読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

大学から投手転向の伸びしろ右腕 福岡大 木下 里都選手 大卒右腕投手

九州六大学野球春季リーグ 久留米大0-5福岡大(17日、桧原球場)

 九州六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第2週第2日は17日、福岡市の桧原運動公園野球場で3試合が行われた。福岡大は久留米大を5-0で破った。リーグ戦初先発の右腕木下里都(4年・福岡舞鶴)が1安打10奪三振で初完投初完封勝利を挙げた。九国大北九大に4-3で逆転サヨナラ勝ち。西南大は九州大に3-1で勝利した。この結果、北九大と福岡大がともに3勝1敗。久留米大、西南大、九国大の3チームが2勝2敗で並んだ。

 

 最終学年でリーグ戦初の先発マウンドに上がった福岡大の右腕木下がうれしい初勝利を挙げた。140球の力投で初完投初完封。5四死球を与えながら1安打10奪三振の内容に、堀監督も「最後までよく踏ん張った」と目を細めた。

 前日16日の試合でエース村上(4年・九産大九州)をノックアウトした久留米大相手に「緊張と不安しかなかった。中軸やイニングの先頭打者を塁に出さないように気を付けた」。この日は最速149キロの真っすぐにスライダー、カットボールなどの変化球が効果抜群だった。182センチの長身から右腕が遅れて出てくるフォームに、相手打線もタイミングを取りづらそうにし、バットが差し込まれる場面が続いた。

 大学入学後にショートから投手に転向。自慢の強肩を生かして1年秋のリーグ戦でベンチ入りを果たしたが、伸び悩む日々が続いた。ウエートトレーニングとフォームの研さんを地道に重ね、4年目に花が開いた。記念のウイニングボールは「母にプレゼントします」と満足そうにほほ笑んだ。

福岡大、木下がリーグ戦初先発で初完封 九州六大学野球|【西日本スポーツ】

 

【木下選手の紹介】


www.youtube.com

182センチ80キロ 右投げ右打ち

変化球:スライダー・カット・スプリット

 

 セットから最速149キロ、常時140中盤のストレートを投げ込む右腕投手。小さく落ちる120キロ中盤の縦mpスライダー、打者の手元で小さく落ちる140キロ前半のスプリットを投げ込んでいきます。

 武器はリリースからさらに伸びるストレート。シュート回転しながら高めにホップするストレートで右打者のインコースをせめたてます。さらに手元で小さく落ちるスプリットと外に逃げるスライダーで打ちとっていきます。

 チームでは主に先発で起用。高校までは遊撃手として起用されていましたが、大学で地肩の強さを活かし投手に転向。しかしなかなか結果を出せない中でウェートトレとフォーム改造を続け、4年春に完封勝利を達成。4試合に登板し2勝をあげ防御率2.00を記録しました。

 大学から投手転向したこともあり実戦経験は少ないものの、肩の消耗も少ない伸びしろが期待される投手となっています。

 

【指名への課題】

 課題は変化球の精度不足。木下選手は主にスライダーとスプリットを投げ込みますが、どちらも変化量自体が小さいうえ変化量にもばらつきがあるため、引っ掛けたような当たりはとれても空振りが取れていません。

 またストレートも序盤は上手く右打者のインコースを突くシュート回転を生み出していましたが、50球に近づきスタミナが切れてくるとシュート回転を制御できなくなり、ボール先行の苦しい投球となっています。変化球も変化量が小さい上に変化量にもムラがあるため、どうしても低めの厳しいコースを意識せざるを得ず、変化球でも安定してストライクが取れていません。

 アマチュアではある程度抜けたストレートでもストライク判定をもらえていますが、プロ入り後はストライクゾーンが狭まるため、変化球の精度アップが必須となります。

 

【指名順位予想】

 肩の消耗が少なく伸びしろが期待できますが、スタミナ不足でスタミナが切れるとストレートのシュート回転を制御できなくなる点や、武器となる変化球がないためストレートのコントロールが乱れると、四球が多くなり試合を作れなくなります。

 高卒であれば素材型として伸びしろ重視ができますが、大卒となると計算できる変化球が無いのは大きな課題であり、指名漏れの可能性が高くなっています。