読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

常時140後半の直球で押していくスリークォーター左腕 白鷗大 曽谷 龍平選手 大卒左腕投手

f:id:okimono:20200419215438p:plain


 第17回関東地区大学選手権大会が1日に横浜スタジアムで開幕した。白鴎大(関甲新学生2位)は桐蔭横浜大神奈川大学2位)を4―1で下した。先発した左腕・曽谷(そたに)龍平投手(3年)は151キロを計測する力投を見せた。
 自慢の直球で押し切る。それが曽谷の投球スタイルだ。初回1死一、三塁で4番を迎えた。身長1メートル82の大型左腕はピンチに臆することなく直球勝負。150キロ直球で遊ゴロ併殺に仕留めた。

 「ゲッツーを取れてピッチングが楽になりました。自信のあるストレートを投げることができました」

 人生初となった横浜スタジアムのマウンドで7回4安打1失点。スリークォーターから繰り出す直球は自己最速を1キロ更新する151キロを計測。常時140キロ後半の直球にスライダー、カットボールを織り交ぜて6三振を奪い「今日はスタジアムのアドレナリンで投げることができました」と笑った。

 3年生左腕はプロへの憧れを強めている。ノースアジア大明桜(秋田)の同期で現在も連絡を取っているロッテ・山口は今季1軍デビューを果たし「アイツのおかげで頑張ることができています」と成長の糧にする。

 150キロ左腕はドラフト戦線で貴重な存在だ。今年は法大・山下(ヤクルト1位)、西日本工大・隅田(西武1位)、筑波大・佐藤(西武2位)ら最速150キロ超左腕の上位指名が続いた。同じ関甲新学生リーグからも新潟医療福祉大の150キロ左腕・桐敷が阪神から3位指名を受け「あの人と(自分は)全然レベルが違う。自分も関甲新リーグで注目される投手になりたい」と来年のドラフトに標準を合わせる。

 白鴎大入学後に11キロの球速アップと急成長を見せたが、課題は変化球。「できれば上位で(プロに)行きたい。プロに行くためにはもっと変化球の精度を上げたい」とレベルアップを誓う。
 

アドレナリンで151キロ 白鴎大の3年生左腕・曽谷が狙う「ドラフト上位指名」― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

【曽谷選手の紹介】


www.youtube.com

182センチ70キロ 左投げ左打ち

変化球:スライダー・カットボール

 

 セットからあまり上半身を捻らず、スリークォーターの角度から強い腕の振りで投げ込むフォームから最速151キロ、常時140後半のストレートを投げ込む左腕投手。非常に落差のある120後半のスライダーに小さく横に動くカットボールを投げ込んでていきます。

 武器は非常に力のあるストレート。150キロに達することも多いストレートを中心に押していき、さらに右打者の足元にまで落ちる大きな変化量のスライダーで大きくタイミングを外し、ストレートを打ち返そうとする右打者のインコースに差し込むカットボールで詰まらせます。

 チームでは主に先発で起用。3年秋のリーグでは4勝に防御率0.24と好成績を残しベストナインを受賞。さらに関東地区代表大会にて桐蔭横浜大戦にて登板。7回1失点と好投し、入学後からウェートトレーニングと走り込みで球速を11キロも伸ばしており、成長性も期待されていることから、多くのスカウトから上位候補として注目されています。

 

【指名への課題】

 課題の一つは引き出しの少なさ。ストレートは140後半と早いものの、スライダーとカットボールのみでカットは空振りを奪う球でなく、スライダーは変化量こそ大きいもののコントロールにばらつきがあるため、ストレートが中心の投球となっています。そのため力んで高めに抜けてしまう場面も目立ち、カウントを悪くしています。

 チェンジアップのように抜く変化球が無いため、あまり変化球で空振りを奪えていません。スライダーは変化量が大きくコントロールがいいほうではないため、引っ張りから長打を打たれないように、空振りを奪える変化球の習得が目標となります。

 

 

【指名順位予想】

 左腕で常時140後半を投げられ、武器となる変化球があること。さらに先発として結果を残しているため、上位候補となっています。しかし1位候補となるにはストレートだけでなく変化球も安定し即戦力とみなされなければなりません。左で150前後を投げられても変化球と制球に課題があると、創価大・鈴木選手のように2位止まりとなります。去年に比べると大卒・社会人の候補が少なく不作気味であるため、去年よりも1位のハードルは低く、変化球が4種投げられ今の状態を維持できれば1位候補となります。上記が達成できなかった場合は2位指名候補となります。