読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2022年ドラフト候補-大卒選手

1リーグ3本塁打のスラッガー 法政大  齊藤 大輝選手 大卒右内野手

<東京6大学野球:立大7-4法大>◇第2週第2日◇17日◇神宮 法大が立大に連敗、勝ち点を落としたが、ドラフト候補に挙がる斎藤大輝二塁手(4年=横浜)に初安打が出た。3点を追う9回1死から中前打。今季から主将を任され3番に座るが、開幕からバットは沈黙して…

強肩が売りの内野手 法政大 海﨑 雄太選手 大卒左内野手

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【海崎選手の紹介】 【指名への課題】 【指名順位予想】

強肩が売りの小柄な捕手 法政大 村上 喬一朗選手 大卒右捕手

2つの課題は明確だ。まずは、投手力。プロ入りしたDeNA・三浦銀二、ヤクルト・山下輝の後継者育成である。ブルペンでは188センチの大型右腕・扇谷莉(4年・東邦高)の自覚が増しており、加藤監督も「ブルペンの雰囲気が違う。張り詰めた空気が流れている」と手…

強肩フルスイングが魅力 法政大 野尻 幸輝選手 大卒左外野手

1回戦3試合が行われた。木更津総合は10―1で敦賀気比を下し、2年ぶりに初戦突破。背番号1で4番の野尻幸輝投手(3年)が攻守に躍動し、甲子園では同校初の2桁得点の大勝を飾った。 エースで4番。木更津総合の歴史で、甲子園にその肩書で出場したの…

未完の大型右腕 法政大 扇谷 莉選手 大卒右腕投手

東京六大学野球の法大は23日、川崎市内で今季初の練習試合を行い、社会人のENEOSに4―2で快勝した。148キロ右腕、扇谷莉(おおぎや・らい)投手(3年・東邦)が3イニングを1安打無失点の好投。エース候補は「まだまだでしたが、社会人相手にスライダーやフォ…

制球力とキレのあるストレート・スライダーが武器 大阪商業大 伊原 陵人選手 大卒左腕投手

関西六大学野球連盟の大商大は5日、奈良県内の関屋グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補の最速147キロ左腕・伊原陵人投手(3年=智弁学園)、碓井雅也捕手(3年=天理)らが調整。新シーズンへの決意を示した。 伊原は1メートル70と小柄ながら、最速147キ…

しなりを効かせた振りで伸びのあるストレートを投げる 京都産業大 山口 直哉選手 大卒右腕投手

◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第1節 京産大7―1大阪学院大(5日・南港中央球場) 京産大の山口直哉投手(3年)がリーグタイ記録の7者連続奪三振を達成した。2―1の6回から2番手で登板。8回先頭まで全て空振り三振でマークした。4回を1安打無失点1…

出どころが見にくい変則左腕 日本大 河村 唯人選手 大卒左腕投手

東都大学野球春季リーグ戦第3週第3日(国学院大0-1日大、3回戦、21日、神宮)日大は、一回2死二塁で4番・中尾勇介外野手(4年、山梨学院)が左前に先制打を放ち、先発左腕・河村唯人投手(4年、日大三)が6安打完封で初勝利。対戦成績2勝1敗…

投げっぷりのよい長身右腕 日本大 杉本 幸基選手 大卒右腕投手

今秋、7季ぶりに東都大学リーグの1部へ復帰したものの同率5位と低迷した日大が、「執念」を新たなスローガンに掲げて千葉・習志野市のグラウンドで練習に取り組んでいる。 新チームの躍進のカギを握るのが、巨人にドラフト3位で指名された赤星優志投手に…

力みのないフォームから伸びのあるストレートを投げ込む 日本大 岸川 海選手 大卒右腕投手

<東都大学野球:日大4-1国学院大>◇第3週第2日◇20日◇神宮 日大のエース岸川海投手(4年=二松学舎大付)が今季5試合目の登板で初勝利を挙げた。 前日は抑え役で2/3回を投げ、この日は先発として登板した。9回を被安打4の1失点完投。117球を投げ切った。岸…

カーブとツーシームが決め手 亜細亜大 青山 美夏人選手 大卒右腕投手

<東都大学野球:亜大2-1日大>◇第4週第1日◇26日◇神宮 亜大が日大に先勝し、ドラフト候補の青山美夏人投手(4年=横浜隼斗)は今季、負け無しの6勝目を挙げた。 5回、2死三塁から藤江亮太内野手(4年=享栄)の右越え適時二塁打で先制。6回には1死一、三塁…

トミージョンからの復活を目指す左腕 亜細亜大 松本 晴選手 大卒左腕投手

東都大学野球リーグの亜大が7日、東京都日の出町のグラウンドで始動した。 20年秋以来の優勝を狙う生田勉監督は「まずは意識改革です。今年はしつけと教育の原点に戻りたい。昭和の頑固オヤジで結果を出します」と指導方針を語った。 新たに加わる1年生投手…

攻守にセンスが光る二塁手 青山学院大学 山田 拓也選手 大卒左内野手

◇3日 東都大学野球第1週2回戦 青学大8―1日大(大分県・別大興産スタジアム) 青学大の主将の山田拓也内野手(4年・東海大相模)が初回先頭打者本塁打、5回に2ラン、左犠飛もあり4打点で打線をけん引した。「きのう結果を出せていなかったので1打席目から自分…

ダイナミックに投げ込む左腕投手 青山学院大学 北村 智紀選手 大卒左腕投手

青学大4年生左腕の北村が7回2/3を7安打1失点の粘投で勝利に貢献し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。 奮起した一因が龍谷大平安から一緒にプレーする1年後輩の中島が3回に先制ソロを放ったこと。「中島が打ってくれたし、何としても勝ちたかった」とギアを上げた…

全身を使った力強いスイングが特徴 青山学院大 片山 昂星選手 大卒左内野手

<東都大学野球:青学大3-2駒大>◇第3週第3日◇21日◇神宮 青学大が駒大に勝ち越し、2つ目の勝ち点を獲得。勝ち点3で首位の亜大に次いで2位に付けた。 4番が仕事を果たした。片山昂星内野手(4年=東海大菅生)が、先制打を含む4打数3安打1打点の活躍をみせた…

俊足強肩の二塁手 駒澤大 林 琢真選手 大卒左内野手

東都大学野球春季リーグ戦第2週第3日(日大2-4駒大、3回戦、14日、神宮) 駒大は2-2で迎えた七回2死一、二塁で、2番・林琢真内野手(4年、東邦)が左中間に決勝の2点三塁打を放って突き放し、三回途中から救援した右腕・福山優希投手(4年、…

4本塁打の右の巧打者 中央大 北村 恵吾選手 大卒右内野手

東都大学野球リーグの中大が9日、東京・八王子市内の同大グラウンドで練習始めを行った。今年のドラフト候補に挙がる北村恵吾内野手(3年=近江)と森下翔太外野手(3年=東海大相模)は、チームの日本一とプロ入りを力強く宣言した。 森下、北村の「練習パ…

4年になり打撃復活の右のスラッガー 中央大 森下 翔太選手 大卒右外野手

<東都大学野球:中大3-2駒大>◇第4週第1日◇26日◇神宮 中大がタイブレークの接戦をサヨナラで制し、駒大に先勝した。 2-2で迎えた10回、4番の森下翔太外野手(4年=東海大相模)が、125キロスライダーを中前へはじき返した。一塁を回ったところで力強いガ…

忍者と称される機敏な守備が武器 亜細亜大 田中 幹也選手 大卒右内野手

◆東都大学野球春季リーグ戦 第4週第2日 亜大11―0日大(27日・神宮) 亜大が3季ぶり27度目のリーグ戦優勝を遂げた。今秋ドラフト候補で主将の田中幹也遊撃手(4年)が、日大戦の初回に大学1号。勢い付いたチームは11―0で圧勝し勝ち点を4に伸…

投手の持ち味を生かす強肩捕手 亜細亜大 草部 真秀選手 大卒右捕手

東都大学野球春季リーグ第3週第1日(亜大8-4中大、19日、神宮)亜大が延長十回タイブレークの末に中大を破り、先勝した。 4-4で迎えた延長十回、無死一、二塁から始まるタイブレークで1点を勝ち越し、なお2死満塁。8番・草部真秀(ましゅう)捕…

1年生から4番に座るフルスイングバッター 武蔵大 松下 豪佑選手 大卒左外野手

「打った瞬間、入ったと思いました」。佼成学園の4番で一塁手の松下豪佑(2年)は会心の一振りに満足げだった。 九回表、2点を勝ち越した後に迎えた2死満塁の好機。左打席に立った松下は内角直球を鋭くたたくと、打球は右翼芝生席の上段にある植え込みへ…

常時140後半の直球で押していくスリークォーター左腕 白鷗大 曽谷 龍平選手 大卒左腕投手

第17回関東地区大学選手権大会が1日に横浜スタジアムで開幕した。白鴎大(関甲新学生2位)は桐蔭横浜大(神奈川大学2位)を4―1で下した。先発した左腕・曽谷(そたに)龍平投手(3年)は151キロを計測する力投を見せた。 自慢の直球で押し切る。それが曽谷の…

縦の変化球の落差が武器 佛教大 木村 光選手 大卒右腕投手

「明治神宮大会・大学の部1回戦、仏教大5-0近大工学部」(20日、神宮球場) 仏教大・木村光投手(3年・奈良大付)が8回2安打無失点の快投で初戦突破に貢献した。「真っすぐがあまりよくなくて」と万全でない中、スライダーを軸に三回まで完全投球。…

パームを操るタイミングが独特な投手 九産大 渡辺 翔太選手 大卒右腕投手

<明治神宮大会:国学院大4-0九産大>◇大学の部2回戦◇23日◇神宮 九産大(福岡6大学)は国学院大に0-4の完敗で、10年秋の4強以来の初戦突破はならなかった。 最速151キロ右腕、渡辺翔太(3年=北九州)が、シンカー気味に落ちるという新球スプリーム(ツー…

低めが伸びる速球投手 神奈川大 神野 竜速選手 大卒右腕投手

<明治神宮大会:神奈川大2ー1龍谷大>◇大学の部1回戦◇20日◇神宮 来秋ドラフト注目の最速152キロ右腕・神奈川大の神野竜速(りゅうどう)投手(3年=西武台千葉)が、初めての全国の舞台で躍動した。6回を3安打6三振。「直球でうまく振らせていこうと意識し…

リードが光る大型捕手 上武大 小山 忍選手 大卒右捕手

九回裏無死満塁、上武大の代打、三山吾郎が中犠飛を放ちサヨナラ勝ちを決めると、選手は一斉にベンチを飛び出しがっちりと抱き合った。最終戦にふさわしい、引き締まった投手戦を繰り広げた先発右腕の加藤泰靖は「味方が点を取るまで絶対に点を与えないと、…