読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

小柄なパワータイプ右腕 大阪ガス 阪本 大樹選手 社会人右腕投手

 

 第90回都市対抗野球大会(7月13日開幕、東京ドーム)に出場する大阪ガスは、今回ドラフト候補右腕の阪本大樹投手(24)が5回無失点と好投。「感覚としては悪くないです」と話し、本戦に向けて順調な仕上がりを見せた。
 最速は143キロながら、持ち味の制球力がさえた。初回に2死三塁のピンチを招いたが、4番・小竹を変化球で空振り三振。以降も内外に丁寧に投げ分けアウトを重ねた。ほぼ完璧な内容にも、1四球を反省した。

 「(社会人)2年目で相手もデータを取っていると思う。どんどん打者を追い込んで、自分が有利な立場で投げられるように進めていきたい」

 14日の初戦で対戦するJFE東日本の強力打線を想定し、打者有利のカウントから直球ではなく変化球でストライクを取りに行く工夫もこらした。

 チームが連覇を狙う都市対抗で、個人的な“リベンジ”も胸に秘める。大会初登板だった2回戦の新日鉄住金かずさマジック戦で3―0から逆転満塁弾を浴びたからだ。

 「去年は優勝したけど、周りに助けられてしかいない。今年は個人でもいい思いをしたい」

 力強い言葉の中に、主力としてチームを引っ張る自覚をのぞかせた。

今秋ドラフト候補の大阪ガス・阪本5回0封 都市対抗連覇へ「今年は個人でもいい思いを」― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 

 

【阪本選手の紹介】

 

f:id:okimono:20190804094128p:plain

169センチ80キロ 右投げ右打ち

変化球:スライダー・カーブ・カットボール・チェンジアップ

 経歴:履正社ー関西大ー大阪ガス

 

 セットポジションから伸ばした腕を大きく振りかぶって投げるフォームから最速146キロ、常時140前半のストレートを投げ込む右腕投手。

 他にも130前半のスライダーに120キロ台の緩急をつけたカーブ、130中盤のカットボールにチェンジアップで空振りを奪います。最高球速は決して速くはないものの、140前半のストレートをコントロールよくコースに投げ込み、縦のスライダーと沈んでいくチェンジアップで空振りを奪います。特に左打者のアウトコースへのストレートは大きな武器となっています。

 チームでは主に先発として起用。1年目の都市対抗2試合で7イニング5失点と不本意な結果に終わりましたが、2年目は先発・リリーフ両面で起用され都市対抗では優勝チームであるJFE東日本相手に6回5奪三振で無四球無失点と好投しました。

 


2018/07/19 大阪ガス・阪本大樹投手

 

【指名への課題】

 他の変化球に比べるとカーブのコントロールがまだ定まっておらず、高めに抜けてしまうことが多くなっています。右打者への攻めはカーブとスライダーをメインにしているため、右打者のアウトコースに投げる球としてカーブの精度を上げていきたいところです。

 

 また変化球については打ち損じでうち取ったものも多く、あまり変化せず甘いコースにいっている球もそれなりに見受けられます。困ったときに安定して投げられるストレート以外の球が欲しいところです。

 

 

【指名順位予想】

 先発としてはあまり長いイニングを投げていないことや、球種から中継ぎとしての起用を見込む選手となります。ストレートをメインにうちとっていくため、ツーシームかフォークを投げられるようになればさらに順位が上がることが期待されます。現状では中継ぎとしての獲得となるため、5~6位の下位指名予想となります。