読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

カットボールで惑わす勢いのある左腕 TDK 佐藤 開陸選手 社会人左腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain


 

社会人野球・TDK(秋田)で地元出身の高卒左腕2人が、チームの柱となるため成長すると意欲を燃やしている。3年目の長谷川拓帆投手(20)=仙台育英出=は、けがに泣かされた2年間の思いをぶつけると決意。2年目の佐藤開陸(かいり)投手(19)=能代松陽出=は、ルーキーイヤーの経験を生かして巧みな投球術をみせると意気込んだ。

 地元・秋田出身の2人の左腕が、TDKを7年ぶりの都市対抗出場へ導くため奮投する。「もう3年目。結果を一番に求めていきたい」と長谷川が話せば、佐藤開は「(失点)ゼロで抑えることを大前提に、テンポよく投げてチームの流れを作れるようにしたい」。大卒選手もいるなか、若い2人が投手陣の軸になってみせる。

 佐藤開は昨年、ルーキーながら公式戦で先発するなど貴重な経験を積んだ。それを踏まえ、「全力で投げることしか考えていなかった。(良いときと悪いときの)波が大きかった」と反省を口にした。能代松陽では2年秋に県大会優勝&東北大会4強、3年夏は秋田大会4強入り。あえて全力投球を“封印”し、制球や配球などの投球術で打者を翻弄していた当時を思い起こし、今年は持ち味を存分に発揮して抑えていくつもりだ。

 「うちは若いチーム。(投手も野手も)試合を重ねていくうちにきっかけをつかめばグッといきそう」と、佐藤康典監督(50)も若手の成長に期待した。7月に予定されていた日本選手権が中止となるなど公式戦はしばらくないが、成長できる時間が増えたととらえたい。「チームが勝たなきゃ意味がない。そのための力になれればいい」(長谷川)、「2年目の自分が活躍すればチームの力になれるはず」(佐藤開)と、勝利につながる力投をみせるために腕を磨いていく。

TDKの若き左腕コンビ 長谷川拓帆復活へ「調子いい」佐藤開陸は全力封印で投球術磨く : スポーツ報知

 

 

 【佐藤選手の紹介】


2020/11/25 TDK・佐藤開陸投手

165センチ65キロ 左投げ左打ち

変化球:スライダー・カーブ・カットボール

 経歴:能代松陽ーTDK

 

 セットから大きく足を上げ、しなりをきかせた強い腕の振りから最速145キロ、常時140前半のストレートを投げ込む右腕投手。120キロ台の鋭く落ちるスライダーに130中盤の緩い弧を描くカットボールを武器に、威力のあるストレートでガンガン押していきながら打ちとっていきます。

 高校時代は同じ出身地でロッテに入団した成田選手をおもわせる活躍で成田2世と称され注目されていた左腕投手。その後TDKに入社するも1年目は調子を崩し変化球でカウントを稼げなくなり調子を落としていましたが、ウェートトレーニングに本格的に取り組んだことで球威が上昇。さらに新たな変化球としてカットボールを覚えたことでストレートが活きるようになり、ストレートの空振り率が上がっています。

 都市対抗では予選では1度も投げず本選で日本新薬戦に中継ぎとして登板。1回を無安打1奪三振で記録を残しました。高卒社会人のため伸びしろも期待できる、変化球の高い精度を誇る社会人左腕として注目されています。

 

 

【指名への課題】

 左腕投手が上位指名になれるかどうかのラインの一つが平均球速が140中盤を超えられるようになるかどうかです。特に佐藤選手はストレートを見せ球にするタイプの変化球が多いため、レベルアップのためにもさらなるストレートの球速向上が求められます。また引っ掛けさせる球がなく横の変化球が少ないため、ツーシーム系の縦の小さく落ちる変化球があればストライクゾーンで勝負できる変化球ができよりストレートを活かすことが出来ます。特に佐藤選手は身長がないため縦の角度があまりないため、変化球で角度をつけないとゾーンを絞られます。

 

 また1年目は調子を崩し、2年目はOP戦でこそ登板していますが、スカウト活動も制限されるなかで貴重な全国大会は1イニングの登板に留まりました。勝負となる3年目はどれだけ先発実績を積めるかによります。先発として使えるか、中継ぎ止まりかでも順位は大きく変わってきます。

 

【指名順位予想】

 先発実績が出来てくれば2~3位の上位指名も狙えますが、1位指名となるには140後半から150キロ前後が平均球速とならないと厳しいため、現状のスペックではよくて上位指名候補となります。

 一方で中継ぎ止まりとなれば4~5位に落ち込みます。身長がなくまだ体も細いことから素材面での評価があまり高くないため、実績面がなお重視されます。このため先発としてあまり結果を残せないと高卒社会人であることを考慮しても順位が落ちてしまいます。