打たせてとった。「序盤は真っすぐが…

大会4本塁打のスラッガー 東日本国際大  上崎 彰吾選手 大卒左外野手

<全日本大学野球選手権>◇12日◇閉会式◇神宮 首位打者には、打率6割8分8厘で東日本国際大(南東北)の上崎彰吾外野手(4年=青森山田)が輝いた。 「うれしいけど、調子に乗らないように。初心に戻って、足元を見つめ直すのが必要。結果が出ているのは、チー…

タイトル4冠を獲得した内野手 東日本国際大 小林 龍憲選手 大卒左内野手

<全日本大学野球選手権:静岡大-東日本国際大>◇6日◇1回戦◇東京ドーム 東日本国際大(南東北)の小林龍憲内野手(4年=作新学院)が先頭打者弾で今大会1号を決めた。 初回無死走者なし、カウント1-2から120キロの内角変化球をすくい上げ、右翼席に先制ソ…

先発も中継ぎもできる左腕 上武大学  新谷 晴選手 大卒左腕投手

上武大(関甲新学生野球連盟)の最速146キロ左腕・新谷晴(しんや・はると)投手(3年)が15日、群馬県伊勢崎市のグラウンドで今季初のシート打撃に登板し、打者10人に無安打と無難な投球を見せた。 「タイトルをとれるような投球で春のリーグ戦で優…

手足の長いダイナミックサイドスロー 上武大 上村 嶺選手 大卒右腕投手

<全日本大学選手権:上武大4-2桜美林大>◇9日◇2回戦◇神宮 上武大が逆転勝ちで、4年ぶりの8強進出を決めた。身長188センチの長身サイド右腕、上村嶺投手(3年=文徳)の好リリーフが勝利を引き寄せた。0-2の3回2死一、二塁に2番手で上がると、右飛でピンチ…

サイクル安打を達成した打撃型2番 上武大 門叶 直己選手 大卒右外野手

<関甲新学生野球:上武大28-3常磐大>◇16日◇上武大 関甲新学生野球で16日、上武大・門叶直己(とがの・なおき)外野手(4年=瀬戸内)がサイクル安打を達成した。同リーグでは9年ぶり5人目。 第1打席に左前打、第2打席で二塁打、第3、4打席は連続で本塁打…

大学から投手転向の伸びしろ右腕 福岡大 木下 里都選手 大卒右腕投手

◆九州六大学野球春季リーグ 久留米大0-5福岡大(17日、桧原球場) 九州六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第2週第2日は17日、福岡市の桧原運動公園野球場で3試合が行われた。福岡大は久留米大を5-0で破った。リーグ戦初先発の右腕木下里都…

強肩と振り切るスイングが武器のスラッガー 近畿大 谷口 嘉紀選手 大卒右外野手

<全日本大学野球選手権:近大4-2和歌山大>◇6日◇1回戦◇東京ドーム 近大(関西学生)がアーチ攻勢で逆転勝ちした。1回、谷口嘉紀外野手(4年=神戸国際大付)がカーブを捉えて左翼に先制ソロ。1点を追う6回1死一、二塁では、代打の東原成悟内野手(3年=福…

関西のスピードスター 近畿大 梶田 蓮選手 大卒左外野手

近畿大学に不動のリードオフマンがいる。中堅手の梶田蓮(3年、三重)。関西学生野球で2020年秋の京都大学2回戦(9月27日)から、今季の5月25日の関西大学2回戦まで16試合連続でヒットを打ち続け、安打製造機ぶりを発揮した。首位打者は打率4割8厘のチームメ…

球速のギャップを感じさせるフォームと制球力が武器 近畿大 久保 玲司選手 大卒左腕投手

◇全日本大学野球選手権大会2回戦 亜細亜大学2-1近畿大学(8日、東京ドーム) プロ野球・阪神の糸井嘉男選手や佐藤輝明選手らを輩出している近畿大学が2回戦に登場。今秋のドラフト候補、最速151キロ左腕の久保玲司投手(4年)が先発しました。 ストレート、スラ…

制球力で絞らせない投球をする技巧派右腕 福岡大 村上 幸人選手 大卒右腕投手

<全日本大学野球選手権:福岡大2-0九州共立大>◇8日◇2回戦◇神宮 福岡大の村上幸人投手(4年=九産大九州)が8回を無失点に抑え、九州共立大との福岡ダービーを制した。 96球で被安打3の7奪三振。直球と5種類の変化球をコースに決め、チームを2大会連続の8…

4年春から急成長の速球右腕 東北福祉大  細川 拓哉選手 大卒右腕投手

東北福祉大が5―2で東北工大を下し、勝ち点を手にした。2番手で登板した細川拓哉投手(4年)=明秀日立出=が、5回を投げて3安打5奪三振無失点。“エース”として試合の流れを引き寄せる力投をみせた。 その右腕で勝利をグッとたぐり寄せた。2―1の3回…

2022年大卒ドラフト候補選手一覧

【左腕投手】 【右腕投手】 【捕手】 【内野手】 【一塁手】 【二塁手】 【遊撃手】 【三塁手】 【外野手】