読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2021年ドラフト候補

ガッシリとした大型ショート HONDA 檜村 篤史選手 社会人右内野手

11月22日から始まった都市対抗野球大会がHondaの優勝で幕が閉じた。ここで優勝チーム、準優勝チームのスタメン選手の出身校を紹介していきたい。次は11年ぶりの優勝を果たしたHondaだ。 1番ライト・吉田 叡生(佐野日大出身)2番サード・津田 翔希(浦和学院…

シュートを覚え飛躍する右腕 HONDA 朝山 広憲選手 社会人右腕投手

第91回都市対抗野球 最終日 Honda4―1NTT東日本(2020年12月3日 東京D) Hondaの朝山が8回3安打1失点で今大会2勝目を挙げ、新人賞に当たる若獅子賞を獲得。スポーツニッポン新聞社・河野俊史社長からトロフィーを贈られ「自分でもビックリ」と喜んだ。…

源田2世と評される好守備ショート トヨタ自動車 和田 佳大選手 社会人左内野手

プロからの需要が高いショートでは、池間誉人(日本製鉄鹿島)と中川智裕(セガサミー)、和田佳大(トヨタ自動車)、水野達稀(JR四国/四国銀行に補強)などが目立った 中でも、スケールの大きさでNo.1と言えるのが中川だ。 恵まれた体格を誇り、スローイン…

スイングスピードの速い恵体外野手 NTT東日本 火ノ浦 明正選手 社会人左外野手

27日に東京ドームで行われた第91回都市対抗野球大会第6日目の第2試合で、NTT東日本が6-1でJR北海道硬式野球クラブに快勝した。NTT東日本は新人の火ノ浦明正外野手が「4番・左翼」で先発出場し、3打数2安打2打点でチームの初戦突破に貢献した。 東京予選から…

2021年に巨人がとるべきドラフト候補選手

新外国人でスモーク・テームズ選手を獲得。またFAで梶谷・井納選手を獲得し、田中選手が人的で移籍しました。そして1月8日で菅野選手の残留が決定。これにより巨人の大まかなチーム事情が固まりました。このため21年のドラフト傾向をもとに2021年ド…

カットボールで惑わす勢いのある左腕 TDK 佐藤 開陸選手 社会人左腕投手

社会人野球・TDK(秋田)で地元出身の高卒左腕2人が、チームの柱となるため成長すると意欲を燃やしている。3年目の長谷川拓帆投手(20)=仙台育英出=は、けがに泣かされた2年間の思いをぶつけると決意。2年目の佐藤開陸(かいり)投手(19)=…

タイミングがつかめない段階の多いフォームのスライダーP TDK 鈴木 大貴選手 社会人右腕投手

人生初の東京ドーム、人生初の全国大会で、みちのくの剛腕が衝撃デビューを飾った。鈴木は独特な2段モーションの投球フォームから常時140キロ台後半から150キロ台前半を計測。初回、先頭への初球を150キロで入ると、4球目には153キロで空振り三振に仕留め好…

スライダーが武器の変則ステップサイドスロー 三菱重工EAST 長島 彰選手 社会人右腕投手

先発を任されたルーキー右腕の長島 彰は、3回を投げて被安打7の3失点。有利なカウントに持ち込みながらも甘く入った球を弾き返される場面があったが、今後が楽しみな右サイドハンドだ。続いて4回からマウンドに登ったのは、187cmの長身から投げ下ろす梁川 匠…

常にフルスイングの1番ショート  日本製鉄鹿島 池間 誉人選手 社会人左内野手

東都大学野球春季リーグ第3週第1日(20日、日大1-6専大、神宮)専大の新人遊撃手、池間(沖縄・糸満高出身)が初の先発起用に応えた。1番打者としての3安打も光ったが、八回1死満塁の守りでも中堅に抜けようかという打球を飛び込んで好捕し、併殺…

常時140後半に完投連発のスタミナが魅力 三菱自動車倉敷・廣畑 敦也選手 社会人右腕投手

<都市対抗野球:三菱自動車倉敷オーシャンズ3-1JFE東日本>◇第1日◇22日◇東京ドーム◇1回戦 16年ぶり出場の三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)が開幕戦で金星を挙げた。ルーキー右腕の広畑敦也投手(22=帝京大)が昨年王者のJFE東日本(千葉市)に7安打1…

球速差をなくして打ち取る投手 HONDA熊本 中津 友志選手 社会人右腕投手

都市対抗野球大会第10日は1日、東京ドームで準々決勝の残り2試合を行い、熊本県勢のホンダ熊本(大津町)は日本新薬(京都市)に1-2でサヨナラ負けを喫し、2003年以来となる4強入りを逃した。 ホンダ熊本は先発の中津友志、2番手の林健太が好投…

角度あるフォームから最速151キロの細身の投手 共栄大 小向 直樹選手 大卒右腕投手

<関東地区大学野球選手権大会:桐蔭横浜大8-1共栄大>◇準決勝◇11日◇横浜スタジアム 共栄大の最速151キロ右腕、小向直樹投手(3年=桶川)が本来の力を発揮できなかった。4回2/3を投げて被安打7の自責点3。3連投の疲れを隠せず、心待ちにしていた西武ドラ…

2021年のドラフト選手の傾向 高卒は投手速球型、野手はスラッガー多し。即戦力には困る年

2020年のドラフト会議も終わり、一方できになるのは来年のドラフトはどのような選手層なのか。20年は高卒に大卒・社会人もバランスよく揃っており「バランスはいいものの1位候補に困る年」と評していました。コロナでドラフト市場も少なからず影響した…